退院しました☆ 

2011, 12. 26 (Mon) 13:12

クリスマスの午前に、無事退院致しました
予定より一日早く帰ってこられたおかげで、
夜は鶏肉やらオードブルやらケーキやら…家族に買ってきてもらったのですが、
ささやかなクリスマスディナーをいただくこともできました
ただ、お世話になった病院が言葉に尽くせないほど素晴らしく、
退院の際にはちょっと泣いてしまったほどで。。。それだけが寂しかったな。

クリスマスイヴの夜は、
院内通路の電気を消してのキャンドルサービス、
毎週木曜は、シスターたちの賛美歌。
院長先生がひとりひとりに配布してくださったのは、手作りクリスマスカードとビーズリース。
看護師さんたちも、どうしてこんなに優しいの…と思うほど、
みなさん慈愛の精神に満ちて、いつも笑顔で接してくださいました。
居心地が良すぎて、「一日早く退院」と聞いたときは、
すぐには「わーい」と喜べなかったほど(笑)。
一緒に入院していた人たちも、
「ここの病院って、居心地よすぎて出たくない」(笑)と話していらっしゃいました。

回復が順調なのは、病院のおかげですね
なんのストレスもなく、穏やかでいられましたから。


入院前や入院中に、メールをくださっていた読者様。
お返事のタイミングが完全にずれてしまいました…ごめんなさい。
保湿パックのシートを持参するといいですよーとアドバイスくださった方も、
ご自身の入院体験を教えてくださった方も、
みんなみんな、ありがとうございました
皆様におっしゃっていただいたとおり、
年末年始はゆっくり体を休めて、
じょじょに慣らしていく時間にしようと思っています。
ありがとうございました。


そんなこんなで慌ただしい感じではありますが、
どうか皆様、よいお年を。
そして、来年はそこここで笑顔が増えるような、
ささやかでもいいから、温もりを感じられる一年になりますように。




以下は筋腫の話ですので、
興味のある方だけお読みくださいね☆



ここからは、筋腫のお話。


筋腫の方はといえば、腹腔鏡手術で有名なこの病院にして
「やっぱり開腹手術にしてよかったです」と担当医がのたまうほど、
大きな物体(笑)でした。
普通は子宮と筋腫を一緒に取ってしまうそうなのですが、
今回は筋腫が大きすぎて手が奥に入らず、
先に筋腫を取り除いてから、子宮を摘出したそうです。
写真を見せてもらったのですが、
「弾力のある筋腫が結構多いのですが、
あなたの場合はソフトボール大の、中身がぎっしり詰まった筋腫で、
とっても充実していましたよー」って(笑)。
充実・・・・・(笑)(笑)(笑)。
たしかに真ん丸で真っ白で、なんとも固そうな筋腫でした。

500ミリリットルのペットボトルを、
ずーっとお腹の中に抱えていたのと同じ状態だったそうです。
その大きくて重い筋腫に押されて子宮が伸びてしまい、
子宮も通常の倍サイズになっていたとの説明を受けました。
それでも写真を見た限りでは、子宮より筋腫の方が大きかった。
うーん、すごい。こんなになるまでお腹の中で育てちゃったんだ…と呆然。
おなかの中で、いろんなことが起きていたのですね。



背中からの麻酔は噂で「痛い」と聞いてましたが、たいしたことはなく、
手術室に入って酸素マスクと背中の麻酔、点滴でアッというまに眠ってしまい、
名前を呼んで起こされたときには、当然手術は終わっていました。
3時間の手術だったそうですが、私自身の時間感覚は、ものの数秒。
「すぐ意識がなくなりますからねー」と言われて「はい、終わりましたよ」までが、
なんと短いことか。

手術当日から翌日は、空腹で死んでしまうのではないかと思うほど辛かった。
やっと口に出来た流動食は、涙が出るほど美味しかった(笑)!
そして、退院したいま、日常生活がやたら愛おしい。
自分の布団、自分のまくら、自分の湯飲み、マグカップ。
家族分のランチョンマット、お箸、お茶碗、他愛のない会話……。
なんでもないことだけど、
自分はこういうものに囲まれて生活していたんだなーって、
改めて感じました。


しばらくは痛みとつきあっていきますが、
これが治ったら、なによりもまずドッグランに行きたいな。
ワンコと一緒に思いきり走りたいわ。

ささやかな目標に眼を細めつつ、
ゆっくり療養致しますね。

また作品で、お目にかかれますように。


スポンサーサイト

コメント

jin

ありかとうございます♪

未来さん、コメントありがとうございます♪
本当にもう、素晴らしい病院でした☆
体も、ゆっくりですが回復に向かっていますのでご安心くださいね(*^^*)

2012/01/06 (Fri) 20:25 | jin | 編集 | 返信

未来

あけましておめでとうございます。

コメント遅くなってすみません~!(;>_<;)
退院おめでとうございます!
クリスマスにお祝いできてよかったですね(^_^)

なんとも素敵な病院で、いいですね。慈愛の精神を感じます。
お体大切になさってください。

2012/01/01 (Sun) 10:06 | 未来 | 編集 | 返信

jin

温かい年の瀬♪

かとちゃんさん>ありがとうございます♪
腰……とっても心配な部分です(泣)。今日、退院後に初めて買い物にでかけたのですが……鏡餅やらしめ縄やら……そしたら途中から、カートなしでは前に進めないほど腰と羽化、背中全体が痛くなっちゃって。
普通の腰痛という感じではなく、明らかに「筋力低下」を実感しました。
筋力は急には戻らないでしょうから、しっかりじっくり腰を据えて体力をつけていかなくては!
かとちゃんさんも今お辛いのでしょうか?
お互いからだと対話しつつ、じょうずに乗り越えていきましょうね☆


たまこさん>熱いメッセージ、いつもありがとうございます♪
龍と辰に爆笑してしまいました! もうね、おっしゃるとおり辰と言えばサラシと股引きですねっ(笑)。
腹巻きも必須アイテムだわ(笑)。あと、近所の神社のお守りも、首からぶら下げていてほしい☆
で、そのお守り袋の中には、かつて愛した人の髪の毛が、半紙に包まれてこっそり入っていたりして(笑)。
ああ楽しい(笑)。辰さんだけで果てしなく妄想できる☆

ワンコ、たまこさんの猫ちゃんと同じかも。素っ気なかったんですよ。
なんというか、拗ねている感じ。
でも数日経つと静電気のように、私にまとわりついてきました。
「ずっと放っておいたくせに、なによ」って、怒ってたのかもしれませんね…と勝手に想像するのも楽しくて。
動物って、本当にいじらしい。
ぬくぬくもこもこのワンコ&ネコたちに癒されながら、
お互い優しい年の瀬を過ごしましょうね。

2011/12/30 (Fri) 15:40 | jin | 編集 | 返信

たまこ

長くてすいません★年末のあいさつです

 いよいよ今年も押し迫ってまいりました。
 振り返ってみますと、やはり要所要所で陣先生の作品にポンプアップしてもらった一年でした。
 まだ肌寒さの残る三月に、(わたしとしては…)つっこみどころ満載の次郎さんが雌伏&大活躍して覚悟のほどを見せてくれた「龍と竜~虹の鱗~」。多くの感動とつっこみ熱で、すっかり身体はほっかほかの桜と花冷えの季節でした。
 「背徳のマリア」。いまだ夢を見ているかのような気持ちにさせられるあの表紙絵の力と、それを受けてたちながらさらにお互いの魔力といっていいほどのものを生み出す物語の底知れぬ力。あのころのパワー不足のわたしを、「ばか野郎、生きろ!」って、安藤先生がすべての登場シーンで励ましていてくれていました。
 すべてを見てすべてを知ってすべてに関わって、それでも彰さんを愛する安藤先生。
 なにも知らされないまま人魚の彰を愛し、そのあと少しずつ明らかにされる部分も、以前謎めいたままの部分も丸ごとのままで彰さんを愛する圭介さん。
 安藤先生のファンではありますが、わたしはどちらも大好きです。
 そして、「純愛」。深まっていく冬の予感の中、声をひそめて、身をひそめて、お布団の中で読んでは泣きました。そうやって声もなく身を震わせると、くっついて一緒に寝ている猫が眠りを妨げられて、「こらっ!」って爪でちょっと痛くしてe-464くるのですが、それにも負けずになお読んでは身を震わせていましたっけ。
 「メビウスの環」のほうでは、やはりわたしが布団の中で、「ああっ…!」、「あっ!!」などと、他人ながら彼らの運命に翻弄されまくって叫びをあげてしまうので、「うるさい!」と爪で痛くe-464されます。
 来年は龍の年ということで、今は龍と竜シリーズをちょこちょこ読み返している幸せの最中です。そうすると、むくむくと妄想の芽が、慌しいこの季節だけにそのストレスを栄養として頭を持ち上げます。
 龍一郎と竜城。龍と竜宮城の竜だから、こういう感じのカップルなんだなあと。龍ってスケベだけどタフで頼れる文武両道の龍神にして戦士という感じだし、竜城さんは危機に陥った竜宮城の美しいながらも肝の据わった兄王子で、城を守りながらも弟王子を自ら育てている身でもあるという感じ。
 しかし、それが龍と辰(たつ)だったら!?龍はもうちょっと硬派っぽくて髪も短め、辰のほうはさらに短髪で威勢のいい昨今珍しいさらしと半股引スタイルの似合うあんちゃん。名前は龍一郎と辰巳(たつみ)って感じで。和風居酒屋チェーン店で働きながら、まだ幼い弟を育てる日々の中で龍一郎兄貴と出会うという。うーん、このふたりにも幸せになってほしいものです。
 今日の午後から大晦日の夜までバタバタしそうなので、腰を落ちつけてちょっと長めの年末のあいさつでした。読んでくださって、ありがとうございます。
 そうだ、そうだ、もうひとつ。わんちゃん!あの、その、陣先生のお家にいるわんちゃんはよほど幸せなのだなあと思ったのです。だから、安心して待てる。安心しているからこそ、希望を持って待てる。「大丈夫、帰って来るんだから♪」という明るい希望e-267と安心v-344が、わんちゃんに平常心と落ちつきをもたらしていたのではないでしょうかと。そして、やっぱりご家族の愛も支えになったのではないでしょうか。うーん、それと、家の猫の数名はですね、留守時間が長くなるとそっ気なくなるのです。帰宅したわたしと微妙に距離をとって、テリトリーでじっとしている。最初のころは具合でも悪いのかと心配したのですが、どうも平静を装いながらのスネスネらしくて。わあわあ言葉を尽くしながら抱っこ、なでなで(このあたりくらいまでは、迷惑そうな顔も装う)、そして遊び申し上げてやっと、普段のキャラに戻ってくれるという。
 でも、もうもう大丈夫ですよね。陣先生はお家であたたかくゆっくりされているのだから。一緒に日常を過ごす時間が続くのですからe-328e-476

2011/12/30 (Fri) 12:13 | たまこ | 編集 | 返信

かとちゃん

No title

退院おめでとうございますv-238
快適な入院生活だったようで、クリスマスの様子に素敵!と思わず想像を掻き立てられました。
まだお体不自由でしょうが、無理はしないでお過ごしください。
今無理をすると、切ったところから筋力が落ちて腰にてき面にでちゃいます。
私が今そうなんですよ(同じ筋腫で肉腫でした)

もうあと3日で新しい年ですね。
辰年に龍と竜なんて、トリプル龍でスゴイ!とワクワクしております。
どうぞ来年も飛躍の年でありますように。
よいお年をお迎えください。

2011/12/29 (Thu) 18:01 | かとちゃん | 編集 | 返信

jin

ありがとうございます♪

Geenaさん、みゆきさん、たまこさん☆
ありがとうございます!

Geenaさん>そうなんですよ。目下、寒さが最大の敵です(×_×)
家の中でフリース重ね着して、温かい飲み物摂って頑張ってます☆
背中の麻酔、痛かったのね。
今度、イイコイイコしてあげましょう☆

みゆきさん>はい、キラキラのクリスマスでした☆
教会が敷地内にあるカトリック系の病院だったので、
いままでに体験したことのないクリスマスを過ごせました♪
あとは、みゆきさんがおっしゃ。ように、
お部屋でぬくぬくして、傷が癒えるのを待つこととしますね♪

たまこさん>ワンコね・・・。
ワンコなんだけどね、「お帰りー♪」と玄関で迎えてくれて、
いつものように私のスリッパを咥えて渡してくれたあと、
平然とソファに戻って………寝てました(・O・;
「なんで? なんでいつもと変わらないの?」と私のほうがキュ~ンでしたよ。
お腹の傷より、心が傷つきそうでした・・・・。
でもいいの、可愛いから(笑)☆

2011/12/27 (Tue) 17:04 | jin | 編集 | 返信

たまこ

わんちゃんの喜びはひとしおかと★

退院おめでとうございます!
ご家族の方はもちろん、毎日お散歩に行ってくれていた人が帰って来たのでわんちゃんはすごく喜んだv-344と思います。
一日早いなんて幸先よくて素晴らしいv-314v-352
どうかゆっくり楽しく年末とお正月をお過ごしください。
来年は龍の年。陣先生がやりたいこと楽しいことにぐんぐん昇り竜のようになっていける年でありますように!!

2011/12/27 (Tue) 13:47 | たまこ | 編集 | 返信

みゆき

退院おめでとうございました。

大事なくご退院良かったですね。
キラキラ輝かしいクリスマスで、本当に喜ばしいです。
寒波が到来しておりますから、ぬくぬくのお部屋で
ゆっくりご養生下さいませ。

2011/12/27 (Tue) 10:06 | みゆき | 編集 | 返信

Geena

退院おめでとうございます。

予定よりも早い退院だなんて、さすが陣さん。
気温も低いと痛みが増しそうですが、
しばらくはゆっくり休んでくださいね。
背中の麻酔、私は盲腸の時にしましたが、痛かったような
記憶あります。

2011/12/26 (Mon) 22:42 | Geena | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント