龍竜3巻、本日発売★ 

2009, 09. 28 (Mon) 10:52

ガッシュ文庫「龍と竜 ~銀の鱗」ですが、本日めでたく発売となりました。
主役は次郎と颯太ですが、書き下ろしは龍一郎と竜城の悶々ライフが待っています。
一冊で、二度美味しい(笑)。
亜樹良さんのあとがきも、思わず目尻が下がるキュートさですよ
小説もイラストも、存分にお楽しみいただければ幸いです。
スポンサーサイト

コメント

jin

よかった~

葵さん、とらまろさん、たまこさん。ここを尋ねてくださった皆様。
テンプレとの相性がうまくいかず、失礼しました。
一件落着で、ホッとしました。

それにしても、颯太は理解者が多いですねv-22
一ノ瀬組の面々にしても、読者様(笑)にしても♪です。
本人はまた気づいていないようですが…というか、銀の鱗のラストでちょっと気づいたみたいだけど、この先いつか思春期第二波の高波に攫われることには、もっともっと難しい青少年へと進化しているでしょうから、可愛いのも、これが最後かと…(笑)。
でも、愛された記憶は、骨身に染みて細胞へ辿り着き、心身の栄養と化しているはず。だから颯太は、これからもとっても幸せな子でいられるはずです。愛してくださる皆様のおかげです。ありがとうございます。
こんなにも愛される子に育ってくれてv-73……。
うるうるうるうるうるうるうるうる………

2009/10/03 (Sat) 14:06 | jin | 編集 | 返信

たまこ

陣先生、葵さん、とらまろさん、見えなかったパールムーナーさん、わたしも見えました★

 見えましたe-465。ありがとうございます。新しいデザインでくっきりばっちりです。
 ハロウィーンのデザインですね。極道の皆さんはわりと年中行事や神事仏事をきちんとされることが多いですが、ハロウィーンはしないだろうなぁ。
 大阪岩城組の獣こと九堂氏は年中e-487天然ハロウィーンだけど。それから、九堂氏は人生ほぼすべてが気合いの入りまくった“Trick or Treat?”のような気もします。獣1巻の冒頭の登場シーンで「組に来るんかい、来んのかい?」でも、「チョン(悪戯あるいはお痛) or セーフ(話合い)?」という感じだったし。
 市ノ瀬組は颯太くんのためにファミリーe-487ハロウィーンかな。颯太くんの可愛いコスチューム姿e-272が目に浮かぶなー。
 で、龍は竜城さんにえっちな衣装v-345を用意して、次郎さんが「いい見立てじゃねぇか、兄弟。世界広といえども、これは竜城にしか着こなせねぇ」とからかって、龍は「だろ?おい竜城、どうせなら、これに着替えて酌してくれねーか」とか「腰をくねくねっと」とかいうのですe-327。(「銀の鱗」p139参照)
 とらまろさん、わたしも颯太くんの気持ちを読んでは、はらはらしていました。小さいころはいいたいこともいえなかった。でも、龍と出会ってたくさんの喜びを知って、わがままも自分のしたいこともいえるようになった。もうちょっと育つと、頭がよくてセンシティブな子だから、また気を使うようになって。だけど、そのぶん思春期にはそれを取り返すかのような反抗期と学校での人間関係に築いた心の壁。
 でも、次郎さんはちっちゃなころの颯太くんに初めて会ったときから、「いい子だなぁ」といってくれた。颯太くんはそれを聞いて“いい子にならなきゃ”と思ってしまったようだけど、あったかくて人間の器の大きい(すぎるところが、ユニークe-364&ちょっと難あり)家族たちに見守られながら成長するうちに、始めっからいい子だからいい子といってくれていたんだということに気づく日があるのではないかなと思っています。
 颯太くんの心の揺れはこれからも続くだろうと思います。生きていくかぎり。でも、颯太くんの素敵なところは、颯太くんがまわりにいる家族たちのことを大好きだということ。まわりの家族が颯太くんのことを大好きだし、それを彼ら独自の個性とやさしさでいつも惜しげもなく表現している。颯太くんも、そんな彼らのことを愛している。愛していて大好きだからこそ、苦しかったり途惑ったりもするけど、愛情でつながっているからこそ颯太くんの成長と迷いの道のりを助けてくれるe-267と思うのです。

2009/10/03 (Sat) 11:50 | たまこ | 編集 | 返信

とらまろ

見える~

こんばんは。コンテンツ全てが無事に見える様になりました~~。これで新居の日記も、わんちゃんの成長記録も見れますよ。よかった~。

昨夜のコメントでは書かなかったのですが、新刊で何やらとても切なくなるのは颯太の態度です。周りに気を配って自分を抑えたり、過度に喜んだり・・・。小さい頃から「抑える」部分が目立つ子でしたが、大きくなってからは「抑える」に加えて「喜ぶ」っていう部分までも・・・。抑えてる部分は竜城も気付いているだろうけど、過度に喜びを表現しているってことには気付いてないっぽいのが、読んでいて私を切なくするんですよ。これには、颯太側、竜城側のどちらの立場でも切ない。
養子話の時に颯太が周りの雰囲気を読みとって喜んでみせるじゃないですか。私ってば、颯太の態度が切なくって泣いてしまいましたよ。颯太は竜城のことが好きだから自分の本心を隠すだろうしね。竜城も颯太の本心を知ったら辛いだろうな~と・・・。
こういう子供と母親(笑)の感情のズレ(って言ってもいいですよね?だって竜城ってば颯太のこういう部分は分かってないと思うもの)の表現が上手いですね~。本当に切なくってホロっとくるわ~。

けれど読み終えて現実に返れば、「おい、颯太と竜城じゃなくって、自分自身は大丈夫なのかよ、私!!颯太みたいに、子供に気遣わせてないか?」と心配になりましたよ。

2009/10/02 (Fri) 22:23 | とらまろ | 編集 | 返信

実は…

私も前のテンプレートでは全然見えないひとりでしたが!
見えました!!!
これでBBSにいけます!
先生お手数おかけしました><

2009/10/02 (Fri) 19:28 | 葵 | 編集 | 返信

jin

子供の心♪

とらまろさん、初めまして。コメントありがとうございます。
とらまろさんは、お母様なのですね。子供の成長って、嬉しいけれど寂しいですよね。
竜城もすでに心境は兄ではなく母(笑)ですし、なおかつ同性と愛し合う身でもでもありますから、そのあたりの心構えというか覚悟というか方向性…は、きちんと考えさせてあげたいな…と思っての書き下ろしでした。
共感いただけて嬉しいですv-22

ところでっ。
テンプレですが、どうやら3カラムに見えている方と、2カラムにしか見えない方といらっしゃるようで…。
ひとまず別のバージョンに変えてみます。
テンプレを変えたことで3カラムに戻っていたら、お手数ですが、「見えたよーん」とコメントをいただければ助かります!!

2009/10/02 (Fri) 09:12 | jin | 編集 | 返信

とらまろ

新刊読みました~

次郎×颯太のお話は既に雑誌で読んでいたので知ってましたが、書き下ろしで何故竜城が乙部の名に拘るのかがしっかりと書かれてあったのが嬉しかったです。竜城かっこいいよ!たとえ龍の奥さんであったとしても、やっぱ成人した男なんだから、こう強くあってほしいと思いながら読んでました。龍も本当に良くできた旦那ですよね~。うらやましい~~!!颯太成長に複雑な心境の竜城ママには、自分を重ねて読んでました。子供の成長って早いですよね。小さい頃の成長は素直に嬉しいものですが、思春期を迎えた子供の成長っていうのは親の立場からすると、嬉しいけれど同時に何かさみしくもあるんですよね~。本当に竜城ママの心境は他人事じゃなく切なかったですよ。

ところで私も別室やBBSへの入口が分かりません。たまこさんのコメントを見て「私だけじゃないんだ~」と思いました。私のPCだと画面左側には何のコンテンツも無いんですが・・・。前のデザインの時には、きちんと表示されていたんですがね。別室の新居の日記が楽しみなんですけど見れません~~。なんで???

2009/10/02 (Fri) 05:38 | とらまろ | 編集 | 返信

jin

あれれ?

たまこさん、たまこさん。
BBSへの入口は、左の「コンテンツ」内にありますよ。コンテンツもリンクも、全部左にきちゃってます。今回のテンプレートは、以前のテンプレートと左右が逆になっているわけです。
……うぅ~ん、ややこしいですね。ごめんなさい~v-356
ハロウィーンが終わるまでは、なんとかこのデザインで生き延びて(笑)ー!
ほらほら、左を見て、左っ!

表紙>そうか、そういう解釈があったか……!
次郎は私たちに、思いっきりガン飛ばしてるわけですね(笑)。

2009/10/01 (Thu) 22:59 | jin | 編集 | 返信

たまこ

「銀の鱗」が熱い★ですね

 まさみさん、初めまして。わたしも竜城さんのカフェ見たいです。書下ろしを読むまではおしゃれなお店かなと思っていたけど、居心地も、センスも、あったかさも、美味しさも、やさしさもそろった素敵なお店e-434のようですね。
 黒崎先生の野望も応援しているけれど、竜城さんの夢も、次郎さんと颯太くんの未来にもめいいっぱい応援e-442e-399です。
 赤四手さん、初めまして。颯太くんのあやうい魅力にはくらっくらv-345です。「龍と竜~銀の鱗~」の表紙のあの表情…。しかも、すぐ真下の帯には「全部、あげるね。」と太字で大書されている。じろちゃんだってノックアウトe-281と思いましたが、読者殺しe-268のお言葉でもあります。
 なのに!次郎さんはそんなe-75クール恐ろしい顔e-75がなぜできるのか?!あ、それはこの表紙を見つめながら、「ああ、きれいe-266颯太くん」と興奮と悶絶の狭間で見つめるわたしのような者を威嚇しているからなのかも。
 そう思って見ると…、ああ…ナカナカ恐イデス…ヨ。大丈夫デス。颯太クンノ全部、次郎サンノモノデスカラ。
 「寒露」のお話はわたしのまさに知りたかったところがつぶさに描かれていて、ページに吸い込まれるようe-28にして読みました。颯太くんの養子縁組のときのお話を竜城さんサイドでぜひ読みたかったのです。竜城さんは乙部竜城のままでいるわけだけど、そのことについて龍とはどんな会話をしただろうかと思っていたからです。心も身体も納得がいくまで語らうことになったのではと期待していたのです。
 この語らいのシーン中の、シャワーのしぶきを浴びた龍を見ている竜城さんの気持ちとたたずまいが、わたしは大好きでした。
 ところで、新しいブログデザインは可愛いですね。色使いがはんなりだけど楽しくて。ところが、わたしにはこのデザインだとBBSや、別室パールムーンや、リンクがどこにあるのかわからないのです。お忙しいところすいませんが、教えてください。すいませんe-466、陣先生e-466
 BBSにたどりついたら、「隣の据え膳」の感想の続きを書かせてくださいね。ああ、食欲の秋e-133e-432e-455

2009/09/30 (Wed) 23:58 | たまこ | 編集 | 返信

jin

ほほぅ~

アカシデさんと読むのですか。うーん、勉強になりました。エロい樹皮、ネットで探して拝んでみます。
庶民感覚って、そうそう抜けるもんじゃないですものね、哀しいことに。竜城の価値観は、きっと一生あのまんま。でも、そこがヨシ!だと私も思っています。
で、アヒル…ですか?
アヒル………???

……。


…────あ。
おおっv-86

2009/09/29 (Tue) 18:24 | jin | 編集 | 返信

赤四手 メタ

うわ!

お礼のご挨拶部分を編集したまま送信してしまいました……大変失礼しました。
ご丁寧なコメント返しを下さいまして、感激です!(>_<)
ありがとうございました!

2009/09/29 (Tue) 16:17 | 赤四手 メタ | 編集 | 返信

赤四手 メタ

No title

うっふっふ。「漢字になっちゃった」のつぶやきが*^^*

しつこくコメントしてしまいまして申し訳ありません。
(赤四手は木の名前で「アカシデ」と読みます。樹皮がえろくていい木です。)

やっぱりいつでも自分の足で立とうとする竜城が好きです!あと庶民感覚を忘れないところ(笑)姐さんでもありますが、むしろアニキと呼びたいw

改めまして、
次郎さんにおかれましては諸段階突破おめでとうございます。m(_)m
お仕事中の男振りもさることながら、終始彼の忍耐力には拝伏する思いでした。
この義兄弟は本当に器大きい……うああ、日本の借金……返せるものなら……!
龍は気候変動サミットの総理の発言とかどう思ったのかなとか考えます(笑)
さっくり25%削減してくれそうな気もしますがさすがにリアリストにも思えますし(笑)

兄弟といえば黒崎兄弟も激しく気になります!!うおお。

アヒル……い、いえ、また長くなってしまいました。

図々しい申し上げようですがお忙しいことと思いますので、お返事は不要です。^^
失礼致しました。m(_)m

2009/09/29 (Tue) 13:44 | 赤四手 メタ | 編集 | 返信

jin

あ…

名前が漢字になっちゃった…

2009/09/29 (Tue) 10:37 | jin | 編集 | 返信

初めまして×2ですね(*^-^*)

まさみさん>初めまして、こんにちは。コメントありがとうございます。
お待たせしました。小悪魔(笑)颯太です。13歳ではHさせるわけにもいかず、あのようなチョメチョメ(笑)での愛情表現とさせていただきました♪
早めの続編…はい、本当に早めに書けるといいな。一日も早く皆様にお届けできるよう、楽しみつつ頑張りますねv-91

赤四手 メタさん>初めまして、コメントありがとうございます★ お名前、なんとお読みすればいいのでしょうか……うぅむ。
生き抜いていただいて、コメントまで頂戴できて光栄です。ありがとうございます。まだ次回も頑張りたいと思っていますので、ずっとずっと生き抜いてくださいねv-82
無垢は、ときには凶器ですよね(笑)。聖也も颯太も、大人の常識から外れた思考を展開できるので楽しくて楽しくて…(笑)
「あんな竜城」は、前々から書きたかった竜城でもありました。男と男が一緒に生きていくうえで、やはり対等であってほしいと、いまだに夢見ている私です。
ご賛同いただけて感無量★
ありがとうございますv-238

2009/09/29 (Tue) 10:36 | 陣 | 編集 | 返信

赤四手 メタ

最高でした!

こんばんは。初めてコメントいたします。
「龍と竜 ~銀の鱗」本日届きました!
今日の日まではなにがなんでも生き抜こうと思ったひと月でした……

颯太の混乱と寂しさが切なくて、でも最後にはがっつり泣かされました!
それにしても聖也様(…すみません、私「この世の楽園」大好きです)といい、颯太といい、無垢な発想がほんとに絶妙です!あああそうか~あれをああ解釈するのか~…

そして何より「寒露」はもうまさしくこんな竜城が見たかった!と叫びたくなりました。(TT)
龍は龍でこれまたスケールがドデカ大きくなっていて魅力が増してますしv
これまで読んだBL小説では攻キャラに思い入れを持つことは滅多になかったのですが、彼は別格です。

また彼らに会えて、私も幸せです!
長々と失礼致しました。ありがとうございました!

2009/09/28 (Mon) 22:36 | 赤四手 メタ | 編集 | 返信

まさみ

やられたっ

綺月先生、こんにちは。
初めてコメントをさせていただきます。
待ちに待ちに待った続編なので、ホントに嬉しすぎです(T-T)
颯太クンも想像通り、小悪魔のまんま大きくなってて…イイですっ!
ただ、まだまだ颯太クンが子供だから、ジロさんとのエッチがなくて残念ですが…しかし、これは次に繋がるなってな感じで、メチャメチャ期待してますっ(>_<)
竜城ファンだったワタシが颯太クンファンになるほどツボでした。
熟女(?)な竜城とロマンスグレー(古いっ)な龍の円熟したエッチも拝みたい…竜城のカフェも見てみたいし…。
綺月先生、ぜひとも早めのに続編をお願いしますm(__)m

2009/09/28 (Mon) 20:34 | まさみ | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント