ようやく×2 

2009, 09. 20 (Sun) 11:43

ガッシュ文庫「龍と竜 ~銀の鱗~」の見本が届きました♪
28日発売確定です。
楽しみにしてくださっていた方々には、お待たせして、本当に申し訳ございませんでした。今後は、喜ばせておいてガッカリ…などということのないよう、正確な情報をUPできるよう気をつけますね。
次郎と颯太、龍一郎と竜城の物語を、どうかどうか、めいっぱいお楽しみ下さい。

7月末〆切原稿のお返事も、ようやくいただきました。
大枠はOKとのこと、あとは構成をちょっと直したり、表現の修正等だけで済みそうです。皆様のお手元にお届けできるのは、順調に進めば来春だそうです。変更があれば、またこちらのブログで随時報告させていただきますね。
じつは私自身、この話を書き進めているうちに、ものすごくものすごくのめりこんでしまいました。泣きながら書いたのは、「スイートホーム」以来かもしれません。
とにかく、大きな変更を要することなく世に出したい、その一心での待機でした。だから、正直とても長い待ち時間だった(笑)…のですが、結果オーライで大満足です。
それよりなにが素晴らしいって、私も不安視していた部分を、「ここは直したほうがよくなると思います」と、ピンポイントでアドバイスをくださったこと。
ああ…しっかり読んでくださったんだな…と、心から嬉しくなりました。こういう瞬間に、信頼が生まれるんですね(笑)。
ありがたいです。頑張って直します。
もっともっと納得できるよう手直ししますから、来年きちんと皆様へお届けできますように。


ああ……もう来年の話だ……。
時が経つのは早い。早すぎる……。
スポンサーサイト

コメント

jin

ラブストーリー♪

もーちゃん、お久しぶりですv-238
リンクス>読んでくださってありがとうございます。私にしては珍しくHナシの物語ですが(笑)、今回は要所要所のボケを…違った、頷けるセリフや心温まるシーンを味わって頂きたかったので、とってもとっても嬉しいですv-10 ありがとうございます。
間もなく発売の龍竜3も、来春発売予定の新刊も、どちらも楽しみに待っていてくださいね♪

2009/09/24 (Thu) 10:33 | jin | 編集 | 返信

もーちゃん

めちゃめちゃおひさです

jinせんせい、こんにちは~。のめり込んで泣きながら お書きになったお話、来春ですか!! 楽しみです☆ 作品のあとがきに 担当者さまへの 感謝の気持ちが よく 入ってますが 正に 二人三脚。信頼できる担当者さまが いらっしゃると とても心強いですね。
遅ればせながら リンクスさん初登場 『隣の据え膳』、読みました~♪ 桜がけっこう男前に 見えたんですが… そんで 手も早い。 パンチ炸裂してましたね(笑) 古河の 「この世に存在するあらゆるものと、ラブストーリーを 紡いでる最中」って言葉、素敵ですぅ☆ 今後の2人のラブストーリーも 気になるとこですね。
『龍と竜』、いよいよ 近づいてきました。もちろん、コミコミさんに 予約済みですよん。 ずいぶん、涼しくなってきましたね。お仕事頑張って下さい!! ではでは~。

2009/09/23 (Wed) 21:12 | もーちゃん | 編集 | 返信

jin

すご~い!

たまこさん、深いですね~相変わらずv-73
自分が作ったお話で、こんなにいろいろと考えていただけるんだと思うと、ホント、いい加減なことは書けませんね…(汗)
嬉しいです。いつもありがとうv-23

2009/09/23 (Wed) 13:37 | jin | 編集 | 返信

たまこ

連休が終わるのは切ないけど、発売日が近づくのははげみになります★

 「龍と竜~銀の鱗~」発売バンザイv-314v-300v-314
 わたしも小冊子のつくコミコミで予約しました。
 龍と竜シリーズは、「もう、そのことは考えても、感じてもだめだと思う」と自分を切り替えようとしてもそうできない夜e-75に読んでいます。はげまされるからです。
 龍と竜シリーズに出てくる人たちって、「じゃあ、どうすればいい?自分はどうしたい?」ということを大事にばっと行動するから。
 竜城くんは逃げない。少々のことには、へこたれない。恐いのに、泣きたいときもあるのに。
 龍もどこにもいかない。自分の大切なものがわかっている人の生きかただと思う。
 次郎さんもぶれない。龍より不器用な人だと思う。でも、第一巻での土下座でわかるけど必要なことはやってのける。
 その他の登場人物たちもそうv-257
 もうすぐ発売の「龍と竜~銀の鱗~」では、真藤くんというこれもまたなかなかな行動派も新たに登場するので楽しみです。彼は若いけど理解力もあって、包容力も感じさせてくれました。そして次郎さんがキレてしまった現場でも、危機と恐怖の中でも役にたつ行動ができてしまうあたり、すごく将来性e-70e-465を感じさせてくれるのです。
 あと、次郎さんの新しい舎弟のトラちゃんに再会するのも楽しみです。
 今回龍と竜シリーズの話になってしまいましたが、また獣シリーズの話もさせてくださいね、かにきちさん。あ、「スイートホーム」も読んだら、また話をさせてくださいねe-78e-77

2009/09/22 (Tue) 10:38 | たまこ | 編集 | 返信

jin

いえいえ

かにきちさんかにきちさん、すみません。誤解させてしまいましたね。
今回のは「来年〆切の原稿の直し」ではなく、「来年発行予定の本の、今年7月末〆切分の原稿の直し」…説明長い(笑)……です。
来年〆切の原稿は、来年の〆切までに書いて提出すれば問題なしですよ。

龍竜3巻、ご予約ありがとうございます♪
イラストレーター様の「あとがき」のキュートさに、ぜひとも悶絶してください★

2009/09/20 (Sun) 21:30 | jin | 編集 | 返信

かにきち

もう来年ですか?

綺月先生、原稿お疲れ様です。もう来年締め切りとかの原稿の直しがきたりするんですね。恐ろしい年末の準備早くも…というところなんでしょうか?
私は少しだけ、専門新聞の記者をやっていたことがありますが、のめり込める取材や原稿は後から反響があることが多いように思います。先生のコメント読んで、やっぱり書き手の想いや編集さん、スタッフさんの想いがどんだけ大事か分かるお話だと感じました。
因みに、龍竜三巻パソコンがないので、漫画喫茶に行き、ようやく予約してきました。
今から待ち遠しいです。

2009/09/20 (Sun) 20:53 | かにきち | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント