五輪で寝不足^^; 

2016, 08. 19 (Fri) 12:13

皆様も、同じでしょうか。
最近夜更かしをしすぎて、朝が結構キツイです。
ゆうべも吉田沙保里選手の決勝まで観たかったのですが、
どうしてもどうしても睡魔に勝てず、準決勝まででベッドにインしてしまいました。

朝起きて、情報を求めて真っ先にTVをつけて。

ショックでしたよ。
びっくりもしました。
「金をとる瞬間を見なきゃ」と、勝手に色を決めつけていたので。

レスリング、メダルラッシュでしたね。
吉田選手の影響を受け、吉田選手を尊敬し、
あんなふうになりたいとか、一緒にオリンピックに出たいとか、
ともに戦いたいとか、ただひたすら応援したいとか。
こんなにも人の感情を前へ動かしてくれる人って、
そうそういないと思います。

日本を越えて世界中に、レスリングという競技の面白さを伝達した素晴らしい人。
応援できたことに、ただただ感謝。

メダルというものがあるから、
それを取ることや色に拘った報道になるのは仕方ないのだろうけど、
スポーツって、一瞬の勝負のためにどれだけ努力してきたかの過程にこそ、
学ぶべき姿勢や人生のヒントや語るべき教訓が、てんこ盛りだと思う。
だからこそ、応援したくなる。

吉田選手の思考が好き。
「相手がタックルを研究してくるから、タックルで倒す」という強靭な精神、大好き。
その発言や感性は、きっと多くの人を支え、開眼させ、
気づかせ、燃え上がらせ、ワクワクさせ、育ててきた。
まさに、みんなのヒーロー。


銀色って、とっても美しい色。
その一枚を見るたびに、ご本人は悔しさが込み上げてくるとしても、
象徴的な一枚になると思う。
これが自分には必要だったと思える一枚になる日が来るといいなぁと心から願う。
「完璧じゃなくていいんだよ」と、
「頂上から少し降りて、ちょっと息抜きしてごらん」と、
お父さんがプレゼントしてくれたのかもよ…と、
お節介なオバチャンは、こっそり思ってしまったりもする。

同じ三重県人としても、彼女の活躍が純粋に嬉しい。
大好きな選手が頑張る姿を応援できて、本当によかった。

さ、今日もお外のお仕事だ。
「それ、もはや仕事じゃなくて趣味だぞ」と、
帰省先で家族に呆れられてしまうほど低収入なお仕事だけど、
後継が育っていない中途半端な状況では、やめるという選択肢をなかなか選べない。
私を倒す後輩が育つまで、前線で戦い続けなきゃ(笑)とは、思う。
そしていつか、後輩が金メダルを奪取してくれたら(あくまで比喩です/笑)、
そのときは、気持ちよく世代交代したいな。


今日も頑張って、行ってきます(* ´ ▽ ` *)ノ


来週からは少しずつ執筆する時間を作りたいな。
中のお仕事も、ちゃんとコツコツ頑張るねp(*^-^*)q



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント