梔子島に罪は咲く (MILK-CROWN) 

2014, 04. 15 (Tue) 16:40

梔子島に罪は咲く (MILK-CROWN)梔子島に罪は咲く (MILK-CROWN)
(2013/03/18)
綺月陣

商品詳細を見る


ネタばらしをさせていただきますと……
このお話は、私の家族が同窓会で訪れた島をモチーフにしております。
「大変なところへ行ってしまった!」と、
興奮状態で一気に記憶をまくしたてる家族。
それを聴きつつ、頭の中でプロットをガーッとタイピングしていく私。
家族の協力(笑)なくしては、生まれなかった怪作品です。

あの島では、今日も妖しの夜伽が行われているのでしょうか……。
その島へと繋がっている空と海を想像しながら、お読みいただければ幸いです。




スポンサーサイト

コメント

jin-kizuki

下のちょっきん(笑)

梔子島の流れで、たまこさんのコメントを拝読していたので、
下のちょっきんを勘違いして、え? と慌ててしまいました(笑)!
髪のことですね。あははははv-82
たまこさんも髪では大変な目に遭っていたのですね……お気持ちお察ししますv-12

私はといえば、そのトラブルの一週間後に駆け込んだ美容院さんと仲良しさんになれそうですv-22
カットし直し&染め直しでお財布は軽くなってしまいましたが、
友人知人から「そのヘアスタイル似合う!」と誉められて、いい気になっている最中ですv-221
災い転じて福となりましたv-238

2014/04/23 (Wed) 08:47 | jin-kizuki | 編集 | 返信

たまこ

表紙がリニューアル!!★自然描写も好きでした★天麩羅をわたしも一緒に食べたかった!

大好きな作品です。
 自然児というか、なんというか、生きるってこういうことだけでもええのやろか…って、ついつい思わされてしまうよな感じ。いいわけないのですが!
 まんまと崇生ちゃんに魅惑されてしまい、状況判断がつかなくなってしまう。
 そんな方向感覚をなくしちゃうような酔い。作品を読んでいる充実感に幸せな思いを味わいました。
 ところで、下の「ちょっきん物語」。わたしは最後はハッピーエンドと信じて読んでいたのですが、わあv-12v-31!!
 たいへんでしたね。
 でも、今ごろはちょうど自分のアレンジが巧くできるようになっているくらいでしょうか。
 わたしも弟の結婚式列席の髪型を、いつもの担当の人ではなく社長さん(母と同い年→そのころにはもう、近所の常連のおばあちゃんたちでさえ、「息子の店長さんにしてもらったほうが、なんか素敵に、ええようになるんよ!」と評判になっていた…)にされてしまい、襟足がいわゆるコントのブスカール(しかも、大ぶり!!)にされて、泣き泣き親族バスに乗り込みました。
 年をとっても大丈夫な方もいらっしゃるのでしょうが、理容師、美容師さんさん我が道を行き始めるとやはり……。

2014/04/21 (Mon) 14:45 | たまこ | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント