2月6日 

2006, 02. 06 (Mon) 12:43

極寒に耐えかね、両肩が悲鳴をあげております。うきゃー! って。
怠い怠い、肩が怠い。なのでダッシュで整骨院へ。
「そろそろ治療を終えてください」と保険屋からせっつかれ、整形外科のほうはすでに治療を切られてしまった。頼みの綱の整骨院も、今月で治療を終えるよう保険屋さんからせっつかれている。
だけどさ、こんなに怠くて、これからどないせーっちゅーねん……(T-T)
とにかくゴッドハンド@M先生の元へ自転車をかっ飛ばす。寒い寒い。だけど整骨院に着きさえすれば、ぬくぬくのパラダイスv
いつも混み混みの院内が、今日に限ってなぜかガラガラ。先生いわく「寒すぎて患者さんが家から出てこない」のだとか。ほほー。なのでじっくり揉んでもらっちゃいました。重い腰を上げて、家から這い出た甲斐があった♪
さて施術。しばらく私の背中を指圧していたM先生が、ぽつりと呟いた。「あ、また背中が…」。
どうやら「張っている」と言いたいらしい。「寝不足ですか?」と訊かれ、「…す、すみません」と条件反射で謝る私。
毎回丹念に揉んでもらっても、ちょっと長くパソに触ってると、すぐに背中が張ってしまう。なかなか成果が見えてこなくて、M先生に申し訳ない……。
至福の指圧タイムを終え、外に出る。と、またしても極寒! か、かんべんして…!
家までは自転車で五分。だけど、だけど……さささささ、寒いーっ! ひーっ!!!
………────てなことで。
寒さと空腹に負けて、一番近いラーメン屋ののれんをくぐってしまいました(T-T;)
だって、家に辿り着くまでに、軽く五件は視界に入る土地柄なんだよ。時刻もちょうど昼時で、あっちからもこっちからも、ぽわぁ~んってスープの匂いが漂ってくるんだよ。

店内は、建設業のおっちゃんばかり。
恥ずかしかった。でも美味かった♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント