上を向こう 

2011, 03. 15 (Tue) 20:41

友達から教えてもらったサイト。
http://prayforjapan.jp/tweet.html

TVを見ては泣いてばかりいた私を、しゃんとさせてくれました。

日本人は、繋いだ手と手の温もりを知っている民族なんですね。

私が温かい部屋の中で、
こうしてブログを書いているときも、
被災地の人たちは寒い中を励まし合って助け合って、過ごしていらっしゃる。


輪番停電が始まった。
でも、昨日も今日も中止になった。

いいのよ、そんなこと。

そのくらい、協力させてください。
二転三転して当然だもの。
こんなこと、誰も体験していなかったんだから。
いつ停電になってもいいように、きちんと備えます。
だから、病院とか信号とか、
私たちではよくわからない電気系統をしっかりチェックして、
そのときが来たら、出来る場所から実施してくださいね。
それまでは、いままで無駄に差し込んであったコンセントを抜いて、
家族もひとつの部屋に集まって、
いらない照明は消して、洗濯も1日おきにして、
思いつく限りの節約をして待ってますから。

額に汗して、必死に懸命に知恵を絞って、
なんとかしたいと頑張ってくださっている人たちに、
文句を言ったり声を荒げたりする大人げない人は、少数派のはず。
多くの人は、苦しいときこそ助け合う強さと思いやる心を身の内に備えている。

駅員さんに「電車を走らせてくれてありがとう」とお礼を言った幼い子。
幼い子供が、とてつもなく大きな心を持っていることに、私も勇気をいただいた。
そうだね、みんなが、それぞれが、いま自分に出来ることを必死で頑張っているんだものね。
ありがたいね。みんな、素晴らしいね。


被災地の方々に、私たちの声が届きますように。
私たちのエネルギーという体温が、被災地の方々の体と心を暖めることが出来ますように。
どうか、ひとりでも多くの人が、どうか、どうか救出されますように。
1日も早く、笑顔が戻りますように。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント