獣まつり近日終了&ワンコのこと 

2016, 08. 29 (Mon) 13:18

春のパン祭……じゃなくて、獣まつり。
4月から7月までの間に海王社様から出していただいた、
ガッシュ文庫「獣」&「東西」の帯についている応募券2枚で、
「獣」「東西」の続きが読めちゃう小冊子をプレゼントいたします…という企画。
8月31日の消印有効です。
もうちょっとだけ、ひと夏の夢を観てみたいなと思われる方は、
「期日厳守」でご応募ください。
お待ちしております。


獣まつりフィナーレに向けて、
ひとつ創作ネタを☆
Twitterのフォロワーさんが「犬ネタ」を呟いてくださっていたので、
それについて、ちょっとネタばらし(笑)。
旧版のときにも、もしかしたら話してるかな???


「壊滅」に出てくる竜神丸。
実在の人物……じゃなくて、犬物です(笑)。
私がまだ小学二、三年くらいかな?
記憶は定かではありませんが、うちで飼っていた土佐犬です。

いまは亡き父は、大型犬が大好きでした。
私が産まれた当時も秋田犬を2頭飼っていたようです。
写真でしか観たことがない理由は、「子供がいる家では危険だから、人に譲った」だそうな。
そりゃそうだ。

でも父は、大の犬好き。
秋田犬を手放したあとも、ずーっと犬に恋していたようでした。
で、ある日突然、茶色い可愛いワンコを連れて帰ってきたわけですよ。
名前をつけていいと言われたので、「ペケ」って名付けました。
よもやそれが、土佐犬だとも知らずに。ペケですよ、ペケ。

ペケ、あっという間に巨大化しました。
普通の犬小屋では当然飼えなくなりまして、
大工仕事の上手な父(当時住んでいた小さな平屋も父が自分で建てたそうです)は、
人間たちの住処より広々としたペケの家のみならず、放牧の柵のようなものまで作りました。
その柵を跳び越えるほどに成長すると、今度は屋根まで届く金網付きの檻を作りました。
もう完全に動物園の、肉食獣の檻ですヽ( ̄д ̄;)ノ

なにが大変って、散歩です、散歩。
いまでいう「リード」は、ペケの場合は太い綱。
横綱の土俵入りのときに捻って作る、あれの細いバージョンです。
その綱の端を、父は自分の腰にしっかり巻きつけ、
体重をうしろに預け、ペケに引っぱらせるようにして運動させるというわけです。
見ているかぎり、散歩じゃなくて綱引きでした。

危険だから…と言われつつも、私も父の監督の元で散歩させたことがあるのですが、
父が手綱を引いているときとは完全に異なり、ペケが何度も私を振り向く(笑)。
手綱も、全然ピンと張らない。だって、ペケがすぐに足を止めてしまうから。
振り向いたときの顔、目に焼き付いてます。眉がハの字(眉あるの?/笑)の心配顔。
引っぱっては危険だと、私を案じてくれたのでしょうか。犬なりに。
それとも「あんたじゃなくて、お父ちゃんに代わってよ」と不満を漏らしていたのでしょうか。

そして、なんの予告もなく訪れた別離の日。
ペケは、闘犬家のおうちへ引き取られていきました。
親のやっていることは、私にはよくわからなかったのですが、
そのころ鳩も20羽くらい飼っていた(鳩タワーも父が制作)のに、全部誰かに渡してしまって…。
もしかしたら、そういう副業をしていたのかもしれません。
子犬から預かって、大きく育てて報酬を得るとか、
鳩も卵を孵して増やして賃金を得る、みたいな?
父に確認したことはないので、想像ですけど。


で、ペケ。
初めての対戦があるというので、「見に行くか?」と父に誘われました。
が、行きたくないです。小学生でもわかります。闘犬の意味くらい。
残酷なことをする人だ…と、暗い気持ちになったのを覚えています。

ペケは「竜神丸」という名前をいだたいて、
しばらくは闘犬界で活発に活躍していたようです。
でも私にとっては永遠に、大きくて強くて、子供には優しいペケちゃんです。

「壊滅」でワンコをうっかり登場させてしまったとき、
なにも考えずに「竜神丸」と名付けました。
そこにペケの面影を…とか、そんなドラマは微塵もないのでご安心を(笑)。
土佐犬ということ以外の共通点はございません(^-^)
土佐犬といえば、この名前! くらいの認識です。

懐かしいなぁ。
語っちゃったよ、ペケ。


余談2。
ペケを手放したあと、なんと、父がまた子犬たちを連れて帰ってきました。
何頭いたかな……三頭はいた気がする。
白黒の可愛いワンコ、段ボールに入る小さな子。
「好きなのを一頭選んでいい」と言われ、可愛らしいのを指した記憶が。

………シェパードでした(T_T)

みんな巨大化してしまうんだ(T_T)
可愛いのは、ほんの数カ月だけなんだ(T_T)

その後、シェパードは途中で誰かに売られることなく、
ちゃんと我が家で生涯の幕を閉じました。
この子は病気だったので、長くは生きられませんでしたが、
イイコでしたよ。穏やかで、飼い主に対して誠実で。
私が学校から帰ってくるとき、必ず「お座り」をして迎えてくれる。
でも家の中に入って、窓からそーっと犬小屋を伺えば、辛そうに、ぐったりとなる。
その「忠誠心」が、切なかったです。
弱音を吐かず、弱気を見せず、早朝に静かに息を引き取りました。


ワンコって、可愛いです。
大きくても小さくても、その存在は無限大です。
いまうちにいる柴わんこも、そう。
愛しくて、たまりませんよ。
一生そばにいるからね、ワンコ。


さ、仕事しよう。
台風が過ぎたら、涼しくなるといいな。




スポンサーサイト

お手紙ありがとうございます^-^ 

2016, 08. 28 (Sun) 00:18

ガッシュ編集部様経由で、お手紙たくさん頂戴しております。
心の栄養です。
ありがとうございます。


BL島に再上陸して以来、お手紙をいただくことが増えました。
「いつも」シリーズ、「銀の不死鳥」、そして「獣」シリーズ&「東西」。
それぞれに対し、多くの皆様が愛情を分けてくださって、
とってもありがたくて、涙腺が弛んでしまいます。
「お帰りなさい」と書いてくださる方も多く、
これは……涙腺崩壊でした。
帰りたくても、歓迎はしてもらえないかも…と思わないでもなかったので、
「お帰りなさい」は泣けました。
皆様のおかげで、帰ってこられました。
どれだけ感謝しても足りません。

私を元気にしてくれるのは、お手紙の内容だけではありません。
中にはユニークだったり可愛かったりする切手、
そして趣向を凝らしたレターセットなどもあり、
それを選んで送ってくれるお気持ちを想像するだけで、ひとつのドラマ(笑)です。
嬉しくて、ありがたくて、楽しくて幸せな時間を、お手紙とともに頂戴しています。

今回意外に感じたのは、「獣」の世界観に共鳴してくださる方が増えたことでしょうか。
背徳のマリアも、銀の不死鳥もそうでしたが、
歓迎していただけるような内容ではないと思っていたので、
好意的なお手紙をいただくと、もう、それだけでひれ伏します。
ほんと? …と、いまだに半信半疑(笑)。

でも、皆様のお手紙がとっても熱いので、
本当なのだ…と、喜びをゆっくりしっかり噛みしめているところです。


いま原稿執筆に着手したばかりですので、
少しお返事は遅れるかもしれませんが、
必ず書かせていただきますので、待っていてくださいね。
可愛い切手、探しますね(* ´ ▽ ` *)


あと、ひとつご案内です。
8月28日(日)、コミコミスタジオ様にて、
「東の双龍、西の唐獅子」のサイン本を扱っていただけるようです。
朝10時にコミコミスタジオ様に集合? だったかな?
ギリギリのアナウンスになってしまい。申し訳ありません(´д⊂)
詳細は、コミコミスタジオ様のHPをご覧くださいね。

今日は、町田の近くで仕事しておりました。
サイン本の抽選があるのか〜、こっそり偵察に行っちゃおうかな〜なんて思っていたら、
今日じゃなかった、明日だった(´∀`;)ゞ
……って書いてるうちに、日付も変わっちゃったし。

あ!
もうひとつ。「デビュー20周年小冊子」の応募締切が、間近に迫っています。
獣、お好きな方。東西、もうちょっと読みたい方、
どうか忘れずにお申し込み下さいね〜!
来週頭がラストチャンスです!


台風が近づいてますね。
こんなときこそ、外出控えて読書です。
私も、こんなときこそ執筆です。
停電しないで〜と祈りながら、せっせと原稿書きますね。

皆様が届けてくださった愛情へのお返しは、やっぱり作品が一番かな、と。
お陰様で、頑張れそうです。
ありがとうございます(*´ω`)┛

小冊子応募締切、あと10日です 

2016, 08. 21 (Sun) 17:40

ガッシュ編集部様企画・綺月陣20周年小冊子の応募締切日が、
刻一刻と近づいてまいりました。

小冊子の詳細は、こちら

「東の双龍、西の唐獅子」の雰囲気をお気に召されました方は、
たぶん喜んでいただけると思います。
いつも原稿を書きあげたあと、校正作業以外は読み返さないことが多いのですが、
この小冊子用原稿は、何度もファイルを開きました。
そのくらい好き(親バカでゴメン/笑)。
たくさんの方々に、ご応募いただければ幸いです( ^ω^ )
獣3巻、そして東西本。この四冊のうち、2冊購入で応募できます。
迷っていらっしゃる方は、とりあえず応募しちゃってください!
東西ワールドの廉ファミリーと颯太ファミリーに、再会してやってくださいましまし。


♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

最近、タオルの匂いが気になるので、
試供品でいただいた香りの粒を、ちょこっと使ってみました。
通常使用量の五分の一ほど。

お天気が芳しくなかったので室内に干していたのですが……
ほんわか香っていたと思ったら、次第に頭がふわふわして、
喉のイガイガと頭痛発症。
風邪かな…と思いつつ、そのまま部屋で作業していたのですが、
だんだん匂いに対して不快感と気持ち悪さが立ってきて、
洗濯物を浴室乾燥送りにしました。
部屋の空気を入れ換えて、換気扇つけて。
しばらくしたら、頭痛も喉の違和感もなくなりました。

ここでやめておけばいいのに、
まだ香りの粒が余っていたから勿体ない…と思ってしまった私のバカ。
タオルだけでも香りつきにしよう、と翌日のお洗濯でも使ってしまった。
そしたら、また頭痛。そして目眩。
こ……こりゃいかん!


化粧品の匂いもダメだし、香水も超苦手。
シャンプーやコンディショナー、ヘアケア剤も、匂いの強いものはNG。
こんな女が耐えられるようなシロモノではありませんでした(;д;)
そうだ、いまやタバコもダメになってしまいました。
過去にはヘビースモーカーだった時代もありますが、
酒とタバコを同時に過剰に摂取しすぎた、とある夜、
盛大にリバースしてしまい、以来、酒は立ち直りましたがタバコは体が受けつけず。
いまも匂いが漂ってくるだけで、肺が縮み上がるのがわかります。

それにしても、ここまではっきり体が拒絶を示すとは。
匂いって、怖いね……|ω・`)
ニンニクの匂いは大好きなんですけどね。
なんだかもう、しょんぼりだ。。。


でも小冊子は、よろしくねっ(ノω`*)ノ
紙の匂いは心地いいよ♪

五輪で寝不足^^; 

2016, 08. 19 (Fri) 12:13

皆様も、同じでしょうか。
最近夜更かしをしすぎて、朝が結構キツイです。
ゆうべも吉田沙保里選手の決勝まで観たかったのですが、
どうしてもどうしても睡魔に勝てず、準決勝まででベッドにインしてしまいました。

朝起きて、情報を求めて真っ先にTVをつけて。

ショックでしたよ。
びっくりもしました。
「金をとる瞬間を見なきゃ」と、勝手に色を決めつけていたので。

レスリング、メダルラッシュでしたね。
吉田選手の影響を受け、吉田選手を尊敬し、
あんなふうになりたいとか、一緒にオリンピックに出たいとか、
ともに戦いたいとか、ただひたすら応援したいとか。
こんなにも人の感情を前へ動かしてくれる人って、
そうそういないと思います。

日本を越えて世界中に、レスリングという競技の面白さを伝達した素晴らしい人。
応援できたことに、ただただ感謝。

メダルというものがあるから、
それを取ることや色に拘った報道になるのは仕方ないのだろうけど、
スポーツって、一瞬の勝負のためにどれだけ努力してきたかの過程にこそ、
学ぶべき姿勢や人生のヒントや語るべき教訓が、てんこ盛りだと思う。
だからこそ、応援したくなる。

吉田選手の思考が好き。
「相手がタックルを研究してくるから、タックルで倒す」という強靭な精神、大好き。
その発言や感性は、きっと多くの人を支え、開眼させ、
気づかせ、燃え上がらせ、ワクワクさせ、育ててきた。
まさに、みんなのヒーロー。


銀色って、とっても美しい色。
その一枚を見るたびに、ご本人は悔しさが込み上げてくるとしても、
象徴的な一枚になると思う。
これが自分には必要だったと思える一枚になる日が来るといいなぁと心から願う。
「完璧じゃなくていいんだよ」と、
「頂上から少し降りて、ちょっと息抜きしてごらん」と、
お父さんがプレゼントしてくれたのかもよ…と、
お節介なオバチャンは、こっそり思ってしまったりもする。

同じ三重県人としても、彼女の活躍が純粋に嬉しい。
大好きな選手が頑張る姿を応援できて、本当によかった。

さ、今日もお外のお仕事だ。
「それ、もはや仕事じゃなくて趣味だぞ」と、
帰省先で家族に呆れられてしまうほど低収入なお仕事だけど、
後継が育っていない中途半端な状況では、やめるという選択肢をなかなか選べない。
私を倒す後輩が育つまで、前線で戦い続けなきゃ(笑)とは、思う。
そしていつか、後輩が金メダルを奪取してくれたら(あくまで比喩です/笑)、
そのときは、気持ちよく世代交代したいな。


今日も頑張って、行ってきます(* ´ ▽ ` *)ノ


来週からは少しずつ執筆する時間を作りたいな。
中のお仕事も、ちゃんとコツコツ頑張るねp(*^-^*)q



帰省します…が。 

2016, 08. 14 (Sun) 23:54

週半ば、台風直撃?
いまのところ、明日帰省して、
台風直撃予定日に帰京なのですが。。。
無事に戻って来られるのでしょうか。

ワンコのお迎えもあるし、
お外の仕事も待ったなしで入ってるので、
なんとか走ってください、新幹線!


ひとまず、行ってきまーす!!


ぼへー……と。 

2016, 08. 11 (Thu) 17:31

家事以外、なぁんにもしない休日。
お外の仕事が一段落したとたん、体力が急降下したので、
今日は充電ボックスに入ったエネループみたいに、ジーッとしています。
8年ほど愛用しているトートバッグが、さすがにクタクタになってきたので、
新しいのを買いに行こうかなぁ…とゆうべから思っていたのに、
なんだか今日は、どうしてもお出かけする気分になれず。
そういうときは、体が発する信号従って休むがいいさ♪


今日やったことは……
ワンコの散歩、
テレビでオリンピック&高校野球観戦。
シーツとタオルケット洗って、干した。
掃除機かけて、玄関掃いた。
お昼にトマトのペペロンチーノを山盛り作って、息子と食べた。
ごくごくふつーに暮らしましたとさ。

エアコンいらずの、涼しい休日でした。
夜は、素麺にしよう。



そうそう、昨日の夜にプロットが一本完成しました。
前回のブログで、「もういっこ書こ〜」って張り切ってたやつです。
結果、40行×40文字の原稿用紙で22ページ。
てことは、文庫本に置き換えたら、50ページくらいあるってことかと。
こんなん、もはやプロットじゃないやい(`TωT´)

一行目の書き出しで、変な執筆スイッチが入っちゃったのが原因かと。
そのまま本気でスタートして、でも途中で何度か気づいたんですよ。
「あ、違う。これ原稿じゃなくて、まだプロットだった」って。
でも、すでに感情ガンガンに入ってるので、
情景描写を間引こうとしても、文章を捨てるのが忍びなく、簡略化できない。。。

ハァ…(´;ω;`)ナニヤッテンノ、ワタシ…

大変なのは、それを読む人(←担当さん)
すんごい好きな感じのプロットに仕上がったので、
ゆうべ就寝前にワクワクしながら読み直してたら、
深夜の一時を過ぎちゃった(°_°) その日のうちには寝たい人間なのに。
でもそれくらい、好みな感じのお話になりそう。
OK出たら頑張って書くから、読んでください(^-^)/
出るとしても、来年ですけどね……

もしボツったら、これをそのまま薄い本に……(笑)。


薄い本と言えば、週末は某所でパーティーなのでしょうか。
Twitterなどで、それっぽい記事をいくつかお見かけしました。
私もいつか、お外の仕事から引退して執筆に絞れるときが来たら、
一回くらいは参加したいなーって、去年から言ってる気がする。

前に同人やってたときに、売り子のお手伝いしてくれていたGさんと、
去年渋谷で呑む機会があって、
そのときに、「冬にやりたいな」ってお話していたのですが、
何年後の冬になることやら。
でもいつか、やれたら楽しいだろうなぁ。。。

お目当ての本を手にしたお姉様たちの笑顔が見えるようです。
なんか、いいな。
tweetで、皆さんがわちゃわちゃ盛りあがっているのを読むだけで、楽しい♪
おうちにいても、お陰様で楽しいです♪

会場は暑いでしょうから、水分補給は万全に (」*´∇`)」<スイブン


さー、夕方のワンコのお散歩行って、
早めにビールと枝豆にしようっと。
休日休日〜♪

足踏み中 

2016, 08. 04 (Thu) 10:33

深夜にプロットを提出したのですが、
なんか、求められているものじゃない気がして、心の中で足踏み中。
「こういう流れで書いてください」と指定が入るわけではないので、
指示通りに書けないとか、そういう意味では全くなくて…。
ただ、浮かんだ場面をバーッと追いかけてプロットにしたはいいけれど、
どうやら自分が読みたかったストーリー展開ではない気がするうえに、
BLとしては完全にNGな部分が、のっけから登場しているかなぁと。
ちょっと、うーん……。
どうしようかな。

どうしよう……。




もう一本書こっ(`・ω・´)

それがいい、それがいいと言いました。
  ↑
このフレーズ、懐かしいな(笑)。


お盆前にはプロット完成させて、
お盆過ぎたら、一気に執筆に入りたい…というのが目下の目標。
明日から三日間はお外の仕事の山場で超バタバタなので、
今日はPCに向かって過ごします。
ワンコの散歩でちょっと汗掻いただけで、
両手の甲に湿疹ができちゃったので、ちょい免疫が落ちてるかな。
だから、今日はおうち作業でラッキーでした。
手の甲、痒い……。
梅ドリンク飲んで、頑張ります♪

あ!
ガッシュ文庫「東の双龍、西の唐獅子」、
Twitterなどを通して感想など頂戴しております。
楽しかったというお声、もう最高に嬉しいです!
次への気力に繋がります。ありがとうございます!!!

「獣シリーズだと思って読んだ」方、
「龍竜だと思って読んだ」という方、
「全然知らずに読んで、驚いた」方、
大きく分けると(笑)3パターンの読者様がいらっしゃるようで、
私としては新鮮でした(笑)。
ちなみに私本人は、気持ちは完全にシャッフルですが、やや龍竜寄りかな?
もし獣寄りにしていたら、颯太をあそこまで無傷で安全(笑)には、
書いてあげられなかったように思います。
そういう意味では、龍竜寄りでよかったかも……。

「獣」視点で読み始めた方にとっては、かなり甘めのお話でしょうし、
「龍と竜」寄りの方は、九堂の「ヤンチャなウリ坊」ぶりを、
イノシシ並みに感じていただけたのではないかと。
6人視点での混乱がなかったようで、それだけでもホッとしております。
読んでくださって、本当にありがとうございました(* ´ ▽ ` *)!



窓の外、とっても日差しが強そうです。
外出の方は、熱中症対策万全で、
どうか健康にお過ごしくださいね(*´ω`)┛