方法、わかんなくなった… 

2016, 03. 15 (Tue) 13:19

去年の文庫の作品リストが途中だったことに気づいて、
いま慌てて更新したのですが、
なにやら、Amazonとリンクできなくなっているような……。
以前は画像と商品詳細が自動的に本文に書きこまれたのに、
その作業ページが見当たりません。
仕方ないので、テキストだけで作品リストを更新しました。
Twitterと連動しているので、
こんなタイミングで去年の文庫の告知(笑)みたいなことやらかして、すみません。

銀の不死鳥が発売されましたら、
そちらも順次更新させていただきます。
見本がおうちに届いたら、またお知らせしてもいい(゚∀゚≡゚∀゚)?
落ち着きのないことで、すんまそん


銀の不死鳥について、まったくご存じない方のために、ちょこっとだけ。
とっても昔…HPを構えていたころ、不定期に書いていたお話です。
そのときの小説が数年前に電子化されまして、今回紙の本に生まれ変わります。
流れとしては、普通の反対ですね。逆輸入的な(笑)。
詳しいことは本のあとがきに書きましたので、
そちらをお楽しみいただければ♪

今回の本は文庫ではないので、サイズがちょこっと大きいのかな?
内容は…私が言うのもなんですが、爽やかなのは全体の3パーセントくらいです。
王道BLを楽しみたい乙女や、
明朗快活&スッキリシンプルなハッピーエンドをお望みの方には、
まったく不向きな内容かと思われます。
「こんなの読みたくなかったのにっ!」って、あとで叱られても困るので、
前もって、ここでお伝えしておきますね。

蟻地獄や底なし沼で、絶望に足首つかまれたまま全力でもがく感覚や、
もしくは、そういうものに耐久性のある方……っていうのも変ですが、
「背徳のマリア」のラストに、
不幸的なものばかりではない別の感情を見いだして、
踏みだす一歩の微妙な価値観の変化を読み取ってくださった方には、
おそらく最後まで耐えて……そして、なにかを感じていただける内容かなと思っております。
なんだか説明が小難しい? うひゃ。ごめん。
でも、少しでも皆様にご迷惑がかからないようにと思って……(´;ω;`)
好きな人は、好き。
嫌いな人は、ホントにもう無理。絶対無理。
そんな感じです。
そこだけご承知いただければ、私はもうそれで。はい…(´;ω;`)
本人は楽しみに楽しみにしている本ですので……ねぇ(´;ω;`)
私には大切な、とても大切な世界観なんです。


もうすぐ発売。
なにとぞ。
よろ((∩^Д^∩))
しく((⊂(^ω^)⊃))



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント