FC2ブログ

【宣伝】沼の竜宮城で、海皇様がお待ちかね 

2020, 07. 21 (Tue) 12:39

改めまして、8月20日発売・ラルーナ文庫のCMです。

タイトル:「沼の竜宮城で、海皇様がお待ちかね」
作   :綺月陣
イラスト:小山田あみ先生

ラルーナ文庫の担当様から、
美麗カバーの完成版が届きましたー!
「告知にお役立てください」とのことなので、載せちゃうヽ(≧∀≦)ノ

竜宮城

カバーだけ見つめていると、
ゆったりした水底で繰り広げられる、
高貴な神とのアダルトな恋愛Story……

……に、見えるでしょ?



違うんですwwwwwwwww



あらすじ等はコミコミ様でも紹介されていますが、

笑ってください( ̄∇ ̄ ;)!!!

ってお願いしておきながら、
全然笑えなかったらごめんなさい。
そのときはツボの違いだと思って、諦めてください……。

海皇様に連れられて、沼の底へ沈む夏。
一カ月後に、書店様に並びます。
物語は、4月上旬からのスタートですw
夏じゃないじゃん(ノ∇≦*)

でも物語は、とーっても涼しい(はず)です!


あと、いくつか情報を。

☆1☆ 店名は不明ですが、約1週間前からテスト販売する書店様もあるそうです。(コレ命綱 T-T)

☆2☆ コミコミスタジオ様でのご購入は、サイン入りイラストカードとSS両方ついてきます。

☆3☆ SSペーパー配布書店様一覧です。
    (10冊以上ご予約が入った書店様でもSSペーパーの配布はあるそうですが、確実に手に入れたい場合は、書店様にて事前確認をお願いします)

  ラルーナリスト


☆4☆ BL小説&マンガ投稿サイト〈fujossy〉様に、
「ラルーナ文庫・最新刊先読みページ」が設けられているそうな。
お話の冒頭30〜40ページほどを読めるそうです。
「沼の竜宮城で〜」も、まもなくアップ……かな?
よろしかったらチェックしてください^-^


各所で予約が始まっています。
どうか、よろしくお願いします!





スポンサーサイト



ラルーナ文庫8月刊、本日より予約開始! 

2020, 07. 10 (Fri) 16:22

初・ラルーナ文庫です☆彡
8月20日発売予定
「沼の竜宮城で、海皇様がお待ちかね」
著:綺月陣  イラスト:小山田あみ様

小山田あみ様とは「トリッキーゲーム」以来ですよ……ふふふ+.(*'v`*)+
すでにカバーイラストやら、ラフがバンバン届いております。
毎回ヒャーヒャー騒いでます(笑)、ひとりで((∩^Д^∩))

初めてのラルーナ文庫さんなので、
「ぎゃー! なんじゃこの作家! えぐい! きもい!」と
本を投げられてしまわないように、
ちょっとネコ被ってます|ω・`)ニャー
「この作家の本、初めて読むー。可愛い話書くんだねー」と
きゃっきゃしていただけたら……本気で嬉しい。

新しい出会いを求めて(笑)。違う(笑)。


そろそろ各書店様で、予約が始まっています。
コミコミスタジオ様では、サイン入りイラストカード&SSが。
他、10冊以上置いていただける書店様にはSSが。

SSね。
自分で言うのもなんですが、
本編を読んだら、たぶん読みたくなります(笑)。
「あー、そこをピックアップするかー!」と、
苦笑いしながら悶えていただけるかと思います。

そして、サイン。
いままでの、不二家さんみたいな(ごめんペコちゃん/笑)サインから一変し、
ガシガシ系の漢字です。
こちらも初めての登場となりますので、
お好きな特典をゲットできる書店様で
お求めいただければ幸いです。
もちろん、特典つき以外の書店様も。


いままでとイメージが違うかもしれません。
「一緒じゃん!」……かも、しれません(笑)。
ただ、コメディです。
自分では、結構笑って書きました。
そうなんです。
コメディなんです。

皆様が私に求めているのは、
背徳のマリアや獣などの、
ハードな世界観かもしれないとわかっていますが……

コメディです。

そこだけは、どうか……

どうか…………(笑)。




ガッシュ文庫PLUS、誕生☆ 

2020, 07. 10 (Fri) 16:06

❗️💝2020年7月10日・ガッシュ文庫PLUS・配信スタート💝❗️

タイトル:「罪と罰の間」
著:綺月陣  
イラスト:AZ Pt
初出:リンクスノベルズ(2010年2月発行、絶版)

〜✿〜✿〜✿〜✿〜✿〜✿〜✿〜✿〜✿

「これは新刊なの? 既刊なの?」と
混乱していらっしゃるかもしれない読者様。
今回の配信本は、既刊(リンクスノベルズ)と同じ作品です。
カバーと挿画はkindle版と同じですが、タイトルロゴのデザインは異なります。
また、kindle版は「陣屋」からの配信で、あとがきが入っています。
ガッシュ文庫PLUS版には、あとがきは入っておりません。


以下、経緯を説明させていただきますね。

「罪と罰の間」は、2010年にリンクスノベルズより発売されました。
売れなかったのかな……と思いきや、市場には中古しか出ておらず。
その後、待てど暮らせど重版はかからず、
かといって電子化もされず、音信不通で放置状態。
ノーアクション・ノータッチのまま9年が過ぎました。

その間、誰にも読んでもらえません。
まるで作品が、この世に存在していないかのような扱いです。
……在庫ゼロなので、実質扱ってもらっていないのですが。

これでは作品が浮かばれません。
作品は、作者の歴史であり、分身であり、
魂であり、登場人物たちは、私の大切な身内でもあります。
これだけ長期の放置は、さすがにキツい。

こういうの毎回思うんだけど、
売る予定が無いのなら、サッと返してくれたらいいのにな……。
発売から5年経過、もしくは作者が亡くなったら、
作者もしくは作者の遺族に全権利を戻すとか、
最初からそういう契約になれば楽なのになぁ……。


話が逸れた。

で、結果、リンクス様から自作の版権をすべて引きあげました。
AZPt様に、一個人として新たなイラストを依頼し、
kindleにて自主配信に踏み切ったのは、昨年末です。

……と、ここまでは、前にもお話したかもしれません。

で、そのあとです。
kindleで配信スタートしたものの、動くのは月に数冊。
「どんな具合ですか?」と連絡をくださったのは、
ガッシュ文庫で14年間支えてくださった担当、T様。
あまり動きがないことを伝えると、
なんと、電子配信に向けて動いてくださいました……!

うひゃーーーーーーーーー❗️ です(T0T)💕


電子では「ガッシュ文庫DIGITAL」というレーベルが存在しますが、
(自著の「鴉」が、ガッシュ文庫DIGITALです。最近まで知らんかったw)
著者が「同人誌」等の扱いで、すでに自主配信や頒布をしている作品は、
ガッシュ文庫PLUS という新レーベル名で、配信していただけることになりました。

新しい「おうち」ですよ +゚。*(*´∀`*)*。゚+


紙本のガッシュ文庫が休刊になって、約一年。
ガッシュ文庫DIGITAL、ガッシュ文庫PLUS……
英語のおまけがちょこんとくっついたレーベル名で、
恥じらいながら(笑)復活のようです(」*´∇`)」<オメデトー


どうか、応援お願いします。
しっかり続いていきますように。
これから先、安定した配信が成されますように。
皆様に周知されますように。
愛されますように。


陣屋配信の「罪と罰の間」は、kindle版のみ。
ガッシュ文庫PLUS配信の「罪と罰の間」は、
コミックシーモア様、Renta様、BOOK☆WALKER様、
Reader Store(Sony)様……他、多数電子書店様にて配信中です。

同時に、本日7月10日(金)から7月23日(木)まで
新刊配信キャンペーンとして、
ガッシュ文庫の綺月既刊が「30%オフ」で読めちゃいます!
この機会に、まだ読んでなかったよ〜の一冊、
よろしかったらポチしてください^-^

ガッシュ文庫PLUS、よろしくお願いいたします!