見本誌♪ 

2010, 11. 19 (Fri) 14:51

龍と竜~逆鱗~を掲載していただいた雑誌の見本が届きました

雑誌名は、なんと「小説ガッシュ」です。
アンソロジーって、小説専門誌のことだったの??? と目をまん丸にして驚いているのはどうやら私だけのようで。
他執筆陣は、ライターズコメントの欄でお祝いを語っていらっしゃっいます。

……ひ~

えぇと、いまさらですが。
小説ガッシュ創刊、おめでとうございます
スポンサーサイト

コメント

jin

ほほぅ

たまこさん>読書家だなぁと、いつもいつも感心してしまいます。
私は、最近はまったくといっていいほど本を読まなくなっちゃったから……買いはするんですけどね。
長編を読み切る時間を持てないので、いま読むとしたら短編かなぁ。
でもやっぱり、読書量はガクンガクンと減りつつあります。
よい読書タイムをお過ごしください♪♪

mizukiさん>ありがとうございます~!
下り坂は下り坂なりに、優しい人間に向かって月日を重ねていけたらいいなと思っています★
さてさて、小説GUSHは本日発売です。
すみません、きちんとアナウンスできなくて……。
無事にゲットしていただけますように~!

2010/11/27 (Sat) 10:12 | jin | 編集 | 返信

mizuki

23日はお誕生日だったんですね!

 お誕生日、おめでとうございます。v-238
私 今日仕事が終わった後 急いでTU○○YAに直行。小説ガッシュがないぃぃぃっと もうちょっとでお店の人に聞くところでした。
 携帯で検索したら 発売日は明日じゃないですかっ。 明日、どこかの書店で必ずGETしてきます。速攻で”龍と竜”を読むんだから!!
(家族も休みなので 一気に読めるか不明なのですが、読み終わったらまたお邪魔しますね♪

2010/11/26 (Fri) 21:25 | mizuki | 編集 | 返信

たまこ

会いたかった♪

 漫画は漫画ならではの魅力があるのです。好きなんです。
 でも、活字はまさにmizukiさんのいう通り、奥深さ、何回も何回もというところ、ありますよね。
 それと、今のところはやはり、BLでは読みきり作品とか、単行本読み切りとかから始まって、うまくいけば長編化というのが多いですよね。
 読み切りや単行本読み切りだと、どうしてもどうしても分量的に小説作品のほうが作品世界がしっかり構築されて、情報量も、行間の情報量も、エピソードも展開も濃く豊かになる。
 欲ばりe-277e-266なわたしとしては、そういう理由でも活字が好きなのです。
 でも、活字で作品を発表される方も、漫画で作品を発表される方も、その作品に必要なだけの分量で発表できることを望んでいると思うのです。
 ああ、話が横滑りしておりますが。
 でも、でも、短編の妙というのもあって、BL漫画でそれをやられると「たまんない!」と目が★になってしまうのでした。
 最後に、長編が好きか短編が好きかといわれれば、わたしはさみしがりe-259e-75屋なので長編が好きなのでした。終わったあとって、いい作品であればあるほどさみしいですから。
 で、このさみしさをどうするかというと、再読、再々読でなんとかしようとするのでした。で、で、またさみしさを味わうはめになるので、「もう一本!」と帯をしめなおして挑むe-204ことになるのでした。
 一度読んだだけではわからないところが、何度も読むうちにわかったりして、さみしさだけではなくうれしいことも待っていますe-446e-276

2010/11/22 (Mon) 14:03 | たまこ | 編集 | 返信

jin

本屋さんでぜひ♪

たまこさん、mizukiさん、ありがとうこざいます♪
一週間後は、ぜひ颯太と再会しくてださいませ★
あ、じろちゃんともね(笑)。

2010/11/22 (Mon) 12:01 | jin | 編集 | 返信

mizuki

楽しみです!

 先生、そうですよ!先生の名前なんてババーンっと出ているし☆ GUSHを販売している書店だったら大丈夫だろうと思っているのですが。早く読みたいなぁ。

上記たまこさんと同じく、漫画も良いけど小説の奥深さ!何回も何回も読めます!それに、小説の方が家族の目も安心ですし(^^;)。あと1週間。待ち遠しいです!

2010/11/19 (Fri) 22:01 | mizuki | 編集 | 返信

たまこ

希望の光★

 「小説ガッシュ」なんですね。おめでとうございますe-466e-372e-466
 すごいなあ。うれしいですe-451e-401
 アンソロジーならブラジル川通販で買うかなと思っていましたが、雑誌なら大量に入荷するので地元本屋さんに行こうと思います。自転車でだいぶ遠出になりますが、なにかと運動不足になりがちですから、もうこれは行くしかないです。
 BLは漫画も大好きだけど、BL活字作品の持つe-342イメージ喚起力e-342にめろめろのわたしとしては小説誌が新たに発売されるニュースに明るい希望e-415を抱いております。

2010/11/19 (Fri) 19:19 | たまこ | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント