龍と竜~啓蟄~ (ガッシュ文庫) 

2012, 10. 20 (Sat) 21:31

龍と竜~啓蟄~ (ガッシュ文庫)龍と竜~啓蟄~ (ガッシュ文庫)
(2012/10/27)
綺月 陣

商品詳細を見る



龍と竜、完結です。
最後まで愛してくださって、ありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

jjn

ありがとうございます☆

すすすすすみません、発売日から宿泊客がいたので、
PCに座れない日が続いてました。

Yさん>
これからもよろしくできなくて、ごめんね。
どうお答えすればいいものか…と迷ってしまって、返信しそびれておりました。
いままでありがとうございました!

たまこさん>
酒粕! 冷蔵庫にあるよ、酒粕!!
お味噌汁に少し入れて溶かすと美味しいよ酒粕!!!
もう胃は大丈夫? 暴飲暴食しないようにね♪
たまこさん、ありがとね!!

ようめいしゅさん>
最後でごめんね。でも、長々と引きずっても……ね。
気持ちよく終われて、本人はスッキリしているのです。
シリーズ、応援してくださって嬉しかった!!
ありがとうございました!

るうさん>
行きつけのお店、フライング販売していましたか?
楽しんでいただける一冊になれたなら、嬉しいです。
ありがとうございました!

かとちゃんさん>
真っ先に好きなった作家とは……光栄です。泣いちゃいます。
いままでに書いたのが50冊くらい?かな?出てますので(ちゃっかり宣伝/笑)、
よろしかったら昔の本も読んでやってください。
ありがとうございました!

葵さん>
お久しぶりですね、お元気でしたか?
読んでくださって、ありがとうございました!!!
BBSでいっぱい話しましたよね。懐かしいです。
葵さんも、どうかお元気で!

雅美さん>
雅美さんに、そんなふうに感じていただけて、
私のほうこそ感謝感謝です!
またときどき本を開いて、彼らと遊んでやってくださいね。
ありがとうございました!!

たまさん>
おやぁ〜たまさん(笑)。お元気でしたか?
ブラックやらホワイトやら、チョコレートのような言われよう(笑)ですね☆
作品は白黒はっきりしていても、本人は割と曖昧だったりします。
こちらこそ、いろいろとありがとうございました!

2012/11/02 (Fri) 14:55 | jjn | 編集 | 返信

たま

淋しい・・・

やっと予約していた本が届きました。
そして、後書きを読みました。

長い間、ご苦労様でした。

ブラック綺月もホワイト綺月もどちらもホントに好きでした。
いえ、好きです。

またいつかどんな形でも、綺月さんのお話が読めるのを待っています。

ホントに、お疲れ様でした。

2012/11/01 (Thu) 00:48 | たま | 編集 | 返信

ようめいしゅ

涙・涙

 遅くなりました・・・。

竜城の浮気?!という文字を見て あまりのショックで1.2日空白期間が開いてしまいました。
でも、今朝と帰宅後一気読み・・・。

竜城・・・龍一郎・・・この2人は本当に一生もんですね。
龍一郎のいっぱいのラーメンの話をするときの 竜城の気持ちを考えると涙が止まりませんでした。
ここに書いてしまうと ファンレターが書けなくなるのでこの辺で。

先生、お疲れ様でした。
そして、家族を思う温かい気持ちをありがとうございました。

2012/10/30 (Tue) 20:28 | ようめいしゅ | 編集 | 返信

Y

また いつか…‥

「啓蟄」 読ませていただきました。深い愛の形を堪能し いまだその余韻に浸っております。 そして 筆を置かれるとのこと、とても寂しいです。先生の作品で一番心に残っているのは「背徳のマリア」です。その激しさに 虚しさを救われた事を覚えています。時の流れは色々なものを変えたり 新たなものも生みだす事があると思います。いつかきっと いつかきっと 先生が戻って来られると、信じています。

2012/10/29 (Mon) 07:04 | Y | 編集 | 返信

雅美

何だろう…。
読んでる間中、ハラハラしたり、ワクワクしたり、ドキドキしたり…いつも通り、すごく楽しんだんだけど、それ以外に…すっごく温かい感情を感じました。
やっぱり、竜城なんだろうなぁ…って思いました。
うん…竜城は、最初から最後まで、アタシの癒しでオアシスで、心の寄り所でした。
竜城と出会えた事、龍一郎・颯太・次郎・咲子・繁さん…皆と出会えた事…そして、陣さんの作品全てに出会えた事に感謝です。
長い間、産みの苦しみに堪えつつ、アタシを夢中にさせる作品を世に送り出していただいて、ありがとうございます。
これから新しい世界で、新しい事を体験して、出来ればまた戻って来てくれる事を願います。少しの間(?)お別れですね…。
ゆっくり、心と身体を休ませてあげて下さい。長い間、お疲れ様でした。

2012/10/28 (Sun) 23:08 | 雅美 | 編集 | 返信

お久し振りでございます。
本日本屋にいき先生の本をゲットしてきました。
龍と竜完結なんですね。
凄く好きな話だったので残念でもあり最後まで楽しく読みました。
あとがきを読んで、先生お疲れ様です。
の一言です。
先生の作品に出会えて凄くよかったです!
それではお身体に気をつけて。

すごく久し振りで忘れられてると思いますが葵でした!

2012/10/27 (Sat) 17:04 | 葵 | 編集 | 返信

ようめいしゅ

あ・・・あ・・・

 先生、予想に反して本日(先ほど)届きました(よかった~。絶対に来週だと思ってた)。

おぉー!!全員プレゼントのプレミアム小冊子があるんだ!
やったー、早々に応募しなくちゃ。

口絵、口絵・・・あれ?表紙の次にないなぁ・・・ぺらぺら・・・
本文中のイラストをまず見て、ニヤニヤ。

!!ラストに素敵なイラストが。これの事だったのかな?
...え? 
「サ○○○・・・」?「――さ○○○」?

えーーーーーっっっv-12
すみません、私 まだこういう状況に出合ったことがないので
すごくショックで・・・。
だから、先生のこの日のこの文章?
ダメだ・・・私、いい年なので すぐに涙が出てきちゃう。

小説を読み終わったら、感想はここに書くかもしれないけど、
編集部あてにお手紙・・・お手紙は絶対に書きます。
ハンドルネームも書きます。

私の既出のコメント・・・そうなのね、こういう意味があったからこその
先生の言葉だったんですね。
私は、まるっきり先生の気持ち わからなかったから・・・。

先生ぃぃぃ、私 最初から涙・涙かもしれない。
私、もう鼻がぐずぐず・・・(><)。

私も第二次BL期の輝かしい最初の一冊が 龍と竜。
中村悠一さんと小野大輔さん・・・。
あぁ、あのころは本を買うのにも恥じらいがあったのに・・・。
(と、ここで先生を笑わせる!)

家事もあるけれど、速攻で味わって読みますからv-238
では!!!

2012/10/27 (Sat) 15:16 | ようめいしゅ | 編集 | 返信

かとちゃん

ありがとうございました!

こんにちは、先ほど「龍と竜」の新刊を手にしました。
お疲れ様でした。そしてありがとうございます!
あとがきを読んで、非常にショックでした・゜・(ノД`)・゜・
涙が止まりません。
BLに足を踏み入れて5年、真っ先に好きになった作家さんで、まだ自分にとっては5年しかお付き合いしてないのに、、と
でも先生は17年も頑張ってこられたんですものね。
ここは、ぐっとこらえて、先生の休養を喜んで送り出してあげなくちゃですね!
またいつか、ムクムクと創作意欲が湧いたら戻ってきてください♪
首を長くしないで待ってますよーー(n‘∀‘)η
本当に、本当にお疲れ様でした。
小説の感想は、出版社さんへ送らせていただきます。

ありがとうございましたv-238

2012/10/26 (Fri) 14:32 | かとちゃん | 編集 | 返信

るう

いよいよ明日!

いきつけの書店は、大抵フライングをしてくれるので、
帰りに寄ってみようと思ってます。楽しみ!

2012/10/26 (Fri) 12:18 | るう | 編集 | 返信

ようめいしゅ

うわぁぁぁぁっっ(涙)

 先生、お疲れ様でした。
でも、まだまだ お仕事は続く・・・。

私の仕事も続きます。

でも先生!
「完結」は仕方なくても、「最後まで」って言葉は ヤダ。

龍と竜は まだまだ生き続けるんだから。

我が家への本の到着は来週になるかと思います(><)。



2012/10/25 (Thu) 22:43 | ようめいしゅ | 編集 | 返信

たまこ

龍がにやけてない!!さすが、ラスト!★そして、猫が可愛い!!

 シリーズの間中、龍の言動と熱さとおもしろさで、どれだけ自分の余裕のなさを救ってもらったかわかりません。最終巻が発売されますが、きっとこれからもずっと!
 だから、龍が好きでした。龍のファンでしたe-328e-342e-266
 また、初巻の龍があんまりおもしろくて、次郎さんは強面のまま土下座まで披露するものだから、てっきり次郎さんが一ノ瀬組硬派極道担当かと思っていました。けれど、その後の物語で次郎さんがなかなかに奥深い味わいを発揮し始めて、次郎さんの言動に大いに葛藤v-516v-254v-352を抱くはめになったこともとてもいい思い出です。
 竜城くんのe-75v-348美しさv-348e-75には、特に秘めごと(秘めていないときもありましたが…。龍の趣味で。たぶん、次郎さんも共犯で)のときの美しさには、全編を通して読んでいるこちらが目を伏せてしまう(実際には、一句一句を目に焼き付けるように読んでいるのですが…)ほどのまぶしさときらめきがありました。
 颯太くんは、もう説明がいらないですね。目を奪われてしまう。シリーズを通しての大切なe-420e-491宝ものe-491e-420です。
 このシリーズに会えて、本当によかったです。
 寒暖の差が厳しいですね。陣先生、どうかお身体を大切になさって、楽しい秋、美味しい秋をお過ごしください。
 わたしも先週末は疲労のピークで陥没したところへ、賞味期限を大きく超過した酒粕を使って、美味い美味いと大量に飲んだのがたたり、昨日まで胃腸粘膜が別の生きものにのっとられたかのような日々を送っていました。胃腸粘膜だけ草食動物になってしまったみたいな。草食以外の消化をことごとく拒まれるような。冷蔵庫にあったからといって、未開封だからといって、4月のを使ってはいけなかった…。
 新しい酒粕を買ってこなければe-351v-350

2012/10/24 (Wed) 11:04 | たまこ | 編集 | 返信

Y

ちょっとほろ苦い我が人生、ひとときの夢の中へ連れて行ってくれました。ありがとうございます。そして これからも よろしくです。

2012/10/21 (Sun) 04:40 | Y | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント