同人誌・通販のお知らせ 

2018, 03. 09 (Fri) 17:40

【綺月陣・個人サークル 陣屋】
陣屋の同人誌は、コミコミスタジオ様にてお求めいただけます。
ぜひご利用くださいヽ(´∀`)ノ



★「獣・艶髪」 
J.GARDEN44(2018,3,4発行)A5サイズ/68ページ
ツヤガミ

ガッシュ文庫「獣・煉獄」番外編。
──煉獄本編、2週間後のお話です。

無事に記憶を取り戻し、大阪へ戻った岩城組組長・岩城廉は、
若頭・九堂了司の濃密な性愛と情を一身に受け、
順調に快復へと向かっていた、その矢先。
刃物に対して、猛烈な拒絶反応を示すことが判明する──。

シリーズ初の「洋平」視点SSも、巻末に収録☆
洋平ファン(いたらいいな…)は、ぜひ!
彼の、岩城組に入る前の描写もチラッと出ますよ。

岩城組での日常&組長思いの子分たちの愛情、たっぷり詰めこみました。
九堂と廉の濃厚シーンも、もちろんお楽しみいただけます。
「獣・煉獄」と「東西」シリーズを繋ぐ一作、
どうか、読んでください。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

★「獣・化猫」 
コミックマーケット93(2017,12,30発行)A5サイズ/52ページ
化猫

岩城組の若頭・九堂了司と
岩城組の組長・岩城廉の、
日常的モフモフ甘々エピソード。
でも、ほんのり、じんわり切なさも。
猫好きな方にも。そして、母親に対して素直になれない方にも。
廉と一緒に「にゃあ」と鳴いて、ほろりと泣いてくださいね。
獣にしては珍しく、可愛くて暖かいお話です。
作者も「綺月陣」ではなく、「きづきじん」って感じです(笑)。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

★「暗病み小説」 
コミックマーケット93(2017,12,30発行)A5サイズ/106ページ
くらやみ

過去に商業誌&同人誌で発表済みの、再録本。
ブラックな世界観がお好きな方にお勧めします。
BLというよりは、耽美寄り。
暗く湿った空気が苦手な方や、
病的な執着や人格崩壊、暴力や血の描写が嫌いな方、
物語と現実を混同してしまう方は、
今作とはご縁がなかったということで、スルーしてください。。。

この二編は、黒綺月・全開です。
ご自身の責任の元で、お求めいただければ幸いです。

収録作は、以下の2編です。
どちらも、Kindleにて発売中です。

「ムカデ」……1998年同人誌にて発表、
       その後ピアスノベルズ「獣」に同時収録。
       (版権は全て引き上げ済み)
       

「一通の手紙」……1997年小説イマージュクラブにて掲載、
         同人誌「アネモネ」に収録。
         (版権は全て引き上げ済み)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★「美男と獣」 
J.GARDEN43(2017,10,1発行)A5サイズ/106ページ
fullsizeoutput_4c.jpeg

「獣」シリーズ・岩城廉と、
「龍竜」シリーズ・石神颯太を中心に新展開、
ガッシュ文庫「東西」シリーズから派生した、
仰天の、パラレル・ワールド・ストーリー!

本編の番外編ではありませんが、主要キャラ総出演です。
キャラクターの個性そのままに、
17世紀ごろのヨーロッパの奥地(アバウト)で
東西の面々が「いろんな姿」で暴れ回ります。
冗談の通じる方(笑)、ぜひお読みください!
触手・女体化・年の差・人外、なんでもアリ。

伝説騎士・レンが、五歳のソウタに××しちゃったり、
魔導師リュウイチ老は渋くてステキ、光の龍を操ったり、
タツキは恋い焦がれながらカレーパンを作ったり、
ジロウは相変わらず図々しくて無神経、リーフの密輸で大儲け。
百年前から森に棲むのは、伝説の獣・クドウ! ぎゃあ!
ヨーヘイは……自称・ペガサスで登場します.゚+.(・∀・)゚+.

なにはともあれ、読んでみてください。
東西の面々の新たな(?)一面、読まなきゃソンです。
※ただし、冗談の通じる方限定です( /ω)

頒布後のイベント会場でも「面白かった!」「続編希望」と
嬉しい感想の声をたくさんいただきました(* ´ ▽ ` *)!
ありがとうございますー! 頑張ります!


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


以上、【陣屋】の頒布本・ご案内でしたヽ(≧∀≦)ノ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント