FC2ブログ

校正って楽しい…… 

2019, 02. 05 (Tue) 20:35

ただいま校正作業中。
少し前に書きあげた作品世界に、久々にダイブする時間。
もちろん大まかなストーリーは覚えている。
でも、細かな表現は結構忘れていたりするから、
懐かしくもあり、新鮮でもあり。
「あ、ここって、こんなふうに書いたっけ」という気づきが、なかなか楽しい。
そして泣きながら書いたシーンは、校正しててもやっぱり泣く(笑)。

1カ所も修正を要することなく担当様に返送する……というのが昔からの夢なのですが、
これはもう、どう転んでも叶えられそうにないなぁ。
毎回毎回、校正原稿が真緑になるほど修正している。
ごめんなさい、担当様。校正様。
全然成長できません。。。。。。


今年の5月末は、商業デビュー23周年?
キリがいいわけじゃないけれど、好きな数字です*^^*
誕生日が23日だからかな。

読み続けるには書くしかないと思って、投稿に踏み切った23年前。
それまで小説なんて書いたこともなかったのに、ものすごい決断だったな。。。
……初めて書いた小説、どこへ行ったんだろう。
魚型宇宙人が地球にやってくる話(笑)だけど、
当時の自分がどんな文章を書いていたのか、かなり興味ある。読んでみたかったなぁ。
パソコンもプリンターも無かったから、原稿用紙に鉛筆書きだった。
コンビニでせっせとコピーして、また修正して、清書して。
それはそれで、楽しかった。夢中だった。

自分のペンネームが本に載った日、心臓がおかしくなるほどバクバクした。
初掲載作の載った本が郵便受けに届いて、
それを手にした瞬間の記憶は、映像で脳裡に焼きついている。
あの日が、今日まで繋がっている。
そう思うと、本当に感慨深い。
そんな言葉では言い表せないほど、胸の奥が絞られる。


小説を書き進めているときは、楽しさと苦しさが半々だったりするけれど、
校正作業は、とても好き。
文章に絡む作業の中では、一番好きかも。
読み手の感覚に近いから?
でも、こんなに頑張って校正しても、いざ商業本になると、
「あ、誤字!」って、なぜか発見しちゃうんだよね……。
丁寧に校正してるのになぁ。
不思議です^^;

いま手元にある校正原稿も、来週頭には返送予定。
私の手元から飛び立ちます。
羽根をブラッシングして、クチバシを磨いて、大地を蹴る爪先をしっかり研いて。
準備を整えて、送りだしてやりたい。
魂を込めた作品です。
公式発表、待っていてください。





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント