カバー絵です 

2011, 03. 24 (Thu) 11:08

3/30発売・ガッシュ文庫
「龍と竜 ~虹の鱗~」のカバー絵です。
眺めて暖まってください。

nijinouroco.jpg

本日見本誌が手元に届きました。
こうして現物を見ると、やはりホッとします。
ちゃんと皆様の元へ届きますように。
スポンサーサイト

コメント

jin

ダカラさん>お久しぶりです~!
虹の鱗、読んでくださってありがとうございます☆
おっしゃるとおりで、恋愛ものというより家族ものになっちゃいました。
弟編、これにて完結です!
ありがとうこざいました!!

2011/04/06 (Wed) 14:28 | jin | 編集 | 返信

ダカラ

綺月先生
こんにちは。
小説ガッシュのあの終わりからこんなに早く続きが読めるとは正直思っておりませんでしたが、嬉しい誤算、発売日にしっかりとゲットいたしました。
このシリーズは各々カップルの「恋愛」も素敵なのですが、どちらかというと「家族愛」に私としてはいつも泣かされてしまいます。
今回も暗闇の中にいる颯太を本当に救ったのは竜樹の親(実際は兄ですが)心だったのではなかろうか、と個人的には思っています。
色んな意味ですごい力を持っている親、兄、恋人に囲まれて颯太はこれからどんどん成長していくことと思います。ある意味すごいプレッシャーですよね(笑)
何にせよ、ひとまずの完結お疲れ様でした。

2011/04/04 (Mon) 19:33 | ダカラ | 編集 | 返信

jin

雅美さん>人間は内面で葛藤したぶん、色気やら憂いやらになって表面に滲み出てくるものなのですよ。ふっふっふ♪
弟カップルは、これで完結です☆
虹の鱗、お気に入りの一冊にしていただければ、こんな嬉しいことはありません(^-^)

mizukiさん>そこ、はい。とっても大事なところ(笑)です。
あの場面で、あんな言葉を実の弟に言えるのが竜城の強さでもあります。が、やっぱり肝が据わってるのかなぁ。弟がどんな反応をしようとも受け止められる、くらいの気概はある人だと思います。
あのお兄さんには、いつも感心してしまいますよ。
……私が言うと、なんか変(笑)。

たまこさん>龍、かっこいいでしょ? でしょ(笑)?
私もあの場面が大好きなんですよー…だから私が言うと変(笑)。
今回はヤクザ兄vs弟の場面も、美貌の兄vs弟の場面も、どっちも気合い入れました☆
一口に「兄弟」と言っても、関わり方にこんなにも差がある! というあたりを美味しく楽しんでいただければ本望です!

2011/04/01 (Fri) 15:37 | jin | 編集 | 返信

たまこ

 雅美さん、こんにちは。そうなんです、麗しさが、もう、もう!でも、ちいさい颯太くんも、中学生の颯太くんも、側にいる男たちはくらくらのめろめろな颯太くんでしたから。どうなるかって、もう、もう。それで、このあとはどうなるかなんて、まぶしすぎてなにも見えません。ああ。
 わたしは龍のファンなんですが、今回は龍もすごくかっこよかったです。“颯太くんの前に、次郎さんを止められるのは龍と二代目だけだった伝説”をしかと見届けさせてもらえて感激!今回の龍は出番は少ないながらかっこいいとこばっかりで、ファンとしては少々ずっこけるほどのかっこよさでした。
 それから、竜城さん。mizukiさんのいわれる通り、すごいぞ竜城さん!「次郎さんには龍がいて、颯太くんには竜城くんがいるのねっ!」って、ばんばん平手でそうよ★そうなのよ★叩きを繰り返しましたよ。いいな、兄弟って。いや、血はつながっていなくても、兄弟のように、親友のように、ときにはもう一人の自分のようにすら思えるほどの相手がいるということは。
 わたしも何度も読み返しています。枕元には「龍と竜~虹の鱗~」の日々です。

2011/04/01 (Fri) 09:47 | たまこ | 編集 | 返信

mizuki

こんばんは

 速攻拝読しました!
中央○○の通販!プレゼントのイラストカレンダーと共に発売日に届きました。
そして昨日の晩と今晩で読破っ(ふっふっふ、これから何回も読むのだ)

 p213のたっちゃんが颯太君に発する言葉、涙が止まりませんでした。もうぅぅぅ、竜城っ、大好きぃぃぃ。かっこいい・・・
「でも、○○○に返してくれ」からp214ページ。あぁ、こんな言葉が咄嗟に出てくれば、世の中の多くの人が救われるのかもしれないと、本気で思いました。

 話が前後しますが、黒崎先生が及川光博さんみたい☆色っぽいイラストと、ドキューンの文章っ。
(あまり読書感想文を書くと長くなりすぎますし、ネタバレになるとアレなので・・・)

 でも、ラストは幸せ。親友のあの子の将来に思いを馳せてしまいましたが、きっと幸せになりますよね。

 さぁ、次は龍と竜のお話ですか?楽しみにしています♪♪♪

2011/03/31 (Thu) 23:16 | mizuki | 編集 | 返信

雅美

納得…だけどっ!

小説ガッシュで読んだ時は度肝を抜かれちゃいましたが、次郎さんと颯太が幸せで終われた事は良かったです。
しかし…何なんでしょ?颯太のあの麗しさは…。ちびっ子颯太や中坊颯太の感じだと、竜城っぽくなるのかなぁと想像してたんですが…18歳の色気ではないですよっ!熟女だっ!?
あ~んな色気垂れ流しの恋人だと、次郎さんは苦労しますねぇ(-_-)
あと、たっちゃんが厨房でのワンカットしかなかったけど、やっぱり可愛いっ!そして、強いっ!あんな人間になりたいです。理想です。
『龍と竜』シリーズはこれで見納めですか?熟年カップルになった龍と竜城、新婚の次郎さんと颯太…まだまだ見たいです…。

よしっ!また読み直そう!
とりあえず、感想?でしたっ!

2011/03/31 (Thu) 15:30 | 雅美 | 編集 | 返信

jin

虹色の鱗があるのよっ♪
右下のほうにキラキラあるのよーっ♪

もうね、ホントに美しいです。
ありがとうございます。

2011/03/28 (Mon) 21:06 | jin | 編集 | 返信

たまこ

 ああ、mizukiさん、わたしは息をのみました。颯太くんの美しさに。
 颯太くんがこんなに美しいのは、颯太くんの次郎さんへの愛ゆえに。
 その美しさに罪深ささえ感じるのは、多くの罪がその愛ゆえに犯されてきたからかな…とも思ったり。
 それから、こんなにも美しいのは、やっぱり亜樹良先生の颯太くんへの思いもあるだろうなとも思います。
 それにしても、美しい!

2011/03/27 (Sun) 16:40 | たまこ | 編集 | 返信

jin

暖まりましたか~♪
わーい(笑)♪

龍と竜の………?


えーと…………(笑)

2011/03/26 (Sat) 20:57 | jin | 編集 | 返信

mizuki

うわぁ

 きゃぁぁん、暖まりますっ。
龍たちも出てきますよね?
龍×竜の・・・もありますか?
あればいいなぁ☆

2011/03/26 (Sat) 17:08 | mizuki | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント