どろーん… 

2008, 07. 15 (Tue) 09:22

暑いよぅ。暑いよぅ。
ここへきて執筆停滞。うーんんんん……。なかなかうまいこと進みまへん。
なんか気持ちがだらけてるな。

あ。
ジャクチュー17日までだった。
なんとしても8月上旬に行っとかねば。
そのためにも、テキパキ書かにゃあきまへん

だからこそ、最近連日のようにマンションの下で休憩をとるトラックに告ぐ。
いますぐ、そのアイドリングやめてもらえませんやろか。
仕事部屋が、排気ガスで臭くて息苦しいんですわ……
スポンサーサイト

コメント

jin

あれ?

ジャクチューの部分のコメントが消えてる…。
たまこさんに宛てて書いたのに。なぜ??

たまこさん>おっしゃるとおり27日まででした~! わーい!
なぜ17日と思いこんでしまったのか、その謎が解けました。
17日までしか後悔していない作品もあるのだそうです。
全部見たいので、頑張ってお仕事進めて、日参したいと思ってますv-10

今度はコメント消えないでね…。

2008/07/17 (Thu) 20:34 | jin | 編集 | 返信

jin

流血沙汰…

排気ガスに我慢ならず、窓閉めて仕事してたら、鼻血が出ました……。
室内温度34℃……。
室温が高かったからなのか、ちょうどエロシーン書いてたせいか。どっちなんだろう。ううーむ…。
そうそう。トラックは今日も停まってました。仕方なく私がキッチンへ移動し、カフェラテに舌鼓e-93
あいにく竜城はおりませんが(笑)

ダカラさん>ようこそ~♪
銀の鱗、読破ありがとうございますv-344
文庫の暁には……うーん。じつはものすごく悩んでいます。どうしようかな…と。
あとで新記事UPして、事情をお話しいたしますね。

もーちゃんさん>背徳のマリア、頑張って追っかけてくださっているのですね。嬉しい~! ありがとうございますv-278
雑誌デビューは「花降り積もる春の日に」というリーマン短編なのですが、当時は毎月のように投稿していて、先に「掲載OK」をいただいたのは、背徳のマリアが先だったのです。
でもマリアが一発目では読者さんが引くと担当さんからご忠告を頂戴しまして(雑誌掲載後、「こんな小説を載せる側の気が知れない」という読者さんからの投書もあったくらいなので、やっぱりね…/苦)、後回し掲載となったわけです。
でも、当時よりずいぶん改稿してますよ。初稿はね、読もうとしても、文章がひどくて読めませんやv-319

いまもだけどさ………v-279

2008/07/17 (Thu) 20:31 | jin | 編集 | 返信

もーちゃん

エコ

日本全国「エコ」大絶賛のこの時期 アイドリングは 敬遠されますよね。jinせんせいの執筆停滞は 読者のわたしたちにも 影響してくるんですから、ドライバーさんたちにマナーは守っていただかないと!!
ところで 背徳のマリアですが 携帯版の上巻は4部構成になってて 只今 3番目を読み終わり、4番目に突入・・黒崎医師&お兄ちゃん登場です。そんで 黒崎医師は 高校卒業したばかりだぁ。あまりにも 深い内容で・・デ、デビュー作なんですよね。 改めて jinせんせいの世界に グルグルと嵌ってってます。 恐るべし、jinせんせい・・
これから、黒崎兄弟の愛の世界 たっぷりと堪能させていただきます。   

2008/07/17 (Thu) 10:24 | もーちゃん | 編集 | 返信

ダカラ

GUSH

綺月先生
 コメント欄に初めてお邪魔させていただきます。
 GUSH8月号掲載の「銀の鱗・後編」を、無事に拝読させていただきました。

颯太は13歳・・・18歳まであと五年・・・・は四十台半ばの次郎にはあっという間なのかもしれませんね。(歳を取ると、一年があっという間に過ぎていくものですよね~~しみじみ)
 さて、この後編は家族愛に涙いたしました。颯太は、みんなに愛されて、素敵な青年に成長してくれると思うのですが、その姿は、文庫で読むことが出来るのかどうか、次郎同様心待ちにしております(笑)

2008/07/16 (Wed) 20:22 | ダカラ | 編集 | 返信

たまこ

ホームページは8月27日

v-532v-532v-496v-497
 先生のお家のまわりから、トラックがいなくなりますようにと願っています。
 夏の排気ガスほど、ストレスフルなものはないですから。
 そのトラックドライバーたちの会社の社長がもしv-531v-531だったら、「アイドリングはやめろ!休憩ならうまいコーヒーでも飲みに行け!」と、叱咤激励してくれるのにな。
 T国立博物館のホームページでは8月27日までになっていますが、変更したのでしょうか。
 日本画というのはとてつもないパワーを発散していると、わたしは思います。美術館などで実物の迫力を目にすると、魂を奪われて足が止まってしまうのです。パワーに雁字搦めになってしまうようにして。
 仕事がはかどって、早く美術館にいけるといいですねv-68v-68v-354

2008/07/16 (Wed) 14:57 | たまこ | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント