本日発売! 

2010, 11. 27 (Sat) 10:01

小説ガッシュ、本日発売です

龍と竜~逆鱗~、なにとぞよろしく









スポンサーサイト

コメント

jin

お久しぶり♪

葵さん、お久しぶりです♪
ねー。あんなイイコだったのにねー…って、人ごとみたいでゴメンナサイ(笑)。
でも、イイコほど反抗期は大変だって言いますから!
そのうち、イイコになりますよ、きっと。

え~と、恐らく。

う~。
た、たぶん……。

2010/12/18 (Sat) 17:10 | jin | 編集 | 返信

No title

お久しぶりです。
今日やっと小説GUSHゲットしました!(遅すぎ;;)
颯太があああああ;;;
あんなに可愛い子だったのに・・・・
これからどうなるんですか?
颯太とジロちゃんにはぜひ幸せになって欲しいです!
気になって仕方がない終わり方でした。

2010/12/14 (Tue) 20:10 | 葵 | 編集 | 返信

jin

涙涙…

たまこさん>ものすごい惨劇の渦中にあったような気がするのですが、そう感じるのは私だけ?
大丈夫でしょうか、たまこさん。急ぎすぎて水たまりに「バシャアァーッ!」とか「ズシャアァーッ!」とかって事態になっちゃったりしていないんでしょうか。
で、新刊漫画のコーナーですと?
それは私でも探せない……。そこまでして手に入れてもらえて、本もきっと喜んでいます。ありがとう!
お初がSくんというのは、私には「え? 普通そうでしょ?」というくらい当然のことなのです。
やっぱり私、自分の感覚が標準とはずれているような気がします…いまさら。ええ、いまさら。

たまさん>お、おおお、怒った? 
続きは書きます。ごめんなさい。
ちゃんと1話完結にしなきゃ行けなかったのに、私の技量不足で出来なかったんです。
本当に申し訳ない……。
絶対読者さんに石投げられるーと、書いてから真っ青になりました。
逆鱗をきちんと畳んだら、次郎と颯太のお話にエンドマークをつけようと思っています。
こんな中途半端で終わらせることはしませんので、もう少しだけ待っててね~!

2010/12/04 (Sat) 13:44 | jin | 編集 | 返信

たま

No title

届きました。
読みました。

いや~あんな事になるとはねえ・・・
ジロちゃん不覚です。

続くんですよね?

2010/12/03 (Fri) 21:00 | たま | 編集 | 返信

たまこ

運命★寒風とジャジャジャ♪ジャーン

 みなさんの熱いコメントに、とうとう風邪が入った身体を励ましてもらっています。ありがとうございます。
 昨日やっと大きな書店へ行けまして、「小説ガッシュ」を買いました。
 とにかくこのコメントの数の多さに、「さすがだ…っ!でも、盛り上がっているのは、龍と竜シリーズ最新作だからというだけでなくて、きっと読めば話さずに入られないだけの衝撃がそこにはあるのだ…」と戦慄していました。と同時に、まだ買って読んでいないのに、これだけの熱いコメントを読んではもったいないっ…。などなどと、身悶えておりました。
 それはそうと、この「小説ガッシュ」は書籍扱いということで、てっきり雑誌と思って広い売り場を仕事の合間の持ち時間10分で探していたらなくてパニックになりそうでした。店員さんにたずねたら、「調べてまいります」と対応してもらえて、「書籍扱いなので新刊漫画のところでした」と3分くらいで探してもらえてよかったのですが、レジは列で、電車の時刻は迫り、駅まで自転車でかなりなのに雨が降り出しそうで再度パニック寸前。でも、表紙の“「龍と竜~逆鱗~」綺月陣×亜樹良のりかず”という文字を読んだら正気に返り、「もう、全力でペダルをこぎながら、事故に遭わぬようにすることあるのみ!」と奮起して、なんとか無事仕事に戻ることができました!で、今日は筋肉痛です。
 などと書いているうちに、時間切れ。すいません!
 また書きにきますね。
 ちなみに、わたしも買ったその夜何度も何度も読んでしまいました。
 そして、今も颯太くんの○○○シーンを中心に彼の青春の蹉跌が脳内ノンストップ展開中。紙面では二度ですが、なにしろ○年間の営みが××くんとと思うと、その間のあれやこれやの妄想が……。しかも、風がの音がするんです。颯太くんのそこからの五年間を思うと、吹きすさぶ寒風の音がさいなむように聞こえてくる。
 止めたいけど、紙面で書かれていないだけに、こんなこともあったろうな、あんなこともあったろうなと思いをはせてしまう。18歳の颯太くんの描写のひとつひとつが、わたしにいろいろなことを思わせるのです。
 ああ、颯太ファンのみなさんすいません。
 わたしはショックでしたが、読んで知ってしまえば、これはなるべくしてなった、たどるべくしてたどった道のりであったのかもしれないと思うようになりました。
 運命ってわからない。なんであの日あの時…、そしてそれを契機になんであんなふうになって…。
 そして、それは颯太くんだけでなく、すべての登場人物たちにいえることではあるのだけど。
 ああ、時間オーバー。また走ることになりそうです。でも、思いはあふれてしまうのです。
 それでは、走ってきますねv-29v-218v-69

2010/12/03 (Fri) 12:04 | たまこ | 編集 | 返信

jin

腐っちゃう(笑)

ダカラさん、お久しぶりです!
お読みくださってありがとうございました。
ダカラさんがおっしゃるように、純粋な人の価値観が崩れたときって、ものすごく大きな反動が生まれると思うんです。
颯太は愛されて育ったけれど、拒絶されていたころのことも覚えている。だからいつも怯え、構えている。
そっち側へ行かないように、と。

自分を保つことに必死だったからこそ、その足場が破壊された瞬間には、もう全否定に走っちゃう。
颯太の場合は、その反動が大きいんです。
なんとかここで踏みとどまって欲しいものです。

うーむ。
人ごとのように言ってるぞ、私……。

2010/11/30 (Tue) 12:21 | jin | 編集 | 返信

ダカラ

あとがきで

ご無沙汰をしております。
大変楽しみにしておりました「龍と竜」の最新作を拝読いたしました~。
ああああ、なるほど。こう来ましたか。雑誌あとがきを読んで爆笑いたしました。石は投げませんが投げたくなるような終わり方でしたね(笑)
来年に文庫でじっくりと続きが拝見出来るようですので楽しみが先延ばしになった、と思うようにいたします。

ここまで次郎に反発してしまうのも、ある意味颯太が純粋だからなのだろうと感じましたが、小悪魔が大人になる苦い過程。
しっかりと書いていただいて嬉しいような悲しいような・・。
そしてちょっぴり黒崎医師にも同情してしまったり・・・。今回のお話もいい意味で先生の作品だなと思いました。
一方個人的には「腐っちゃう発言」にハマりました。こんな可愛い颯太ももう読めないのでしょうか?本当に来年が待ち遠しいです。

2010/11/29 (Mon) 10:30 | ダカラ | 編集 | 返信

jin

おお…

ご意見ご感想、ありがとうございます。

no-nameさん>出版社に確認しましたところ、小説GUSHの正確な発売日は27日(土)で間違いございません、とのことです。
告知も全て27日で行わせて頂いております、とご回答いただきました。
ただ今回は通常の雑誌とは違い、アンソロジー(書籍)扱いであるため、書店によっては入荷のタイミングが通常の雑誌より早まる場合があるそうです。
そこで一部の書店さんがいわゆる「早売り」をされるであろうとの懸念はある、とのことでした。
実際に、書籍扱いの商品は流通上の問題で発売日前日に書店に並ぶ場合もあるため、今回もその流れで早く転倒に出していただいたようです。
また不明な点がございましたら、海王社様へお問い合わせくださいね。

雅美さん>はじめまして、いらっしゃいませ!
子供は、親が思ったように育たないようです。ご期待に添えず、すみません…。
続きは、来年には出せる予定です。
もう少し明確になったら、またお知らせしますね!

たまさん>おお~たまさん! お久しぶりです!
届いたら、また感想など聞かせてくださいませ♪ たまさんは、読んだら怒ったりするんだろうか。
いや、たまさんはOKだと思う(笑)。課長が平気な人だから♪

mizukiさん>無事にゲットできましたか! よかったよかった、ありがとうございます~!
ずーっと待っててくださったのに、悲しい颯太で申し訳ない。
私の中でこの流れは、じつは次郎と颯太がラブラブになったときに自然に湧いたストーリーなのです。
ガラカメ(笑)ほどはお待たせしませんから、ご安心を~!

2010/11/28 (Sun) 10:44 | jin | 編集 | 返信

mizuki

GETできました♪

 うちの方のTU○○YAは 27日発売でした(首都圏です)。GETできましたよぉ。

 誰の逆鱗に触れるのか?と 読み進めていくと・・・え?え?颯太君がジロちゃんを避けて・・・って。

 まぁ、ウブな彼には大人の体ってわからなかったんですよね(涙)。かわいそう・・・。
でもでも、あの場面で終わったと言うことは 続きがあるということ!
まだまだ 龍と竜が読めるって事!
何も知らないジロちゃんと 5年間の恨み辛みが詰まってしまった颯太君には悪いけど、先生の次の作品で幸せになってもらうことを願います。

 でも、黒崎先生の子供のことも気になるし。
絶対に黒崎先生はジロちゃんのを使って子供を作りましたよねips細胞ですか?この件も途中だし、龍と竜の結婚だってまだ。お店が軌道に乗っていないもんね。
もちろんジロちゃんと颯太君の悲恋がどのように成就するかも気になるし、先生、まだ3冊くらい続きますか?もっと続いても良いですよ(^^)。
 みんながhappyになっていないってことは 続編があるって事ですものね。 

 私、待ってます!最終的にはみんな幸せ☆でも、長く読みたいのです。ガラ仮面のように間を開けての長期間じゃなくて、何冊も出していただいて 長期間が良いなぁ。首を長くして待ってますね!

 ps コメントレス、ありがとうございました♪

2010/11/27 (Sat) 23:21 | mizuki | 編集 | 返信

mizuki

あれ?

 今 長文を書いたのですが、表示されない・・・。
文字数が多すぎたのかな?

2010/11/27 (Sat) 23:14 | mizuki | 編集 | 返信

たま

予約しました!!
届くのが待ち遠しいです!!

2010/11/27 (Sat) 22:58 | たま | 編集 | 返信

雅美

えっ!?え…?

初めましてm(__)m
小説ガッシュ、読みました。
衝撃でした…。そりゃもう、驚きを隠せない程に驚きました。
そりゃ次郎さんと黒崎さんには大人の関係と、今まで培ってきたものがあるって事は解るし、二人の気持ちも理解できますがっ!
颯太にあれはないですよぉ(T_T)純粋に次郎ちゃんだけを見てきて、信じてきたのに…あれは次郎さんの最大のミスですよね。
きっと五年後の次郎さんには颯太の見てしまった事や聞いてしまった事は解ってるんだろうけどっ!
どうにかしてやってよっ!って!
もう、続きが読みたいんですけど…。
あんな、五年後の颯太は想像してませんでしたよ(T_T)
もっと純粋なまま素直に育つもんだと思ってただけに、正反対の颯太がショックでした。
続きはいつですか?気になって気になって仕方ありません。
今日買って、すでに『龍と竜』を何回も読み直しました。
いつですかっ!?

2010/11/27 (Sat) 18:55 | 雅美 | 編集 | 返信

no-name

とても差し出がましい事を申し上げますが、小説GUSHは11月26日に発売されておりました。海王社さんのサイトでは、あくまで27日予定という事でしたので、ちゃんとした日時をお知らせする事が必要なのではないでしょうか。書店さん各自の早売りという事ではなく、全国一斉26日発売となっておりました。情報の修正を求めます。

2010/11/27 (Sat) 13:01 | no-name | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント