不死鳥、届きました♪ 

2016, 03. 19 (Sat) 17:11

紆余曲折を経て電子から紙へ変身を遂げた子が、
ただいま我が家に到着しました♪(/・ω・)/ ♪
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆
「銀の不死鳥」発売元・桜雲社さま
銀不死
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


都市圏では、もう販売してくださっている書店さまもあるそうです。
全国的に行き渡るのは、連休明けとのこと。
都市圏にいらっしゃる方で、この連休中に暗黒ワールドへ埋没したい方は、
ぜひ書店様&通販でとっ捕まえてくださいませ。



小説刊行は今回が初めてとおっしゃる、桜雲社様。
えっと……私なんかの創作物でいいんでしょうか。
これたぶん、読者様もビミョーに疑問を感じていらっしゃると思います。
よりによって、どうして綺月? と。
せっかくの初の小説本。もっと万人に喜ばれる作品のほうが…って、
本人でさえ、ちょこっと心配しています。

でも、だからこそ、消極的になっちゃいけないなとも思ったり。
正直、それなりの結果が出てほしいです。
レーベルとして、今後長く続いてほしいと図々しくも願わずにはいられません。
「銀の不死鳥」を一発目に出そうと決めてくださった。
その桜雲社さまのお気持ちに報いたいと思っています。


読むぞーというご予定の方に、お願いがあります。
古本が出るまで待つのであれば、できれば新刊で購入してください。
古本が出回っても、どうか、新刊での購入を選択肢に加えてください。
借りて読む予定の方にも、今回ばかりは恥を忍んでお願いします。

私が、ではなく、次の作家さんに繋がると思って。
もっと皆様に喜んでいただける作品たちが、出番を待っていると思って。
これからも桜雲社様が、小説本を出版してくださることを願って。
みなさんのワクワクの元となる他の作家さまたちの土俵が、
またひとつ増えることを願って。
皆様の読書Lifeが、紙の本ファンの方々の本棚が、さらに満たされることを願って。
桜雲社様の初小説本。
生まれたてのホヤホヤを、お手元にお迎えいただければ幸いです。


……懸命に訴えておりますが、
趣味嗜好に合わない方は、もちろんご無理のないように(笑)。
どう転んでも万人受けも一般受けもするような物語ではありませんので、
コールタールのような暗黒ねっとり綺月を楽しめる方にだけ、
ご購入をご検討いただければ、と。


Twitterとかで告知を始めてから、
「予約したよー」というご報告が、
手元にちょこちょこ届いております。
ゲットのご報告早速いただきました、きゃ((∩^Д^∩))
ただただ感謝。
ありがとうございます+゚。*(*´∀`*)*。゚+



やっと、やっと、やっと紙の本になりました。
桜雲社の皆様、読者様。
ありがとうございました。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント