発売延期のお詫びです 

2010, 03. 09 (Tue) 11:26

ガッシュ文庫「物の怪小町」ですが、ネット書店で内容を紹介されておりましたので、こちらへもUPしちゃおっかな、と思ったのですが。

「女装バー」だそうです。


ううーん……。




違います。

「オカマバー」です。



一緒じゃん! と突っこむ人もいるかもしれませんが、
オカマバーと女装バーは別物です……。

あと、「物の怪小町物語」というタイトルで書店にUPされているようですが、
正しくは「物の怪小町」です。
いやもう、「物語」って付いてても、私は一向に構わんのですけど……。


さて。
たったいま担当様からご連絡いただいたのですが、「物の怪小町」は発売延期となりました。
申し訳ございません。
もう少しお待たせしてしまいますが、どうか、どうかお楽しみに。


「BLでオカマの話って、どうよ」



まぁ、そう言わずに。
私自身もチャレンジなんです。


こんなふうに生きるのは、楽しいだろうな。…とか。
こんなふうに生きるのは、苦しいだろうな。…とか。
こんなふうに生きるのは、勇気がいるよね、…だとか。

彼らと一緒に笑って泣いて、彼らのぶんも怒って笑って。笑って笑って、ぎゅーっと抱きしめて。
いろんな味覚を楽しんでいただける一冊であればいいなと思っています。

延びちゃいましたが、待っていてくださいね。
スポンサーサイト

コメント

たまこ

暑苦しいわたしはたまこ★

 “ノーネームなのに、格闘だなんだと暑苦しいv-48のでわたしとわかりますね”のたまこです。すぐわかった(わけではないかもしれないけれど…)陣先生、お手数かけましたe-466e-330。そして、フォローをありがとうございましたe-466e-415
 楽しみに待っていますv-87e-295e-297e-301v-87
 それから、年度末のごたごたをのりきったら、v-483「罪と罰の間」v-483の感想もおしゃべりに来ますので待っていてくださいね。

2010/03/12 (Fri) 23:39 | たまこ | 編集 | 返信

jin

おやおや★

あ。no-nameのたまこさんだ(笑)v-82

女装バーは、要するに「装う」のであって、普段は男性として生活している人も多いですよね。サラリーマンが会社帰りに…とかね。

自分との格闘。まさにそれですな。
楽しみに待っててください。

2010/03/11 (Thu) 14:22 | jin | 編集 | 返信

no-name

違いと期待★

 わたしはこんな風に違うのかなと思いました。女装さんもオカマさんも外側だけを問題にすれば、男の人が女性のファッションでメイクでいるということになります。でも、その女性のファッションでメイクでいる男の人がなぜそうしているのか、そのv-324女性風v-327が彼らの人生にとってどういう意味を持つのかで違うと思います。…と思うけど、これもまた陣先生の本を読んでのお楽しみですね。
 自分を誤魔化して生きることはできないけど、自分を受け入れることもまた難しい。年のわりにいまだにこんな気持ちでいるわたしです。だから、自分と格闘している人の姿はすべてわたしにとって刺激的です。格闘という大げさな言葉を使ってしまっていますが、今のところそれが自分の感覚にあう言葉なのでした。
 オリンピックも行くところまで行くと、やはり自分への挑戦と格闘なると思うので、見ていてどんどん刺激され興奮してしまいます。
 恋愛という人間ドラマもそう。どんどん自分を試される。恋愛はのるかそるかの場面も豊富なものですし。果ては裸になって守るものなにもない状態でのあれこれもBLではどかんと描かれているし。
 陣先生の新作では、このわたしのテーマ「自分との格闘」がしっかり楽しめそうだなと期待いっぱいなのでしたv-352v-281v-352。たくさん笑えそうなところもいいですねv-428v-350。うれしいですv-437v-360

2010/03/10 (Wed) 21:49 | no-name | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント