電子新刊 

2008, 08. 22 (Fri) 15:09

「昨日の敵は明日の恋人」が電子書籍になりました。
プランタン出版WEBサイトや、他モバイルサイトで購入出来るそうです。
よろしかったらお手元に、ぜひ
スポンサーサイト

コメント

もーちゃん

ありがたや~~

jinせんせい、たまこさん、ありがとうございます!! 番外編、堪能できました☆ その後の展開は、拙い脳内で 最大限に 甘々&ラブラブな二人を 想像しまくります。

2008/08/29 (Fri) 22:36 | もーちゃん | 編集 | 返信

jin

ごめーん!!

HP見てきたけど、ホントだ。もう存在してませんでした。
そのまま載せるのはプランタンさんに失礼なので、手短に♪
以下、昨日の敵は明日の恋人・番外WEB短編要約バージョンです↓

『…悪い、一世。明日のデートはキャンセルだ』。疲れたタキの声から始まるラブ・ストーリー。
もちろん一世も仕事中。だけど明日の休日&終日デートを、なによりも楽しみにしていたわけです。なんかトラブったの?と訊ねると、
『駅張りポスター五万枚、パァにした』…と唸るタキ。一世は同業者だから、タキの気持ちが痛いほどわかる。
パァなった原因は、雨漏りだそうな。タキが勤務する百貨店は老舗。改装と増床を繰り返していても、倉庫は手つかずで老朽化しているのです。
タキの部下のミスなんだけど、タキは自分の指示ミスだと言って憚らない。いい男です。
「じゃあ俺、明日はひとりで映画でも観てくるよ。タキと一緒にいたら観られないような、エッチなやつ」。タキの気持ちがわかりすぎるほどわかる一世だから、そんなふうに励まして電話を切ってあげました。
「俺たちの休日が重なるなんて幸運、滅多にないのにさ…」と、ちょこっとだけ心の中でグチを呟いた直後。いきなりタキからショートメールが!
『三分で来い』だそうで、一斉は猛ダッシュ。駅構内の人込みを掻き分けて西へひた走ります。何度も人にぶつかっては、すみませんと謝りながら。
西王堂が見えてきた…と思ったら、ふいに肘をつかまれて柱の陰へ引き込まれちゃうわけです。もちろんタキに。
「いま、すごくタキにキスしたい気分」と息を切らして一世が言えば、「俺もだ。だけど我慢している」と返すタキ。早くも甘々体勢です。でも往来だから我慢我慢。
タキは一世の手に、部屋の鍵を握らせます。「何時になるかわからない」と。一世には、ちゃんとわかってます。タキの部屋で待ってろってことだと。
「着替えがないじゃん。だから裸で待ってていい? ベッドの中で」。
「急いで帰るよ」と笑うタキ。

そのあとは、ご想像通りの展開に。
一日では到底終わるはずのない仕事量を、一世のために頭と肉体とコネクションをフル稼働して終わらせてきた、スーパーマンなタキに抱かれて、最高に幸せな休日へと突入する一世なのでした♪

…と、こんな感じのお話なのでした~v-25

2008/08/29 (Fri) 10:48 | jin | 編集 | 返信

たまこ

残念!!

 もーちゃんさん、なかったですか。残念、残念!v-393v-279v-393
二年前の記憶をたどってみると、細部など違っていたらごめんなさいなのですが、作品のその後にタキと一世が忙しいお仕事の合間をぬって、デートをするという短編だったと思います。
 ふたりとも良きライバルとして仕事に全力投球しながらも、恋のほうも負けずにもりあがっておりました。
 それにしても、隣接する二つの大型店舗の中でお互いが働きながら会えないというのも、読者としてじれったいです。このふたりは仕事だって愛しているから、なおのこと会えないんですよね。
まあ、そのじれったさが忙しい大人の仕事人カップルの恋を読む醍醐味でもあるのですがv-344v-344v-296

2008/08/29 (Fri) 08:27 | たまこ | 編集 | 返信

もーちゃん

終わっちゃってる・・・?

プランタンさんのHPを ウロウロしてみたけど 短編が 見つけられない・・・ もう、終わっちゃってるのかなぁ? 読みたかったですよ~~。えーん、えーん。
とりあえず、「作家コメント(直筆☆)」「登場人物紹介」「ちょっと立ち読み」が 拝見できたので 嬉しかったです。
タキが バリバリかっこイイっす!!
なんか 機会があったら、 こちらのブログのほうで 短編の 公開していただけたら 天に 舞い上がります!!  ほとぼりの冷めたくらいのときでいいので・・・
ではでは~~。

2008/08/28 (Thu) 22:25 | もーちゃん | 編集 | 返信

jin

笑いながら書いてた作品です(笑)
WEB用の短編が、プランタンさんのHPにUPされてたけど……もう公開時期は終わっちゃったかな?


本編をいまから電子でお読みいただく方は、そちらも併せてお楽しみくださいね♪ …とか言って、UPされてなかったらどうしよう。
ちょっと探してきますv-29

2008/08/25 (Mon) 22:49 | jin | 編集 | 返信

たまこ

素敵なふたり★

 わたしも「昨日の敵は明日の恋人」は大好きな作品です。
 もーちゃんさんはあてられっぱなしでしたか。たしかに★たしかに!
 わたしはタキのあまりのかっこよさに、一世くんと一緒にぼおっとなってしまっていました。
 お互いがロミオとジュリエットのように“恋に落ちるにはあまりなふたりなのだ!”ということが発覚してからは、一世くんの気持ちももっともだと思いつつ、でもやっぱりふたりには幸せになってほしくて、はらはらしっぱなし。
 たくさんはらはら、ふたりの恋模様とえっちにどきどき、それからたくさんたくさん笑ったなーv-407v-350v-407
 そして再読のときはですね、タキさんの様子にも目がいくようになって。一世くんも舞いあがっていたけど、かっこよく振舞えているもののタキさんだって“絶対に逃がさないっ!”という決意とオーラがばしばし出ていて。そのオーラにあてられまくって、素直なもんだから一世くんは……あははは。と、思い出すだけで、笑ってしまうわたしです。
 そんなオーラというか、見えない恋の蜘蛛の糸を自在に操るタキさんも好きだし、素直だからそれらにおもしろいように反応してしまう一世くんの可愛らしさも好きなのでした。

2008/08/24 (Sun) 10:27 | たまこ | 編集 | 返信

もーちゃん

タキ&イッセイ

                                     タキとイッセイのお話 だぁい好きです。ケンカしてんのにいつのまにか なぜだか ラブラブな展開に・・・もうっ!! あてられっぱなしで 可愛いですよね~~。 愛すべき作品なので 未読の方は 是非是非~~。 わたしも、また 読みたくなってきました♪

2008/08/23 (Sat) 21:12 | もーちゃん | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント