天中殺、信じますか? 

2016, 11. 17 (Thu) 12:03

あまりにキツイことが重なるので、心が折れる。
立て続けに起きすぎて、もう折れそう。
完全に折れてしまうと浮上できなくなりそうなので、
ちょっと、吐き出させて・・・。


今年に入ってから、ずーっと体調を崩しています。
4月に私が入院、そしてワンコの手術。
以降、ずーっと秋まで私が絶不調の連続。
少し良くなったと思ったら、また崩れて…の繰り返し。
先月、じつは外傷もやってしまいました。
昨日結果が出た健康診断も、初めてのD判定をくらいました。
なんじゃこりゃ……(。Д゚; 三 ;゚Д゚)
主治医いわく、ちょっとした生活面の注意で改善できるカ所だから、
まぁ心配ないですよーとのことですが、
だったらDなんてつけないでもらいたい……。

「天中殺かも」と友達には笑い話として口にしていたのですが、
またしても、ワンコが手術となりました。
それも再手術があるやもしれず、
最悪の場合は骨の切除もしくは、
放射線治療かと言い渡され、ただいま目の前真っ暗です。

息子のバイト探しも順調に進まず、
これはもう一体どうしたことか……と。

ほんとに天中殺かも。
と、なにげに調べたところ。

真っ直中でした。
私も息子も。


そうか………。
これだけ立て続けにいろいろ起きると、うっかり信用してしまいそうだ。

でも、信用するのも、いいかもしれない。
天中殺は二年間続くそうだから、
あと一年、毎日を丁寧に、コツコツと、
バタバタ走り回ったりせず、
心穏やかに過ごしなさいっていう忠告なんだと思えば、
悪いことばかりではないよね、と。

だって、今年一年、悪いことばかりじゃなかったはず。
息子が大学に進学できた。……綱渡りだったけど。
「銀の不死鳥」を、紙媒体で出版していただけた。
ガッシュさんで、獣を復刊していただけた。
東西の、新しいお話だって書き上げられた。
書くお仕事には、もう最高に恵まれている。心から感謝。

悪いのは、健康面だけ。
て言うか………外の仕事のあとに必ず体調を崩しているので、
年内でひとつ、新学期にひとつ、合計2枠を減らすのは、
どう考えても最善かつ必要な判断かと。

天中殺の間は、新しいことを始めない方がいいとあったので、
これまでどおりの生活を基本に、
いままでどおりパソコンに向かい、
コツコツと物語を書き続けて、
内面の充実に勤しもうと思います。


健康面が不安…なんて書くと、心配されそうですが、
ちゃんと治るものばかりだから、大丈夫p(*^-^*)q
肝機能は絶好調だし(笑)。

不注意から引き起こしている風邪や外傷だけでも撲滅すべく、
これを機に、あと一年は「慎重派」の皮を被って、
淡々と、淡々と……淡々と過ごそうと思います。

なにがありがたいって、
来年いっぱい、とってもいい感じの間隔で、
お仕事のご依頼をいただいていること。
元々、先々まで予定を埋めて計画的に動きたい派なので、
この、等間隔で入っているスケジュールが、とっても嬉しい。
私の中に平穏と安心をもたらしてくれています。
こんなときだからこそ、よけいに骨身に染みます。
ありがとうございます。


それにしても、恐ろしや天中殺。
たかが、占い。
でも、侮れず。


あぁ……。
書いたら、楽になりました。
心が折れる前に、前向きになれました。
よし、受け止めたぞ。もう負ける気がしない。
なんて単純(笑)。


明日は「いつも覚悟はできている」の見本誌が届くそうな。
サイン本のスタンプ、どうしようかな……。
東西のときに使った彼岸花スタンプじゃ、ダメよね?

なんか可愛いの探そうかな。
哺乳びんとか、どう(笑)?


鍵コメHさん、ベビーのお話を心待ちにしてくださったとのこと。
ありがとうございます(* ´ ▽ ` *)!
そう言っていただけると、ホッとします。
真崎と倫、もう少しですよ。
まっててね.゚+.(・∀・)゚+.




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント