効果短い! 

2011, 01. 13 (Thu) 13:46

朝からあまりにも手足が冷たいので、
お昼ご飯は酸辣湯@中華三昧
インスタントラーメンが苦手な私も、中華三昧だけは別なのだ~
あと、昼間から恐縮ですが、熱燗もね。

酒ひっかけたら暖まった
これで仕事できるぞ………と思いつつ、ちょっと別の用事を五分ほど片付けていたら。



もう、指先が冷たいです

これ以上アルコールを入れると原稿が怪しくなるので、
ここからは生姜湯にチェーンジ


あ。
年末ぎりぎりまで書いてた原稿ですが、無事に通りました
こちらは5月に文庫化していただく予定です。
詳細は、発売が決まったらUPしますね



さー、いまからドロドロの暗黒世界にダイブだ。
本当は朝から取り組む予定だったんだけど、なかなか腰を落ち着けられなくて。

いかんなぁ。逃げてるんだろうか、私。

最近では「祈り」の執筆中がそうだったけど、
あんまり入り込み過ぎると、上手に日常に戻れなくなっちゃうというか、
感情の振れ幅が大きくなりすぎて、物事を冷静に考えられなくなっちゃうんですよ。

ちょっとしたことで怒ったり、常にイライラしていたり。
で、それを抑えようとすると、マグマが体内でくすぶっている感じになって、吐き気になる。
書き上げるまでその状態が続いてしまうので、精神的に疲労困憊

今回は、一から書くのではなくて改稿だから、大丈夫だと思うのですが…。

でも大丈夫!
私には熱燗がある(笑)!

自分に負けないよう、呑まれないよう、気合いいれて取りかかります!
スポンサーサイト

コメント

jin

ありがとうございます!

おお~、コメントではなくお便りですね★
ありがとう~~!!!!!

呑まれないよう(暗黒世界とか、お酒とか/笑)、頑張りますね~!

2011/01/18 (Tue) 08:54 | jin | 編集 | 返信

たまこ

 BLを読み始める前わたしはもっとものごとを理屈で考えていたような気がします。
 あ、いや、心で感じて、心で見るというのができていなかったというべきなのかもです。心が開かれてないまま、ものごとに接していたようです。
 だから、暴力や恐怖に対して鈍感でした。
 BLのなにがよかったというと、やはりラブストーリーであるということに尽きると思っています。
 恋愛ものが嫌いというわけではないのですが、小さいころから可愛げのないことに、映画が二本あるとまず恋愛ものではないほうを観る、本が二冊あれば恋愛ものではないほうを読む、漫画が二冊…、音楽が二曲…、テレビ番組が二つ…などなど、そういう感じだったのです。
 理屈人間に育っていたのですね。
 そういう愛の物語や愛に関する情操教育が足りない人間がなにに刺激を求めるかといえば、暴力やホラー。
 いろいろなことに興味があるので暴力とホラーだけに偏ってしまうことはなかったけど、そういうものも好んでいたのも確かなのです。
 だけど、BL作品をたくさん読んできた今はどうかというと、暴力と恐怖を前にすればとことん感じてしまうようになりました。体感以上の感じっぷり。
 また、ジャンルを問わず作品がより鮮明になるばかりか、愛にも暴力にも恐怖にも手袋、ゴーグル、酸素マスク越しでしか向き合えなかったころの自分にはわからなかった作品のメッセージや深みに気がつけるようになりました。それでも、まだまだ未熟ではあるのですが。
 そして、その揺り返しなのかもしれないのですが、ホラー作品を楽しんだり一部のゲームなんかをやったりができなくなってしまったのです。あまりにも感じすぎてしまうので、自分が不安定になるのです。ホラー作品やアクションゲームって、ものすごい刺激を売りにしているだけあって、連続攻撃を喰らっているような感じになるのですね。
 今だけかな…とも思っているのですが。
 読んでいるだけのわたしでこうなのだから、書いている、世界を創り出している陣先生はというと、きっとすごく感受性や人間性が研ぎ澄まされてくると思うのです。とぎとぎ、とぎとぎ、とぎまくりの、名匠の手による研ぎで磨きこまれた名刀のごときに。
 そしてそして、その名刀で世界を斬りとって、痛みと共に斬りとって、わたしたちが手にする作品を作ってくださるのだなあと。
 わたしは「祈り」が大好きです。出会えてよかったです。ありがとうございます。
 どうか、陣先生が執筆で疲れすぎませんように。

2011/01/16 (Sun) 18:23 | たまこ | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント