一年ありがとうございました! 

2015, 12. 30 (Wed) 00:25

2015年も、あと僅か。
自身の人生を振り返っても、ここまで暴れ馬(笑)的な一年は初めてです。
ちょっとボーッとしたいから、新年3日までは実家でのんびり過ごす予定。
来年は、心からゆったり安心して暮らせるといいなぁ。
まだまだいろいろ終わっていないので、まぁ、ささやかな願望ですが^^;
でも荒波も、いつかは鎮まる。
そう信じて前進するのみです。


今年は再販本を4冊と同人誌発表作を1冊、
海王社さまから出版していただきました。
再版だから、修正なんて楽ちん作業だと思うでしょ?(思わないか/笑)。
実際は、全然楽ちんじゃないですよ。個人差はあるでしょうけれど。
文を組み立てるリズム……というか落としどころの皮膚感覚が、
執筆当時からずいぶん変化しているので、結構振り回されました。過去の自分に(笑)。
ショベルカーで脳味噌を耕しながら前進していく感覚が、
なかなか戻ってきてくれなくて、
結局5冊の修正に、丸一年も費やしてしまいました。

でもいまは執筆の感覚も、ずいぶんつかめたように思います。
やっとこさ、新作も1冊書けましたし。
いつごろ書店さんに並ぶかは未定ですが、
来年中には、お手にとっていただけるのではないかと。
その際はヨロシクオネガイシマス・・・。


心身共に超ヘビー・スーパーMAXだった今年。
皆様に、がっしり支えられていたおかげで、
辛うじて倒れずにすんだ気がします。
とくに、いつもシリーズの感想を編集部に送って下さった皆様。
私に、というより、たぶん「編集さんに伝えないと!」と行動を起こしてくださった方が、
多かったのかなと……いただいた熱い文面を拝読して、そう感じました。
これはもう、本当にありがたいことです。

その感想の束たちですが、
じつは編集部の皆々様が感想の部分だけをコピーして、切り取って、
巻ごとの表紙のイラストで区切って、小冊子のように製本してくださったのです。
1巻への感想は、1巻のイラストとともに。
2巻への感想は、2巻のイラストとともに。
これが5巻までぎっしり詰まっていたのですから、
驚くとか感動とか、もはやそういう言葉を通り越して、涙自動発生機状態でした。
感想の束をぎゅーっと抱き締めて、涙ポタポタです。

書いて、本にしていただいて、読んでもらえて、感想が送られてきた。
編集さんも、とても喜んでくださったと思います。
作者と編集部と読者様が循環して繋がっている感じが、めっちゃ嬉しいです。
本作りってこういうことなのかも……と、しみじみしちゃいました。

ハガキを投函してくださる行動に、しっかりと応えていきたい。
だから私、来年も踏ん張ります
益々よろしくお願い致します。

どうか皆様、よいお年を!!!!!!



綺月陣  拝
スポンサーサイト

怒濤の師走、爆走中 

2015, 12. 21 (Mon) 00:17

連日、人生前のめり。
母子生活になってホッとしたのも束の間、
役所関係に提出する書類の多さに泡噴きまくり。
ただいま法務局で手こずってます。
あれが足りない、これが足りないと、あとからいろいろ湧いてくる。
ほんとにもう、こういうの苦手。
書類の作成って、ちょー大変……


さて。
今週は、お外の仕事と年末行事が、みっちりぎっちり。
明日もイヴもクリスマスも、大都会に出向かねばなりません。
いやや………都会いやや………
田舎と自宅が大好きな私にとって、けっこうキツイ一週間になりそう。

それでもなんとか本日夜、メールで著者校を1本納品完了。
このあとまた紙で戻ってきて、今度はペンで修正入れるんですけども。
その子が出戻ってくる前に、
現在、紙でドドンと届いてる著者校正1本を、来月中旬までに仕上げる予定。
そのあと1月末までに1本と、2月中旬までに1本。
PCの子が戻ってきたら、それも1月末までに再修正して戻す予定。
しばらくは校正作業ばっかりです。
なんやもう、年末年始あらへん感じにドドドドド・・・です。

でも、文章に携われていることが、いまはつくづくありがたい。
そんなに在宅ワーク好きか、自分!と呆れるほど、
孤独な自宅作業に、大きな幸せを感じます。

お外の仕事も楽しいので、精神的負担は少ないのですが、
そこへ行くためのモチベーションが低い低い、毎回低い。
どうしてこんなに家から出るのが苦痛なんだろうと悲しくなるほど、低い。
職場に着いたら、ちょーハイテンションなんですけどね。
行けば楽しいのに、行くまでが大変。
自分でも不思議。

原稿だけで生きていけたらいいだろうなぁと思いつつ、
出不精の私が外へ出る、いいきっかけをいただいていると受け止めて、
明日はお外で頑張ってきます。

とにかく今週、乗り切れれば!
風邪もひかず、無事に今年を締めくくれますように。

……あ。
書いてるうちに、翌日になっちゃった。


無記名で鍵コメントくださった方、
「いつも」シリーズへの感想、ありがとうございます
他の方にも見ていただきたいけれど、鍵つきだったので、ここでお礼を。
5巻の評価が散々なので、
よかった、というご意見は公開にしていただけると、
今後につながるので助かります……(笑)
と、ここを見てくださっている皆様にお願いしてみたり


さぁ寝よう。
寝て、明日に備えよう。

……もう今日だってば。



リスタート^-^ 

2015, 12. 11 (Fri) 00:14

今年はリスタートの年。
また小説を書き始めた。
息子とワンコと私の生活になった。

左手の指輪は、新たに自分で買い直した。
別になくてもいいんだけど、あったほうが落ち着くから。
名字は変わらないけれど、家の表札は新しいものに作り変えた。
本籍も変えた。戸籍も変わった。

そんなわけで、心機一転。

大きく変わったことは……なんだろう。
深夜徘徊認定ギリギリまで外で遊び倒していた息子が、
ここ三日間は夜7時に帰ってきて、私とご飯を食べてくれることかな。
一緒にコタツに入って、一緒にみかん食べてくれることかな。
会話も増えたし。なぜか急に。
言葉にはしないけれど、子供のほうが私を心配しているみたいで、
申し訳ないような、頼もしいような。

「あなたが崩れるんじゃないかと心配した」
息子に、そんな胸の内を吐き出すと、
「俺はそんなヤワじゃないから安心して」と、
優しい声で、そっと包んで返してくれた。
これには泣けた。
親より心が安定している。

私には、この子がいる。
これからも、ずっと。
それが、なによりも尊く、ありがたい。
それだけで充分。


そんなわけで、自分を思う存分解放できる環境になりました。
そしていま、お外の仕事も、おうちの仕事(執筆ね)も、
どっちも忙しいのが、とっても嬉しい。
いま、ものすごく満たされています。
支えてくださった方々のお陰です。

改めまして、これからもよろしくお願い致します。



少し前に鍵コメをくださっていたmihoさん^-^
お弁当、楽しみながら頑張ってくださいね♪
終わったときの達成感、ハンパないですよ(笑)!

達成感に泥酔中 

2015, 12. 04 (Fri) 23:52

tweetでの報告が先になっちゃったけど、
「龍と竜 〜啓蟄〜」脱稿以降初めての、
文庫一冊分の原稿を仕上げ→納品しました。
一冊書くのって、こんなに体力使う作業だったっけか……と肩で息をつきつつ、
書き上げた一時間後には別の仕事場へ直行という、結構な離れ業(笑)。
でも、疲れはまったくナシ。
ちゃんと初めから最後まで書けた喜びやら達成感やらが大きくて、
いい具合にドーパミンが出ていたようです。

でも、商品として認めていただけるかどうかは別です。
今回、執筆人生初めての、六人の視点で展開するお話に挑戦しました。
小説と言うより、もしかしたら漫画の構成に近いのかも。
「小説としては読みにくい」と、敢えなくボツも、なきにしもあらず。
なんとかこのまま行けたらいいなと思うのですが、どうなることやら。
合否発表の結果待ち〜な気分です


明日&明後日は、お外の仕事。
この2日間を無事に乗り切れたら、
年内の大きな仕事は、残りひとつ。
着実に今年の閉幕が近づいています。

振り返れば、いい年でした。
つくづく、いい年でした。
自分にとって何が大事か、
なにが自分の枷だったのか、
ストンと腹に落ちた、不思議な一年でした。
文字通り、生まれ変わった年でした。
来年は、もっともっといい年になる予定です。

ひとまず、おやすみなさい
楽しい夢を見られますように