甘く見ていた… 

2014, 07. 27 (Sun) 23:22

昨日、エアコンの効いた室内でお仕事でした。
途中で飲物が切れちゃったけど、
でも室内だし、涼しいし、大丈夫よね…と、自分を放置。
就業後、お外に出たのが午後三時。
アスファルトの照り返しが結構きつくて、
日傘を差していてもめちゃめちゃ暑くて、
でも疲労困憊だったので急いで帰りたくて、脇目も振らずに駅まで早足。
ホームに着いてから飲物買おうと思っていたのですが、
すでに電車が待っていたので、なにも買わずに飛び乗りました。
あー、喉渇いた〜と、
電車に乗ってる1時間ずっと、飲物のことばかり考えてましたよ。

そんなこんなで、ようやく自宅の最寄り駅に到着。
じつはお昼をちゃんと食べていなかったので、
空腹度合いがハンパじゃなかった。
どっかで食べて行こう、喉も渇いたし……と、
構内のカフェデリを覗いたら「満席」で、敢えなく断念。

もういいや、とにかく帰ろ……と、
ここまで来たら、家でゆっくりビールを呑みたいと思っちゃったのがいけなかった。
ビールだったら、喉渇いてるときのほうが美味しいもんね〜と、
コンビニを素通りして、家までテクテク。
自販機も無視して、テクテクテクテク。
家に着いて、ビールをキューッ、ぷはぁっ!
飲物我慢した甲斐あった〜と、その時点ではご満悦でございました。


なんか変だなと自覚したのは夜10時。
頭がふわふわするし、胃がもたれているような気がするし。



でね。朝起きまして。


全部出ました
体内の水分無くなるんじゃないかと思うほど、出ました
食事中の方、ごめんなさいね…
朝ご飯もお昼ご飯も、体が受けつけませんでした。


数日前、濃厚な甘酒を作ったばかりだったので、
それを冷たい水で薄めて、少しずつ補給したところ、
やっと胃が受けつけてくれて、なんとか夜には正常に。



「喉が渇いた」と感じる前に、こまめな水分補給。
これ、夏の鉄則でしたね。猛反省です。
今年初めての熱中症
去年も痛い目を見ておきながら、
学習能力皆無です


皆様は、どうかどうか充分にご自愛くださいね。

明日は終日、自宅で原稿修正。
冷やし甘酒を飲みながら、健康的に頑張ります

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント