FC2ブログ

納品しました→6月新刊です 

2019, 04. 19 (Fri) 17:58

安堵と、やりきった感と、乗り越えた感と、自分への労いで涙が止まりません。
いま、泣きながらブログ書いてます。
さっき担当様から「お疲れ様でしたー!」とお電話をいただいた時点で、もう泣いてました。
こんなの初めて(T_T)

しんどかった……………
ほんっっっっっとに、しんどかった!
途中で、もう無理だと思った。
何度も同じシーンをぐるぐるぐるぐる書いてしまうし、
そのたびに少しずつ変わっていって、
つじつまが合わなくなってくるし。゚(゚TДT; )゚。
なにを書きたいのかもわからなくなって、
頭はふらふらするし、目はかすむし、
自分の書いているものに自信が持てなくなってきて、
昔、他社の担当さんに言われたキツイ言葉たちが蘇って、
ぐるぐるぐるぐる、ぐるぐるぐるぐる…………

もう────────書けない!!!!!!!


…………って、何度顔を覆ったことか。



でも、書けた。
OKをいただけるかどうかは、まだわからないけど。
でも気持ちは、ガッツリこもっている。
なぜなら、私こんなにボロボロなのに、清々しさを感じているから。



タイトルは昨日e-honさんに出ていたので、
こちらにも告知いたしますね。
ガッシュ文庫「龍と竜 〜清明〜」、
イラストはもちろん、亜樹良のりかず先生ヽ(≧∀≦)ノ

なぜ「龍と竜」なのか、その理由は
5月に入ったら説明させてください。
令和初日……は、避けようかな。
GWの最終日にでも、お話させてください。


もともと「龍と竜 〜清明〜」は、10月発売予定でした。
4カ月前倒しの6月発売が決定してすぐ、
締切が一カ月前倒しの、4月末になりました。
すぐに週末派遣業のマネージャーさんに連絡して、
「4月末まで、新規のお仕事ストップしてください!」と頼み込み、臨んだ今回の執筆でした。

締切が迫っていても、最初は上手にリフレッシュできた。
すでに入っていたぶんの派遣で気分転換もできた。
でも、
途中から、「少し休めば、また書ける」というレベルを超えてしまった。

逆に少しでも休んだら、つかめたと思ったキャラの感情が、
指の間からすり抜けていくという、恐ろしい事態に。
そのうえ、書かない時間で逆に不安が膨らんで、
1日でも延びたら、二度と書けなくなってしまうんじゃないかと、
恐怖がどんどん大きくなるから、とにかくPCの前に座った。

休んだら終わり。また一から書き直し。
この無限ループにつかまってしまったわけですね……。

そのとき一度Twitterで、「書けない!」と醜態をさらしてしまったのでした。
でも、ひとりで抱えきれなくなっちゃって。
あのときは、ごめんね(´;ω;`)

励ましの言葉をいただいても、返す文章が出てこない。
小説を書く以外の文や思考が、湧いてこない。
これには自分でも、びっくりしました。
でも、その小説も書けなかったんですよね……そのときは。

そのうえ今回は、10連休という最悪の爆弾が待っている。
連休中は印刷所も出版社もお休みだから、
私が、4月末の締切に間に合ったところで、業務の進行は連休明け。
ということは、私の原稿がイラストレーターさんに渡るのは、5月中旬?
そしたら業務のしわ寄せが、イラストレーターさんに行ってしまう。

それだけは絶対イヤだった。
だから最低でも連休5日前には仕上げて、担当様に渡して、
イラストレーターさんにはGW前に渡るようにしたかった。

とにかく発売日まで日にちがない。
いつもは横書きの原稿も、今回は縦書きで書いて、
そのまま使ってもらっても大丈夫なくらい、タイプミスをチェックした。

…………文、長いな。
これは、あれだ。
マラソンを完走したあと、少しスピードを落として
心臓の負担を軽くしている感じですね。

ずーっと書いてたから、頭がフル回転して、うまくスローダウンできない。


でも、そろそろ犬の散歩に行ってきます。
そして来週は、派遣先に連絡して、
またこれからもよろしくお願いしますと、頭を下げます。

お疲れ様(←自分にねw)


よく頑張った。
今回は、本当によく頑張った。
ほんっっっっとうに、よくやったね。


…………あかん。
また泣けてきてしもた(´;ω;`)












スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント