カウントダウン、3日前♪ 

2016, 04. 25 (Mon) 16:59

新刊発売3日前になりましたので、
プロフィールの写真を「獣」のカバーに変更しました。
今月もワクドキです。ありがたいことです。
ガッシュ文庫「獣─ケダモノ」、イラスト亜樹良のりかず様
今月28日。3日後に発売です。
心の日めくりカレンダー、ペリペリめくってお待ちください。

下品も血みどろもバッチコーイなお嬢様方、
肩で風切って書店様に突入し、カウンターに片肘突いてお買い求めくださいませ。
通販で予約済みの安定志向の乙女たちは、
ルンルン気分でお茶でも淹れて、ご自宅でお待ちくださいまし。
その際、赤い色の液体ドリンクは避けたほうが賢明かもしれません(=゚ω゚)

亜樹良さまのカバーイラストをナデナデしながら、
「おかえり」って声をかけてやっていただければ幸いです。

鍵コメントをくださったHさん(*^_^*)
暖かいメッセージ、ありがとうございます。
1巻〜3巻までは既刊プラスαですが、
4冊目は完全なる新作です。
楽しみとのお言葉、嬉しいです。
あと少し、待ってて下さいね♪



さてさて、発売中の桜雲社さま刊「銀の不死鳥」
たくさんの感想を頂戴しております。ありがとうございます!
拝読しては、みんなすごいなぁ…と、何度もため息をついております。
感想、熱い(笑)。
ものすごく熱い。
感無量。

意外に思われるかもしれませんが、
私、なにを伝えたいとか、なにを表現したいとか、
具体的なテーマを掲げて書いたことは、ほとんどないですよ。
てか、全然ないかも…。
執筆中は、自分はそこに存在していないんでしょうね……たぶん。
多くの物書きの皆様も、そんな感じじゃないのかな?

だから手紙を拝読すると、気づかされることばかりです。
皆様のおかげで、「あのシーンは、そういう意味だったのか」と
驚愕すること十数回(笑)。
「ロズとリョウキの関係って、そういうことだったんだ!」とか(笑)。
リョウキとロズの相互間に生じた感情を説いてくださった方がいらしたのですが、
その想いだけで一本お話が書けるじゃないかと思うほど、
世界観を濃密に捕らえてくださっていて、ビックリします。
私、完全に負けてます(笑)。追いつけない。

言葉で説明できないから、小説にしてウダウダ訴えている。
それが私なのだとしたら、
「あなたの文章から、こういう感情を読み取りました」って、
いろんな言葉で教えてくださるのが読者様。
で、私が「あ、そうかも」とか「それ近いかも」とか、
「へえぇ、そうなんだ!」とか、「うわー、まさにそれ!」とか。

これ、すごい。
本当に、すごーーーーい。。。
私と皆様の役割分担が、とっても明確(笑)。
皆様からの感想に、気づかされることばかりです。
いろいろ感じてくださって、どんどん世界を広げてくださるのが超楽しい。
私の手元で発生した小さな世界を、皆様が何倍にも大きく膨らませて、
おのおので楽しんでくださる。
なんだかステキ(≧∀≦)


そして三日後には、獣─Re.Born.
15年前のお耽美界には、「獣」ってタイトルはあまりなかったような気もしますが、
いまは、タイトルに「獣」を配した作品が多々あるようです。
ここ十年以上、BLは自分の作品しか知らないので比較はできませんが、
「ケダモノ慣れ」していらっしゃる読者様が多いのかなぁと、ちょっと不安も。
十五年前はドン引きされた「獣」も、
獣タイトルが氾濫するいま、案外「綺月の獣はヌルい」と鼻で笑われそうな。。。
でもそれはそれで、15年前より多くの方の許容範囲に入れるのかな、とも。
ある程度は受け入れられる作品の仲間に……もしかしたら、入れてもらえるのかも。

………どうなんでしょう。
フタを開けるまでは、未知数っすね|ω・`)
そうっすね|ω・`)


ただ、読んで不快になる人がいませんように。
前にも書きましたが、怒らせたくて書いてるわけじゃないので…|ω・`)
どうか、いい時間を。
「銀の不死鳥」で、頭痛がするほど泣いてくださった方が、
泣いてでもまた読みたくなる話と言ってくださって、嬉しかった。
「獣」も、誰かにとって、そんな一冊になりますように。
ひとえに、それだけを願っています。

で、もし気に入っていただけましたら、
7月まで毎月一冊出ますので、
合計4冊コンプリートしていただければ幸いです(^-^)

コミコミスタジオ様では、イラストカードがつくようです。
お買い求めのご参考までに(^-^)/


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント