ラフ届いた♪ 

2015, 01. 30 (Fri) 11:12

少し前ですが、
「いつも」シリーズのキャララフが届きました
ラフの回りに書き込まれているイラストレーターさんのメモが、
楽しくて楽しくて♪
キャラたちを、とても愛してくださっているのが伝わってきて、
もう本当に嬉しかった。
終始ニコニコで拝見させていただきました。
完成の日が待ち遠しいです

あと、ガッシュ文庫の10周年を記念して、
小冊子が作られるようです。
ありがたいことに、私も作家のひとりとして加えていただけました。

2012年の10月末発売の文庫のあとがきで
「書くことから離れる」と宣言して以来、
初めて新規に、なにかを生むことになる……のかな?
その原稿を書き終えたのは夏頃だったかと思うので、
ちょうど2年と半年が過ぎたという計算になるのでしょうか。
今回は何人かで編む小冊子なので長い話にはなりませんが、
ちゃんと起承転結をつけて一本作る作業は、久々のような気がします。


でも自分としては、
書くことから離れていたはずの2年半の間も、ずーっと書いていたような(笑)。
確か「龍と竜」の番外編・繁と咲子の出会い編も書いたし、
ハガキ一枚くらいの……原稿用紙2枚のものも書いたような記憶が。
銀の不死鳥や、ろくでなしなどの電子書籍、
4月に発売予定の「いつも」シリーズをはじめとした既刊本の再編。
あと、まだなにかあったかな? これだけかな?


2年半の間に、いろんなことがありました。
最初間違えて3年と書いてました。大ボケです・・・
これから1年で、大きく変わる予定もあります。
やっと荷を下ろせた……というか、
ぎゅっと両肩に力を入れて畳んでいた背中の羽を、
大きく自由に伸ばせるようになるかもしれない、ということ。
あ、子供が学校を卒業するとかそんな理由じゃないですよ(笑)
そのときが来たら、自分はどんなふうになるんだろうなと。

私の周囲の情勢が、ゆっくり変化してきています。
ひとつひとつの変わり目をしっかり見極めながら、
少しずつ前に向かって歩いて行けたらいいな。

2012年の秋、「書けない理由」をブログに書きましたが、
そこの一節「ベリベリベリ……」は、いまだ癒えない恐怖です。
「書くこと」は、私にとって「ベリベリベリ…」との戦いでした。
でも、そのベリベリベリ……を感じることなく書けるとしたら。
私にとって、これ以上の解放はありません。
あのマジックテープを剥がす…というよりも、
ひとつであるはずの肉体と魂を、
左右から無理に引っ張って剥がそうとするかのようなあの吐きそうな苦痛を、
二度と味わわなくていい環境に変わるかもしれず、
そのときを、いま心待ちにしています。


まずは、一本。
小冊子に編んでいただく短いストーリーでも、
私にとっては新作になります。

生まれて初めて小説を書いたのは、
1994年だったか、5年だったか。
ありゃ。もう20年ですか(笑)。
読みたい話が見つからなくて、自分で書こうと思ってしまった血の迷い(笑)。
考えてみたら、すごいなぁ(笑)。
どうして書くという発想に繋がったんだろう(笑)。
絵本を創りたいと思ったことはあっても、文章を書いたことはなかったのに。
とにかくなにか読みたかったんでしょうね、自分が(笑)。
あのときの、書くことに対して恐らく最も純粋だったころの自分に苦笑いしながら、
いまの自分が一番読みたいと思う話を書こうと思います。


創る時間を楽しみます。
納得のいくものが書けたら、
プロフィールから「休筆」の文字を削除したいなと思っています。
ペースが戻るかどうかは、わかりません。
それはちょっと、まだまだ先の気もします。
でも、ペースは戻らなくても、
ひとつずつ、少しずつ、
なにかを生み出すことを幸せに感じられる自分を保てたらいいな。
それを皆様に、形としてお届けできるようになればいいな。
この気持ちが続きますように。
それにはやっぱり、毎日健康で暮らさないとっ(笑)!




でも。
私がなにを、どう言おうと、
すべては、戻る場所、迎えてくれる人たちの存在あればこそ。

Twitterやブログに訪れてくださる皆様。
心から感謝。

ずーっと繋がっていてくださった担当Tさん。
心から感謝。



これからも、どうかよろしくお願い致します。


スポンサーサイト

コメント

jin-kizuki

鍵コメちゃんたちへ

鍵コメントくださったNさん、Sさんv-207
ありがとうございます(*T_T*)
こちらでの返信ですみません;;
Nさん>お休み期間は……そうですね、長かったような気がします。本当は4年くらい経ってるんじゃないかと思ってたくらいでした。なのに、たった2年半なんて。
「ベリベリ」のない環境で、ストレスを上手に発散させながら、また頑張ってみたいなと。
でも、焦らず楽しく。
これからもどうぞよろしくお願いします。

Sさん>発売が伸びてがっかりさせてしまって、でも徐々に近づいてきていて・・・おっしゃるとおり馬人参(笑)v-355
私の日々の時間のことまで大切に想ってくださって、本当にありがとうございます。
そういう言葉をいただけると、一日幸せです(笑)。
いただいた言葉を糧にして、一文字ずつちゃんと形にしていきたいです。
これからも、どうぞよろしくお願いします。

2015/02/03 (Tue) 15:42 | jin-kizuki | 編集 | 返信

jin-kizuki

ありがとうございます

まゆさん、ありがとうございます。
断筆を決めたときは「綺月」の名前をタイピングすることさえ怖くて、
血の気が引いて手が震えるほどだったのに、
いまはまったく平気になりました。
時間は、まさに良薬です。
応援が、本当に本当に嬉しいです。
ありがとうございます。

2015/01/30 (Fri) 23:18 | jin-kizuki | 編集 | 返信

まゆ

No title

先生のペースで作品を描いていただけたらわたしはとてもうれしいです
ずっと応援しています

2015/01/30 (Fri) 19:33 | まゆ | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント