FC2ブログ

ありがとうございました 

2019, 05. 30 (Thu) 13:53

あまりにも蕁麻疹が引かないので、いつもの耳鼻咽喉科へ。
花粉薬のシダトレンが、今月からシダキュアに変わったばかりで、
もしかしてこれが体に合わないのかな……と思って。

患部を見せると、先生いわく「これは蕁麻疹じゃないよ」。
蕁麻疹……てか、湿疹が出始めた前後の状況を話したところ、
「それは日光過敏症ですね」と断言されてしまいました(;д;)
「日に当たらないようにしてください。長いズボン穿いて」と。
「シダキュアのせいにしたら、シダキュアが可哀想だよ」と真顔で宣う先生。
はい、ごめんなさいプリキュ……違った、シダキュアちゃん(;д;)

……日曜は終日野外のお仕事だったから、
スカート&半袖で直射日光バンバン浴びていた。
あの「日光」や「紫外線」が原因だったのね。
そういや昔、日光に当たった臑が真っ赤に腫れて、
細かな水疱ができたのでした。遠い昔すぎて、忘れてた。
疲れとか、そういうことじゃなくて、「日光」……。
おぅ。

私の体、弱すぎる(;_;)
今後お外の仕事、受けられないじゃん……(;_;)

手持ちのザイザル(抗ヒスタミン薬)が効かなかったことを伝えると、
もっと強い薬にしましょうとのことで、
早速ソイツを一錠きゅっとキメました。
内服してから2時間ほど経過していますが、
痒みと皮膚の赤みが、治まってきています。
ありがたや……。


さて、そんな話がしたいわけではなく。
病院帰りに「龍と竜〜清明〜」のゲラを猫に託してから、
自分のためにケーキを買いました。
大好きなメレンゲのモンブランは品切れだったので、
中がパイになってるのを。
あとはオーソドックスにイチゴショートと、濃厚チョコレートケーキを。
贅沢できる身分じゃないけど、今日だけは特別。

慎ましく、いろいろお祝い。
23周年、24年目。
獣、商業ラスト。
龍と竜、商業ラスト。
「よく頑張ったね」と、褒めました。
私を支えてくれたキャラたちと、
最後までつきあってくださった読者様たちと、
そしてなにより、魂こめて書き続けた自分自身を。

この23年の間に、ほんっっっっっとうにいろんなことがありました。
でも、プライベートでなにが起きようと、
九堂&廉、龍&竜城、じろちゃん&颯太、
真崎&倫、史朗&那月、トーマに大悟に理久、大好きなチーちゃん、
圭介、彰、安藤仁……
この人たちを、私というフィルターを通して世に送り出すことが、
今生の私に与えられた使命であり、役割だったのだと思っています。

途中、私なかなか大きな交通事故に数回巻きこまれておりまして、
生きているのが不思議なくらいの事故が、2回あります。
そのうちのひとつ。
迎えに来てもらった車の助手席に乗ろうとしたら、
窓も開いていないのに、シートがベッタリ濡れていたので、
後部席に座ったのですが──────その、5分後。
大きな交差点。
左折すべく、ウインカーを出して停車している、こちらの車。
うしろから猛ピートで飛ばしてきたのは、一台のスポーツカー。
スポーツカーは、スピードを落としませんでした。
助手席を抉って衝突し、二台とも大破しました。

あのとき助手席が濡れていなかったら。
後部席に移っていなかったら。
私はこの世から消えていたでしょう。
そしたら廉たちも存在しなかった。
その前に、小説を書くという人生が待っていたことも、
知らないままだったんだなぁ……と。

運命は、紙一重。あの日を思いだすたび感じるのは、
いまある命は、授かり物だということ。
やるべき仕事をやり遂げなさい、という強いメッセージ。
誰かが守ってくれたという、感謝。

日々の雑務で慌ただしくしていると、
あの日の感謝も、つい忘れがちになるのですが、
読者の皆様からお手紙をいただき、
「廉たちを生んでくれてありがとう」……などという一文を目にした日には、
もう本当に、なんていうのか……
私を生かしてくださって、役割を与えてくださって、
誰かの糧にしてもらえて、喜んでいただけて、
本当にありがとうございますと、
目には見えない守護神たちに、両手を合わせて拝みます。

そういや節目の20周年には、
ガッシュさんから「獣」を再版してもらったのでした。
「東の双龍、西の唐獅子」を上梓して、
赤いカバーも鮮烈な小冊子を出していただきました。
あれって、まだ三年前なのですね。
廉たちとのつきあいが長いから、もっと昔の作品かと勘違いしそうになります。

こつこつ、こつこつ。毎日こつこつ。
そして、ふと思いだしたように振り返れば、
あっという間に三年も進んじゃってましたよ……という感じ。
時の経つのは、早すぎます。


ケーキをぶら下げて帰宅したら、
読者様からのギフトが転送されていました。

待ちきれなくて、キッチンで立ったまま読破。
早くも「獣・夜叉」の感想です。びっくりぽん(おぉ、久々)

ソラさんから


もう…………涙が止まらない。
ここまで感じてくださること、大切に思っていただけること、
私と同じ「ラストシーン」を、おそらく思い描いていらっしゃること、
全部が本当にもう嬉しくて、ありがたくて、
商業完結にしてしまうこと、本当にごめんなさい……と、
直接謝罪したいような気持ちにさせられました。

私も、言いたいことがたくさんあります。
聞いてもらいたいこと、いっぱいあります。
でも、作家は作品で伝えるしかないと思うから、
いま私が皆様にお届けできるのは、本。
お届けした書物。これが、いまの私のすべてです。


……以下、めちゃくちゃ個人的な考え方です。

読者様は、作家や作品を選べます。
だから、自分に合う作品をどんどん選んでいけば、
永遠に、この世界を楽しめます。
一時期を楽しく過ごしていただければ御の字。
万が一にも読み返していただければ、そりゃ最高に幸せです。
どんなふうにでも、自由に使ってください。
もしも飽きたら、捨ててください。
忘れて、次を楽しんでください……と思っています。
だって、「本」ですもの。
買った人が、自由に活用すればいいのです。

作家、そして作品は、読者様を「選び」ません。
読者様から「選ばれ」なければ、
作家も作品も、その人の中には存在しません。
この世に存在しないも同然です。
……と思っています。

だからこそ、思います。選んでくださって、ありがとうって。
夜空から、星をひとつだけ選ぶような確率で、
みつけてくださって、ありがとう。
手にとってくださって、ありがとう。
たとえ一時であれ、キャラたちに、こんなにも熱い思いを寄せてもらえた。
この人の長い人生の中で、一瞬でも「大好き」と感じてもらえた。
そのキラキラした瞬間、瞬間を感じさせてもらえることは、
物書きとしての私の栄誉であり、誇りです。

お手紙にしたためられた切なる想いが、嬉しかった。
「獣」を書いた人間として、心から感謝いたします。


アイスコーヒー用の豆を挽いて、
氷とミルクどっさり入れて、
ケーキを用意して。
もう一度お手紙を拝読して。

今日は、このあと放心します(笑)。
夕方になって日が落ちたら、
駅前にでも散歩に出よう。
明日は仕事だ。スーツ着て、頑張ろう。

…………いま、外の仕事のマネージャーからメールが。
「日曜の仕事、先方からお礼の連絡があったよ」とのこと。
日光湿疹、報われました(笑)。
頑張れば、きっと報われる。
頑張ろう。
どこかで誰かが喜んでくれるなら、頑張ろう。
それが私の、身に余る人生を授けてくださった方々への恩返し。



ブログ、ながーい(笑)。
では、また。



スポンサーサイト



ガッシュ文庫・令和フェス! 

2019, 05. 29 (Wed) 18:35

ガッシュ文庫・令和フェス
2019 in コミコミスタジオ

詳細は、こちらでご確認ください。
令和フェア


前に「SSを書いた〜」とTwitterでもご報告しましたが、
あれは、今回のフェス用原稿でした。
詳細は私もよくわからない(うまく説明できない)ので、
コミコミスタジオ様のサイトでご確認くださいね。

小冊子は「令」と「和」の2冊だそうです。
私は「和」のほうに参加しています。

よろしかったら、お申し込みください^-^



ガッシュ文庫「獣・夜叉」発売 ! 

2019, 05. 26 (Sun) 23:07

ガッシュ文庫「獣・夜叉」綺月陣/ill,亜樹良のりかず様
2019年5月28日発売

covのコピー


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
どうか、読んでください。
「獣」シリーズの噂を聞いて、
手を出しあぐねていらっしゃる方も、
どうか、いま紙の本として存在しているうちに、
お手にとってみてください。

興味がないものを「読んで」とは言いません。
でも、もし興味を持っていただけるのでしたら、
お早めに、お手元に揃えていただけると嬉しいです。

この作品は、何度も「ええっ!」と驚いて、
ページの前後を行ったり来たり、
そうやって読む楽しさ満載のシリーズです。
ですので、個人的には紙がお勧めです。


いろいろ力及ばずで、
獣シリーズ、商業誌ファイナルとなりました。
まぁ……もともと終わっていたはずのシリーズを
こうして一冊出せただけでも御の字かと。
思えば、ありがたいことです。

形あるものは、いつか終わる。
わかっているけれど、寂しいです。

番外が、あと少しで完成するので、
年内に自主電子化を考えています。
おそらくBOOTHになるかと思います。
その際には、また九堂や廉、洋平に会ってやってください。

関連作品、ご一同様 

2019, 05. 22 (Wed) 13:23

ガッシュ文庫「獣・夜叉」発売、秒読みです。
「獣」を書いたのは、マガジンマガジン社様から、
「うちの雑誌で書きませんか?」とご連絡をいただいたから。
いま思えば、運命の一報でした。
自分から持込営業とか、怖くてできないチキンなので、
これにはめちゃくちゃ感謝しています。

そのとき手元にあったのは、こんなプロット。
「目覚めたら、廃校のようなボロボロの病室で顔面を整形されていた」廉が、
瑛という名の赤の他人かつ暴力団の跡継ぎの身代わりを強要される。
瑛の親である組長に、息子が死んだと気づかせないための、
九堂による拉致監禁下で行われた所業────……。

と、しょっぱなから顔面整形&暴力行為オンパレードでは、
あまりにも、あまりすぎるよな……と悩んだ末に、
瑛と廉を兄弟にして、九堂ちゃんと愛を育ませました。
そして、手ぶらで打ち合わせに行くのは失礼かなと思い、
どうせならプロットじゃなくて読んでもらおう、と書きあげて。

昭和の名残の喫茶店で、一気読みしてくださった担当様。
「人を殺しすぎですが、まぁ、愛があるから大丈夫でしょう」。
この太っ腹なコメントのおかげで、「獣─ケダモノ─」は世に飛び出しました。

それ以降は皆様ご存じのとおり、
BL界の端っこに指先を引っかけて、なんとか生き残り、
龍と竜、東西へと世界を広げることができました。
そんな物語が、今月末に商業ラストを迎えます。

なんていうのか……、もう、人生?
うん。
私が彼らを書いているというより、
彼らが私の暮らしのリズムを作り、
私の時間を使って、自分の人生を歩んでくれました。
私は彼らの一部であり、彼らも私の一部です。
彼らとともに、私は生きてきたんだなーと。

関連作を……それこそSSや小冊子、同人誌も。
全部並べて、つくづくそう思わされました。
私たち、ずーっと一緒に生きてきたね、と。

こんなにもたくさんの、関連本。
カバー一覧
出してくださった出版社様、
大好きな担当様&読者様。
皆様のおかげです。本当に、ありがとうございます。
あっ! CD並べるの忘れた〜!!!アカンヤン……(;д;)


廉と颯太が登場する作品だけでも、このとおり!
背表紙

今回の「夜叉」にも、ちょこっと颯太が。
来月の「清明」にも、ちょこっと廉が。
それぞれ、いい感じで登場します。


大事な大事な、命のしずく。
日々の凝縮です。
この人たちとともに歳を重ねた私の、
仕事というより、人生の履歴書みたいなものです。

夜叉ですが、すでに多くの方にご予約いただいているようです。
ありがとうございます。
もし、期待通りの話じゃなかったとしても……怒らないでくださいね。
もともと獣って、そういうスタートだったし。
期待通りの結末を楽しみたい場合は、
同人誌を、ぜひ(獣の同人誌ってことではなく)。

ガッシュ文庫「獣・夜叉」
商業ラストの、ケモやんです。
発見したら、ガッと捕獲してやってください。




「獣・夜叉」の確保、お急ぎください! 

2019, 05. 22 (Wed) 11:30

28日発売の「獣・夜叉」ですが、
現在Amazonさんと楽天さんで、取り扱い不可になっています。
担当様がおっしゃるにはシステムエラーだそうですが、
心配になって、他のオンラインストアも見てみたら、
TSUTAYAさん、Neowingさん、hontさん……
こちらも全滅でした。

「再入荷予定はありません」と表記されている書店もありますので、
いまどこかで扱っていただいているうちに、ご予約ください。
でないと、二度と手に入らない可能性大です(;_;)

紙本がなくなったら、何カ月後かには電子書籍にしていただけるかなとは思います。
でも、できれば紙で、亜樹良先生渾身のカバーイラストとか、
モノクロも本当に丁寧で、かっこよくて、
廉と洋平のとあるシーンなんて、もう言葉に尽くせないほど最高で……!
マジマジと見ていただきたいです。

紙で読みたい方、眺めたい方、
注文できる書店様で、どうかよろしくお願いします(;_;)
オンラインよりも、お近くのリアル書店様でご予約いただくほうが
確実かもしれません。
書店に並ばないなんてことはないと思いますが、
もう、めちゃくちゃ不安……(´;ω;`)

発売が一カ月延期になって、
そして今度はエラーって……。

なんだかもう、不運すぎる。
泣きたいよ…………




……と、本当に涙ポロポロしていたら、
Twitterで皆様が慰めてくださって、
ゆっくりゆっくり気持ちを立て直して、
あーやっぱり読者様がいてくれるって幸せだなと感謝していたら、
13:30、Amazon様で販売再開いたしました!

担当様にも、ずいぶん慌てさせちゃって、
本当に申し訳ない。

ありがとうございました(´pωq`)



同人誌の在庫について・2 

2019, 05. 19 (Sun) 12:33

フロマージュ様の通販ページで
売り切れになっていた同人誌「獣・艶髪」ですが、
取り扱いOK表示にしていただけました。
もうすぐ「獣」の新刊が商業で販売となりますので、
よろしかったら、合わせてお読みください^-^
廉が、刃物恐怖症を煩ったことを自覚する際のお話です。
洋平の優しさにウルウルくる人、続出です(知らんけどw)。
「獣・夜叉」にも刃物恐怖症のエピが少し出てくるので、
まだお読みでない方は、ぜひ^-^

その「獣・艶髪」。残数わずかのようですが、
売り切れても、追納は受け入れてもらえない可能性大です。
過去の同人誌は動きが鈍いようで、
アニメイトさんの通販でも、
今後の引き受けは不可とのことでした。
ああ……せちがらい世の中。

私の手元では在庫あるので、どうしたものか。
なんだか、いろいろ混乱中。
校正作業が終わったら、ちょっと他の方法考えてみますね。


なにはともあれ「獣・艶髪」。
フロマージュ様での取り扱い再開です。
ご検討いただける方は、お早めにどうぞ^-^




今日から清明の校正作業! 

2019, 05. 17 (Fri) 12:58

ついにこの日がやってきた……な気分です。
いま編集部から「龍と竜 〜清明〜」の著者校正原稿が届きました。
私の脳内で生まれた物語や人々が、
多くの皆様のお手元に「形」として届く日が、刻一刻と近づいております。
彼らの人生が動きだします。
楽しみでもあり、怖くもあり。


彼らは、生きています。
少なくとも、私にとっては。
つきあいが長すぎて、そんなふうに錯覚してしまいます。
街に、いるんじゃないのかな……って。
駅の改札で、偶然すれ違っているような。
九堂や廉は、ちょっと見当たらない(笑)けれど、
竜城や颯太は、本当にどこかにいるような気がしてなりません。

こちらは6月28日発売予定。
その前に、今月末は獣が控えていますね。
明日は遠方に派遣のため、
早朝から新幹線に飛び乗らなければならないのですが、
せっかく10日前のカウントダウンに入るので、
夜……何時くらいかな、9時までにはアップできるかな。
帰宅時刻次第ですが、「獣・夜叉」の新しい動画をツイしますね。
使用しているイラストは前回のツイと同じですが、
BGMは変わりますので、お楽しみに^-^♪


今日はね。「獣・焼酎」と「獣・清酒」をいただいてしまい……w(感謝!)
「獣」に傾きかける気持ちを、よっこらせっと「龍竜」寄りにして、
書店に並べていただく日を指折り数えながら、頑張りますね!

自分の本が書店に並んでいるところを
なかなか目撃できずにいるので、
今度ばかりは書店に走って目に焼きつけないと、一生後悔しそう。
獣の1巻から、ずらっと並べてくださる書店様が、
どこかにあったらいいなぁ(そんな夢みたいなこと……)。
そしたら絶対見に行くのに。遠いところは無理だけど。
とりあえずは、自分ちの本棚に並べて写真撮ります^-^♡

さ、校正がんばろ。
でもその前に、お昼ごはん食べよw




同人誌の在庫について 

2019, 05. 15 (Wed) 23:44

本日23:35現在、
フロマージュ様で「獣・艶髪」が売り切れになっていますが、
コミコミスタジオ様&私の手元にも、在庫あります。
フロマージュ様のサークル管理者ページで在庫を確認してみると、
こちらでも「在庫」はしっかり確認できております……。
単にフロマージュ様の販売サイトだけで「売り切れ」になっている、この不思議。。。

在庫あるのに、扱っていただけないという……。

もう、自家通販したほうがいいのかな(´・_・`;)
BOOTHだったら、お互いの住所氏名を報せず、やりとりできるみたいだし。

とにかく「獣・艶髪」ご希望の方、
コミコミスタジオ様で取り扱っていただいておりますので、
ヤフオクで落とさず、コミコミ様に飛んでくださいませ〜; ;


電子書籍ご紹介【隣の据え膳】ごはんイラストつき 

2019, 05. 10 (Fri) 15:08

Kindleと、BOOTHの「綺月陣の電子書店【陣屋】」に、
新刊が入荷しました(^-^)/

【隣の据え膳】作:綺月陣 ごはんイラストつき☆ 
据え膳カバー

◆商業BL誌掲載作(2009年、同タイトル)

社会人三年目の松居美智也は、同僚の多宮桜に憧れている。
学生時代から利用している賃貸アパートが手狭になり新規物件を検討中に、
桜から「隣の部屋が空いている」と勧められ、有頂天で契約するが、
転居してみれば、なんと桜には文筆業の夫がいた!
あえなく失恋した美智也だが、持ち前の明るさで新生活スタート。
だが常に空腹の桜の夫が、美智也の手料理に目をつけて……!?

上から目線の文筆家✖️料理上手なサラリーマンの、
ライトBL・ハートフル・ラブコメディ!

BOOTH   350円
Kindle   450円

※ロイヤリティの違いにより、金額差をつけています。ご了承ください。
※BOOTH以外の配信は、Kindleと同じ価格です。
※楽天koboさんにも挑戦中ですが、
Eなんちゃらがわからなくて、ファイル変換がうまくいかない……。
明日、派遣業務が終わったら頑張ってみるから、楽天ユーザーさん、待っててね。

ちなみに表紙の黄色い固まりは、甘い卵焼き、
ごはんはお赤飯ですヽ(´∀`)ノ

作品に登場する美味しいごはんは
実際の料理を写真に撮り、イラストタッチに加工しました。

こんな感じで、本文中に添えています。

ロースト

以前Twitterで、電子書籍のイラストについてアンケートした際、
「いきなり○○シーンがあると、電車内で慌ててしまう」などのご意見をいただきました。
でも、イラストはあったほうがいい、という結果に。

いろいろいろいろ考えて、今回はこれでチャレンジです。
(ちなみに雑誌掲載時の挿画は、AZ Pt先生でした\(^o^)/)

自宅ではなく、電車やバスなどで読む人を想像してみました。
移動中でも楽に読めるよう、でもスカスカにならないよう、
行間は紙本より少し少なめの、1ページ14行で組んでみました。
内容もあまりエッチじゃなくて、ほどほどに笑えて、重くなくて、
でもイラストが入っていて……満員電車で手元を覗かれても、そのまま読める。

そしたら、わりと気楽に読めるんじゃない?
と、思った次第です。
「こういう小説のアプローチ、おもしろい!」と
ひとりでも多くの方に喜んでいただけたら幸いです。

綺月陣の作品だけど、誰も死にません。
血しぶきもないし、極道もいません。
それどころか、「えっ? これ綺月?」と、
カバーを二度見……三度見、四度見してしまうことでしょう。

私だって日常甘々ライトBL、書くんだもーん(-Φ-)



令和スタート1週間 

2019, 05. 08 (Wed) 00:06

平成終わって、令和のブログ書いてなかった!
でも、もう別にそこまでレイワーって感じでもなくw

いま、派遣のお仕事の在宅雑務を片づけていました。
こんな時間でもメールがくるよ……恐ろしいよ。
思っていたより時間を取られるので、ちょっと割に合わないかも。
でも笑顔でできる仕事なので、そこは幸せ(#^.^#)


さて、いきなりですが。
令和はBL以外も書きたい。
もちろんBLも書きたいけれど、それ以外にも挑戦したいなと。
ふと、そんなことを思ったので言葉にしてみました。
おいしいご飯がたくさん出てくるお話とか、
お仕事を頑張る物語とか、書きたいです。
週に1日しか開いていない訳あり書店のお話とか、
昔々に書いた「ブライダル・パニック」の女の子バージョンのお話。
もちろん、どれもHナシで。
プロットは書けているので、あとは脳内映像待ち。

……おぅ。また仕事メールが来たよ。
もう23:47やん。何時まで働かせるの。



いま一番早く文章に起こせそうなのは、
竜城の経営するCafeにやってくる、お客様たちの話。
お仕事して、生活している、竜城たちスタッフの日常の話
今回の「龍と竜〜清明〜」を執筆する前から温めていて、
すでにプロットが三本あります。
これもニアBLくらいで、本格的なHシーンはナシ。

どれかひとつ、年度内に一本書きあげられたらいいなと、
自分の心に締切を設定中です。
どこかの出版社様、拾ってくれませんか……。

それとも、こういうのは同人誌の範疇なのかな?
薄い本を作ってしまうと、もう在庫の置き場がないので、
だとしたら電子書籍?
でも文庫で読みたいな。自分が。
だから、できれば商業に挑戦したい。

言葉にしていれば、いつかきっと叶う。
だから、令和の初宣言。


一生BL小説を読んでいたければ、
BL作家になるしかないと思って、この道に飛びこんだけれど、
いまはなんというか……
BLだけに拘らず、自分の小説が読みたいな(書くのではなく/笑)。

読んでもらう幸せも覚えちゃったから、
やっぱりどこかで発表したい。
だったらどうしたらいいのかなと考えて、
いま、いろいろ模索中です。

ダメだったら、自分で電子にすればいいのだし。
そういう意味では、発表の場は増えたのかな。

さて、寝よう。
そして、明日も頑張ろう。…………もう今日だね。

おやすみなさい。