FC2ブログ

ガッシュ文庫「トリッキー・ゲーム」 

2018, 06. 26 (Tue) 10:02

6月28日発売・ガッシュ文庫
「トリッキー・ゲーム」
イラスト; 小山田あみ様

Gushnet トリッキー・ゲーム

********************

ガッシュ文庫「スレイブ・ゲーム」の
スピンオフであり、続編です(★・ω・)人(・ω・★)

過去のトーマの恋愛&偏愛事情、炸裂!
「スレイブ・ゲーム」の大悟と理久を巻き込んで、
ダンク・シーンのコンビネーションさながらに、
笑ったり泣いたり悶絶したりと、
エネルギッシュかつハートフルな一冊です。

そしてラストシーンでは────。
夕焼け空を眺めながら、
作中に登場する、とある人の名を、
そっと呟いてもらえたら嬉しいです。



25日に偶然撮れた、
かわいいけど、ちょっと歪んだピンクのハート雲。
くも2
太ったクリオネに見えないこともない(笑)。


こちらは24日に撮影。
ピンクの親玉(笑)です。
くも1

綺麗すぎて、圧倒されて、涙がこみあげてしまった。
一日が終わろうとしているのだなぁ……と。
二度と訪れないこの瞬間に、
自然は、こんなにも美しい一瞬を、
地球に見せて、注いで、与えてくれるのだなぁと。

これから訪れる未来も素敵だろうとは思いますが、
過ぎてゆく日が年々愛しくてたまらなくなる、
最近の綺月でございます。

これまで辿ってきた様々な景色が……
紆余曲折や、七転八倒で起き上がれなくなったこととか、
同じところを何度も行ったり来たりして、
結局半歩くらいバックしていたときのような疲労感や後悔とか、
離れていった人、こちらから離れた人、
相変わらず側にいて笑ってくれる人、優しく叱ってくれる人、
私の足りなさを指摘し、補ってくれる人。背中を押してくれる人。
壊れて直せなくなったもの、修理したら大切さが増したもの。
そんな365日×年齢の、いろいろな何もかもが、
「いまのあなたは、どう? ちゃんと笑えてる?
だったら、もう、それでいいじゃない」……とばかりに、
美しい一色に染まって包んでくれる、愛おしい時間。

「トリッキー・ゲーム」のラストに込めた想いが、
どうか、読者様に伝わりますように。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント