パパン命日 

2015, 09. 22 (Tue) 17:20

今日はパパンの命日。
仏壇に手を合わせに帰りたいけれど、
いろいろあって、帰省する余裕なし。
焼酎の一升瓶を実家に送って、
パパンの写真に両手を合わせておきました。
なーむー。


9月14日(月)
ごめん。焼きそば。
「セブンプレミアム商品を五つ買ったら、お総菜一個プレゼント」
っていうキャンペーンでもらったコロッケもギュッ。
月曜

9月15日(火)
「飯食えないほど喉痛い。学校休む」
………おいおいおい、作る前に言ってくれんかね。
いま目の前で、「はい完成」ってフタ閉じたとこじゃん。
そんなわけで、とっても可哀想な唐揚げ&かぼちゃソテー、ひじき。
火曜
ごはんは塩昆布サンドの梅干しのっけ。
仕方ないので冷蔵庫で保管して、
晩ご飯にしました(´。・ωq)(pω・。`)


9月16日(木)
イカ&もやし&ピーマンのピリ辛炒め。
セブンのコロッケ&セブンのひじき。ちょー手抜き。
木曜


9月17日(金)
もやしオムレツ&かぼちゃソテー&鳥胸肉&人参ソテーの詰め合わせ♪
セブンのきりぼし大根。
金曜
ありがとうセブン。


連休中は、原稿しながらバイト探し。
近々息子とふたり家族になるから……いまも、ほぼふたりだけど、
そんなわけで、心機一転で頑張らないとね(*・`ω´・)ゞ
週末はお外で仕事をしているのですが、
代理を立てられる業種ではないため、
このまま続けるか・潔く辞めるか、この瀬戸際で困惑中。
とーっても楽しくて、やり甲斐もハンパない仕事なのですが、
収入面で考えると、ほとんどボランティアなので……(;_;)
続けたいけど、これでは食べて行けないよなぁ……と苦渋の選択を迫られ中。
この仕事を続ける場合は、執筆プラスもうひとつバイトを入れないと、
生活自体が危険水域に達する見込み。
思い切って週末の仕事を辞める場合は、
半年ほどかけて後継者を育てながら執筆も継続しつつ、
短日勤務&高給な新業種を探そうかと。

短日程で高給と言えば、過去にかじった婚礼司会。
いままでいろんな仕事に携わりましたが、
婚礼に勝る日当は、いまのところなかったかと(あくまで自分比)。
新しい業種に飛び込む勇気は、やっぱり、もうないかな……なので、
いままで自分が真剣にやってきたことを活かす方向で考えてみようと思い、
早速「ブライダル 司会」で検索してみたところ、あるあるある……司会者募集。
セミナーやスクールに通わず率先力で雇ってくれそうなところを、数社発見。
いまも週末は、ブライダルではないけれど喋ってナンボの仕事をしているので、
ブランクとしては、ほとんど無いに等しいはず。
年間100件で三年以上の条件もクリア。
これは、やっぱり司会に戻るのがベストだわと、さらに応募基準を見てみましたら。

A社・35歳まで
B社・38歳まで

……………(゚△゚;ノ)ノ(゚△゚;ノ)ノ(゚△゚;ノ)ノ
(゚Д゚≡゚д゚)エッ(゚Д゚≡゚д゚)エッ(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?


この業種では、もはや求められていないことを知った秋の夕暮れ○| ̄|_

こうなったらもう、
めちゃめちゃ早く・最高に楽しいお話を書けるスペシャルな超能力を
身につけるしかないのでしょうか……_(:□ 」∠)_
どこかに落ちてませんか、そんな能力……_(:□ 」∠)_


お空の上のパパン。
娘と孫が笑って暮らしていけるよう、
どうか見守っていておくんなまし。
頼んだよ、パパン。
パパンがパン。



スポンサーサイト

お弁当@9月ど真ん中 

2015, 09. 12 (Sat) 00:00

中学から続いていたお弁当生活も、あと2ヶ月半…たぶん。

8日、月曜。しょっぱなからゴメン。おでん。
オレンジ色のは焼き鮭。
ご飯は毎度の塩昆布サンド。
高三九月・月曜


9日、火曜。
「え、今日は学食じゃなかったの?」……とブツブツ言いながら、
塩麹漬けの手羽元をオーブンで焼いて、えりんぎとピーマンのソテーで間に合わせ。
高三九月・火曜

11日、木曜。
ごぼうと牛肉の甘辛オムレツ。
野菜のポン酢ソテー。
ご飯は塩昆布&梅干し。
高三九月・木曜


12日、金曜。
さつま揚げと大根の旨煮。
塩麹漬けの鳥胸肉とピーマン&もやし蒸し。
ごはんはやっぱり塩昆布。トッピングはゴマ。
高三九月・金曜


既刊修正のお仕事、本日いったん落ち着きました。
今週末は外で仕事だから頭を一度リセットして、
来週からは新作に着手。
プロットはOKをいただいているので、あとは書くのみ。
締切は今年いっぱい。
年末は外の仕事が超忙しいので、たっぷり時間をいただきました。
これを最後まで書き上げられたら、もう大丈夫と言えるはず。
新しいお話を完成させた暁には、
前々から行ってみたかったフレンチ・レストランを予約しよう
そのころきっと年末だし。
いい一年だったなぁ…と、笑っていられるといいな。

物語の世界にダイブしても、
現実と夢現のマジックテープを剥がす痛みなど感じることなく、
ちゃんと普通に、戻って来れますように…と自分のために祈りつつ。

やばそうだ…と思ったときには、早めに皆様からのお手紙を再読します。
もうね、一番のお守りです。
今回、多くの方に励ましていただきました。
応援の言葉って、すんごいパワーだわ…と、しみじみ。

感謝。
頑張ります

ご無事でしょうか… 

2015, 09. 10 (Thu) 12:32

茨城と栃木の水位上昇のニュースに、
心臓がきゅっと硬くなってしまいます。
どうしてこんな状況に???

雨が止んだらポストインしようと思っている封筒に、
茨城県の方がいらっしゃいます。
どうかご無事で、安全な場所で過ごしていらっしゃいますように。


枝切りばさみの午前… 

2015, 09. 03 (Thu) 11:35

夕方には雷雨もありうるとのことで、
今日も午前にせっせと草抜き&植木の枝きり。
ずっと雨続きで、近所の植木剪定が遅れているもよう。
おじいさんがうちへ回ってきてくれるのは、
今月半ばになりそう。

もうね、待てないので。
ちょっきんちょっきん、ではなく、ばっさんばっさん。
どの枝を残すとか、どーでもいいので切っちゃいました。
70リットル、今日も二袋がぱんぱん。
疲れた……。
明日からはまたお外でのお仕事なので、
今日の午後は原稿の修正作業&U-18TV観戦で、まったりします。

ばっさんばっさんやってたら、
クロネコさんが書類を届けて下さいました。
受け取って、軍手を外して中を見て。
「いつも」5巻の契約書と、もう一通、読者様からのお手紙が入ってました
えへへ。嬉しい。

先日編集部経由で届いたお手紙も、
返事は書いたものの、雨で濡れちゃったら寂しいな…と思って、
まだ投函できずにいます。
早く切手を貼ってポストへinしないとなーと思いながら、
今回いただいたお手紙を開封して、
みっちり四枚の丁寧なお手紙を拝読して。

………あらあらあら。
雨はまだ降ってきてないんですけどね。
涙がね、止まりません。
濡れちゃったら申し訳ないので、
ちゃんとティッシュ(笑)で拭きながら読ませていただきました。

じつはちょっとだけ。
なに言われてもショックじゃないさ、それが商業ベースで書くってことさ。
そういうつもりで、覚悟して戻ってきたつもりだったのですが。
知らず、それなりに引きずってしまっていたみたいでして。
だからこそ、読者様からのお手紙が、温湿布みたいに沁みました。

本当に本当に、なんと言っていいのか、もう……。
前にいただいた、他の方からのお手紙も、もう一度拝読して、
みなさんを両手でぎゅーっと挟んで、拝ませていただきました。

ありがとうございます。
私を、書く方向へ歩かせてくださる方々の声に、いまは耳を傾けつつ、
しっかり乗り越えて、次に向かいますね。

お返事待っててくださいね