FC2ブログ

ありがとうございました 

2019, 05. 30 (Thu) 13:53

あまりにも蕁麻疹が引かないので、いつもの耳鼻咽喉科へ。
花粉薬のシダトレンが、今月からシダキュアに変わったばかりで、
もしかしてこれが体に合わないのかな……と思って。

患部を見せると、先生いわく「これは蕁麻疹じゃないよ」。
蕁麻疹……てか、湿疹が出始めた前後の状況を話したところ、
「それは日光過敏症ですね」と断言されてしまいました(;д;)
「日に当たらないようにしてください。長いズボン穿いて」と。
「シダキュアのせいにしたら、シダキュアが可哀想だよ」と真顔で宣う先生。
はい、ごめんなさいプリキュ……違った、シダキュアちゃん(;д;)

……日曜は終日野外のお仕事だったから、
スカート&半袖で直射日光バンバン浴びていた。
あの「日光」や「紫外線」が原因だったのね。
そういや昔、日光に当たった臑が真っ赤に腫れて、
細かな水疱ができたのでした。遠い昔すぎて、忘れてた。
疲れとか、そういうことじゃなくて、「日光」……。
おぅ。

私の体、弱すぎる(;_;)
今後お外の仕事、受けられないじゃん……(;_;)

手持ちのザイザル(抗ヒスタミン薬)が効かなかったことを伝えると、
もっと強い薬にしましょうとのことで、
早速ソイツを一錠きゅっとキメました。
内服してから2時間ほど経過していますが、
痒みと皮膚の赤みが、治まってきています。
ありがたや……。


さて、そんな話がしたいわけではなく。
病院帰りに「龍と竜〜清明〜」のゲラを猫に託してから、
自分のためにケーキを買いました。
大好きなメレンゲのモンブランは品切れだったので、
中がパイになってるのを。
あとはオーソドックスにイチゴショートと、濃厚チョコレートケーキを。
贅沢できる身分じゃないけど、今日だけは特別。

慎ましく、いろいろお祝い。
23周年、24年目。
獣、商業ラスト。
龍と竜、商業ラスト。
「よく頑張ったね」と、褒めました。
私を支えてくれたキャラたちと、
最後までつきあってくださった読者様たちと、
そしてなにより、魂こめて書き続けた自分自身を。

この23年の間に、ほんっっっっっとうにいろんなことがありました。
でも、プライベートでなにが起きようと、
九堂&廉、龍&竜城、じろちゃん&颯太、
真崎&倫、史朗&那月、トーマに大悟に理久、大好きなチーちゃん、
圭介、彰、安藤仁……
この人たちを、私というフィルターを通して世に送り出すことが、
今生の私に与えられた使命であり、役割だったのだと思っています。

途中、私なかなか大きな交通事故に数回巻きこまれておりまして、
生きているのが不思議なくらいの事故が、2回あります。
そのうちのひとつ。
迎えに来てもらった車の助手席に乗ろうとしたら、
窓も開いていないのに、シートがベッタリ濡れていたので、
後部席に座ったのですが──────その、5分後。
大きな交差点。
左折すべく、ウインカーを出して停車している、こちらの車。
うしろから猛ピートで飛ばしてきたのは、一台のスポーツカー。
スポーツカーは、スピードを落としませんでした。
助手席を抉って衝突し、二台とも大破しました。

あのとき助手席が濡れていなかったら。
後部席に移っていなかったら。
私はこの世から消えていたでしょう。
そしたら廉たちも存在しなかった。
その前に、小説を書くという人生が待っていたことも、
知らないままだったんだなぁ……と。

運命は、紙一重。あの日を思いだすたび感じるのは、
いまある命は、授かり物だということ。
やるべき仕事をやり遂げなさい、という強いメッセージ。
誰かが守ってくれたという、感謝。

日々の雑務で慌ただしくしていると、
あの日の感謝も、つい忘れがちになるのですが、
読者の皆様からお手紙をいただき、
「廉たちを生んでくれてありがとう」……などという一文を目にした日には、
もう本当に、なんていうのか……
私を生かしてくださって、役割を与えてくださって、
誰かの糧にしてもらえて、喜んでいただけて、
本当にありがとうございますと、
目には見えない守護神たちに、両手を合わせて拝みます。

そういや節目の20周年には、
ガッシュさんから「獣」を再版してもらったのでした。
「東の双龍、西の唐獅子」を上梓して、
赤いカバーも鮮烈な小冊子を出していただきました。
あれって、まだ三年前なのですね。
廉たちとのつきあいが長いから、もっと昔の作品かと勘違いしそうになります。

こつこつ、こつこつ。毎日こつこつ。
そして、ふと思いだしたように振り返れば、
あっという間に三年も進んじゃってましたよ……という感じ。
時の経つのは、早すぎます。


ケーキをぶら下げて帰宅したら、
読者様からのギフトが転送されていました。

待ちきれなくて、キッチンで立ったまま読破。
早くも「獣・夜叉」の感想です。びっくりぽん(おぉ、久々)

ソラさんから


もう…………涙が止まらない。
ここまで感じてくださること、大切に思っていただけること、
私と同じ「ラストシーン」を、おそらく思い描いていらっしゃること、
全部が本当にもう嬉しくて、ありがたくて、
商業完結にしてしまうこと、本当にごめんなさい……と、
直接謝罪したいような気持ちにさせられました。

私も、言いたいことがたくさんあります。
聞いてもらいたいこと、いっぱいあります。
でも、作家は作品で伝えるしかないと思うから、
いま私が皆様にお届けできるのは、本。
お届けした書物。これが、いまの私のすべてです。


……以下、めちゃくちゃ個人的な考え方です。

読者様は、作家や作品を選べます。
だから、自分に合う作品をどんどん選んでいけば、
永遠に、この世界を楽しめます。
一時期を楽しく過ごしていただければ御の字。
万が一にも読み返していただければ、そりゃ最高に幸せです。
どんなふうにでも、自由に使ってください。
もしも飽きたら、捨ててください。
忘れて、次を楽しんでください……と思っています。
だって、「本」ですもの。
買った人が、自由に活用すればいいのです。

作家、そして作品は、読者様を「選び」ません。
読者様から「選ばれ」なければ、
作家も作品も、その人の中には存在しません。
この世に存在しないも同然です。
……と思っています。

だからこそ、思います。選んでくださって、ありがとうって。
夜空から、星をひとつだけ選ぶような確率で、
みつけてくださって、ありがとう。
手にとってくださって、ありがとう。
たとえ一時であれ、キャラたちに、こんなにも熱い思いを寄せてもらえた。
この人の長い人生の中で、一瞬でも「大好き」と感じてもらえた。
そのキラキラした瞬間、瞬間を感じさせてもらえることは、
物書きとしての私の栄誉であり、誇りです。

お手紙にしたためられた切なる想いが、嬉しかった。
「獣」を書いた人間として、心から感謝いたします。


アイスコーヒー用の豆を挽いて、
氷とミルクどっさり入れて、
ケーキを用意して。
もう一度お手紙を拝読して。

今日は、このあと放心します(笑)。
夕方になって日が落ちたら、
駅前にでも散歩に出よう。
明日は仕事だ。スーツ着て、頑張ろう。

…………いま、外の仕事のマネージャーからメールが。
「日曜の仕事、先方からお礼の連絡があったよ」とのこと。
日光湿疹、報われました(笑)。
頑張れば、きっと報われる。
頑張ろう。
どこかで誰かが喜んでくれるなら、頑張ろう。
それが私の、身に余る人生を授けてくださった方々への恩返し。



ブログ、ながーい(笑)。
では、また。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント