本年も、ありがとうございました☆ 

2016, 12. 29 (Thu) 13:18

公私ともにドッタンバッタン七転八倒だった一年が、
まもなく幕を降ろそうとしております。
皆様にとって2016年は、どんな年でしたか?
振り返る時間もないくらい、大掃除に追われている最中でしょうか(/・ω・)/ ♪


BLワールドに出戻らせていただいた去年は、
『いつもシリーズ』の再販ラッシュとなりました。
今年も再販ラッシュでしたが、昨年とは大きく毛色が異なり、
ダークサイド寄りの一年となりました。
まず一発目に桜雲社様から『銀の不死鳥』、イラストは yoco様!
電子から紙媒体への、逆転発行となりました。
紙で残していただける夢が叶い、手にしたときは震えました。
桜雲社様、ありがとうございました。
またなにか「これ、どやねん」な遺物がみつかりましたら、
いつでもお声をお掛けください(」*´∇`)」


続いて、春から夏にかけては『獣』リターンズ!
修正続きのおかげで、手と頭が文章のリズムに慣れてきたころ、
まさかのキャラで『東の双龍、西の唐獅子』が誕生しました。
イラストは、もちろん亜樹良のりかず様!
阿鼻叫喚(笑)のオラオラ系バイオレンス血みどろ小説、
なんとかBL枠に置いていただき、四冊連続刊行が叶いました。
再販を決断して下さった担当T様ならびにガッシュ編集部の皆様に、
心より御礼申し上げます。

そのあとは、もう一冊だけ『いつも』の番外編を。
イラストの周防佑未様が、快くおつきあいくださいました。
こちらは、またもケチョンケチョンのようですね。
もう怖いから、見もしません(笑)。
そしてなにより、去年ほどは凹まずに過ごせました。
楽しんでくださった方々が、お手紙やTwitter、
ブログ経由のメッセージで、お気持ちを届けて下さったから。
直接私に伝えてくれる、応援してくれる、この方たちを大切にしようと思えたから。
だから、折れずにいられました。
すごく励まされました。
本当にありがとうございました。

コミコミスタジオさんが作ってくださった、可愛らしい特典小冊子も♪
じつはあれ、復帰後初めての書き下ろしです。
この場所で生き直そうという私の決意が、
もしかしたら真崎に投影されてしまったかもしれません。
物書きとしては良くないことかも知れませんが、
個人的には、愛着のある一冊となりました。


そして年末、12月。
デビュー20周年記念小冊子を、
ガッシュ編集部様のご厚意で作っていただき、皆様へお届けすることができました。
じつはこちらへの肯定的なご感想が、たくさん手元に届いております。

短編二作ですが、めちゃくちゃノリノリで書きました。
マイ・ベストトークは、「ちゃう。プーさん」です(笑)。
廉がぱっと颯太に言い返した直後、自分でも爆笑してしまいました。
次点は「心の指」、九堂の「落とし物やったら交番に…」のソフトなボケが、優しくて好きです。
ただボケているだけでなく、九堂は廉の気持ちを解そうとしているので。
意図して…ではなく、ごく自然に。
九堂と廉の、独特の関係性が伝わる一言かなぁと。
クスッとくるのに、ちょっと切ない、みたいな。
そしてじんわり暖かい、みたいな。

キャラ同士のこういうやりとりがスルッと自然に出てきたときは、
きっと満足のいく仕上がりになるぞと、
自分でも少しだけ自惚れます。
だから、自惚れが空回りにならずに済んで、ホッとしています。

今年最後のお届け作品で、多くの読者様が楽しい時間を過ごして下さった。
よかったよーと、感想もいっぱい届けてくださった。
拝読するたび笑顔になれる感想で、免疫力も間違いなくアップ(笑)!
作品の中から、なにか感じとっていただけること、
キャラと一緒に笑ったり怒ったり悩んだりして、
彼らが本気で生きている時間に、寄り添い、共有してくださること。
私にとっては、それがなによりのご褒美です。
エネルギーを分けてくださって、心より感謝します。

今年もたくさんのエールを、ありがとうございました。
来年も、泣いたり笑ったり照れたり悶絶したり叫んだり(笑)の、
ジェットコースターみたいな小説をお届けできれば幸いです。

皆様のエールに応えられるよう、来年も頑張らせていただきます(* ´ ▽ ` *)
どうか皆様、良いお年を!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Twitterでは年末年始に関係なく呟くかと思われます。
フォロー大歓迎♪
「綺月陣」で検索してみてくださいね+゚。*(*´∀`*)*。゚+




スポンサーサイト

いろいろお祈り 

2016, 12. 16 (Fri) 14:12

ずっと捏ね回していた原稿を再度ボツにして、
いま三度目の執筆やり直し中。
集中力の維持が、こんなにも難しいとは。
三度目の正直で、今度こそキャラが動きますように。

────・────・────・────

いま、ワンコが入院している病院の担当医から連絡があり、
不正出血しているとのこと。
検査のため、麻酔しますのでご了承ください、と。
小さな体で、何度も麻酔。
ワンコ、いまなにを思っているだろう。
どうしてこんな目に遭わせるの? と、
文句のひとつも言いたいのではなかろうか。

一昨日も昨日も、モニター越しの面会。
点滴が外れると危ないし、
帰れると思って動き回るといけないので、
直接会うのはNG。
痛みが無く、不安も少なく、
私が迎えに行く日まで、
どうか安静に過ごせますように。

ワンコにプレゼントを送ってくださった読者様。
お気持ち、本当に嬉しかったです。
ワンコ、とっても喜ぶと思います。
私も、とっても嬉しいです(* ´ ▽ ` *)
ありがとうございました。

────・────・────・────

お外の仕事も、年内の大きな業務は明日で終了。
それさえ無事に終われば、通常業務に戻れます。
繁忙期さえ過ぎてしまえば、体は一気に楽になるから。

ワンコが退院したら、今度は自分のケアに行かねば。
歯の定期検診、春からずっと行ってませんでした。
いま、じんわりと奥歯が痛い……。
でも、明日。
とにかく明日は、気合いで痛みを止めてみせる。

────・────・────

ワンコのジャーキーと一緒に、
お座りミッキーポーチも、いただきました。
ありがとうございます…!
顔がない、ほんのりシュールなテイストでフワフワの子。
この子、好き(´∀`*)
お仕事行くとき、おやつとスマホ入れていこう♪


いまから外のお仕事です。
その前に、もう少しだけ原稿を進めようかと。
ワンコの検査も、同時進行で連絡待ちです。

全部、全部、滞りなく進みますように。
なんの心配もなく、年の瀬を迎えられますように。






20周年小冊子☆ 

2016, 12. 05 (Mon) 20:56

デビュー20周年記念小冊子が、
今日続々と皆様のお手元に届いている様子。
「「来たよ♪」報告、たくさんちょうだいしております。
待っててくださったんだなぁ…と感動。
ご応募くださった皆様、お待たせしました。
ありがとうございました。

「獣」をもう一度復活させてくださったGUSH編集部様と、
ずーっと応援してくださっていた皆様へ、
いまの私ができうる限りの「獣愛」を詰め込んだ「獣&東西」小冊子。
どうか手放さないでやってください。
お手元に置いてやってください。

楽しい読書タイムを過ごしていただけますように。
読了後、応募してよかったと思っていただけますように。
それが一番の願いです。

20周年を祝ってくださった皆様、
本当にありがとうございました。
お祝いの一冊、ご堪能いただければ幸いです。


20周年記念小冊子、発送☆ 

2016, 12. 03 (Sat) 17:07

Twitterで流れてきましたので、お知らせをヾ(・∀・)ノ
「綺月陣デビュー20周年企画小冊子」の発送が完了したそうです!
来週頭には、皆様のお手元に届くかと。
ガッシュ編集部の皆様、
発送作業ありがとうございました。

獣の再版分からの小冊子ですので、
内容は獣が一本、東西も一本。
東西番外をお読みいただいたあとは、
ぜひ皆様、浅草へ……(笑)。

皆様に喜んでいただきたくて、
そして自分が読みたくて、書きました。
楽しい読書タイムになりますように。