コミコミさん小冊子♪ 

2015, 07. 29 (Wed) 14:33

コミコミスタジオ様で「いつも」シリーズの五巻を予約するとついてくる、
「いつも」シリーズの小冊子
本日私の手元にも、美人さんにブラッシュアップして戻ってきましたよ〜
おかえりなさ〜い

小冊子
おお〜〜美しい
ぱちぱちぱち

二段組みにしていただいたようで、
50ページの半分の冊子に生まれ変わりました♪
届いて、すぐ一気読み(笑)。
おもしろかったー! 
自分で言うバカでごめんなさい…中原くん好きなんです

ひとつご注意を!!
四巻をスッ飛ばして小冊子を読むと、ワククワ感が半減します。
このコミコミ様特製小冊子をお持ちの方は、
必ず「四巻を読んでから読む」を厳守してくださいね〜!


いつもシリーズが完結して、五巻を読んでくださった読者様から、
とある一点について、まったく同じご要望をちょうだいしております
皆さん揃って鍵コメントなのは、ネタバレを恐れていらっしゃるのかと。
お気遣いありがとうございます。感謝です
ただ、前にもブログに書かせていただきましたが、
せっかくご要望をいただいても、作者に出来ることはほとんどありません。
いつの日か出版社様に、もしくはどこかオープンな場所に、
そのワクワクのお声を届けていただければ幸いです


それと、ひとつだけ大きなお世話のお願いなど……。
もしBLが大好きで、いつまでもこのジャンルが続くといいなと思われる方は、
オークションとかではなく、正規書店さんでのご購入を、
意識していただけたら嬉しいな…と思います。

きっと、私以外の書き手さんも、とてもとても苦しいんじゃないかなと。
書き手だけでなく、出版社さんも。

本屋さんに開店ドーンしましたよーとか、
書店に予約しましたよーとか聞くと、
一緒にBLで盛り上がってる感が嬉しくて、心身共にハッピーになれます。
それはきっと書店さんも、出版社様も、
揃ってハッピーをひとつ手に出来た喜びなんだと思います。

「綺月の作品なんて、売り飛ばすしかない内容じゃん」と言われちゃったら、
…うん、それはそれで私の力不足です。
そういう理由であればもう、いやもう、私が悪かったです。。。
ほんとごめんなさい。お目汚し失礼しましたと平謝りです。。。。
自分で言ってて悲しくなるね。。。。。。

なにはともあれ、コミコミ様特製・幻の(笑)小冊子。
早々に「ここで買うじょー」と、ご予約くださった方々は、
そのぶん、めいっぱい、堂々と(笑)、
「いつも」の世界をお楽しみください


周防佑未さま。
怒濤の連続刊行で、休むに休めず、
さぞお疲れだったこととお察しします。
素敵な真崎と倫章を、本当にありがとうございました!!

スポンサーサイト

本日発売【いつもシリーズ5巻】ガッシュ文庫 

2015, 07. 28 (Tue) 00:48

本日発売・ガッシュ文庫「いつも隣に俺がいた」
真崎と倫章の「いつも」シリーズ、完結です

五巻が発売されたら、絶対やってみたい! と思っていたこと〜
全巻並べて写真を撮ること〜

五巻の厚み、こんなんですわ
背表紙
分厚〜い

4月の発売からこの7月まで、毎月新刊が届く幸せ
毎月サインさせていただける光栄
「こんなん届いたよ〜」と、皆様にご報告できる喜び
やっぱり本を書く仕事って楽しいなぁ…と、つくづく思いました。
皆様に読んでいただき、よかったと喜んでいただき、
たくさんの感想を頂戴できましたこと、
次回作へ向かう原動力となりそうです。
いつも支えてくださって、心から感謝しています。
ありがとうございます。

このあとしばらくは、綺月の新刊が書店さんに並ぶことはありません。
しばらくどころか、今年はこれで最後です。
書かないわけではなく、いま書いてます(笑)。
歩みがのろいだけですので、気長に待っていてください。
いまからコツコツ来年に向けて頑張りますね。

まずは、一年がかりで大幅加筆修正した真崎と倫章の「いつも」シリーズ。
本日の発売をもって完結です。
どうかひとりでも多くの皆様に、
「あー楽しかった〜!」とご満足いただけますように

真崎と倫章を愛してくださった皆様!
本当にありがとうございました


久々ブクロ♪ 

2015, 07. 27 (Mon) 21:24

池袋。あぁ池袋。
昔はしょっちゅう遊びに行っていましたが、
転居してから、すっかり足が遠のいちゃった。
この駅に降りたの何年ぶりかな。
十年とか、そんな感じ?
お店はいろいろ変わってても、雰囲気は…うん、懐かしい。
街もですが、人間同士も六年ぶりの再会という懐かしさ・漫画家Oさんと、
平日のまっ昼間から呑んだくれました

和食居酒屋? 牛タン?
いろいろ候補はあったものの、
「餃子行く?」と意気投合
ナンジャタウンは昔々に来たことありましたけど、
餃子タウンに足を踏み入れるのは初めてですよ……ドキドキドキ

チケット買って入場したら、恐竜が待ってました
恐竜

餃子タウンに潜入
餃子看板

手羽先&餃子、そして命の水・ビール
手羽先ビール
ああぁ、うまい。外暑かったから余計にうまい

お次はアイス〜ってことになり、デザート通りへ。
思わず眉間にシワを寄せてしまう珍妙な組み合わせのアイスばかり…
DSC_0029.jpg

で、なにを買ったかと申しますと、こちらです
左上から順に、
ダブルチーズ、ふかひれ、牛タン、
チューリップ、かに、バジル
DSC_0030.jpg
ううううううーんんんんんんんん(笑)。
食べながら、とにかく笑った

アイスを堪能したあとは、再びビールと餃子タイム
おぉ。漫画家0さんの手が逞しい……
おーみの手

いっぱい食べて、いっぱい話して、
ハンズでブラブラして、呑気な休日。
今週は、このあと怒濤の勢いで日曜夜まで駆け抜けるので、
激戦前の小休止
お腹も心も満腹の、とっても善き日でございました


明日はガッシュ文庫「いつも隣に俺がいた」の発売日
「いつも」シリーズ完結です。
真崎と倫の行く末を、どうか見届けてやってください

いつも隣に俺がいた(ガッシュ文庫) 

2015, 07. 25 (Sat) 12:11

「いつも隣に俺がいた」

シリーズ最終巻☆
真崎と倫章の、先の先の、もっと先の人生を見届けていただければ幸いです。

約束って、守るために結ぶのか、破るために作られるのか。
守るために壊すものもあり、
壊れる覚悟で立ち向かう試練もあり。
でも試練は、乗り越えてみせると思えるからこそ、試練なのですよ…

人によっては、まったく楽しくない巻のようです。
それでも応援してくださる方への商品詳細は、こちら→






5巻カバーです♪ 

2015, 07. 17 (Fri) 22:18

今月28日発売予定・ガッシュ文庫「いつも隣に俺がいた」
いつもシリーズ五巻です。
これにて終了! の一冊です。
カバーがAmazonさんにアップされていましたので、
こちらでも紹介させていただきますね

いつも5巻

もうね、泣けちゃいます。
周防様、ありがとうございます。
真崎も倫もいい顔で微笑んでいて、見ているだけで胸が熱くなります。

五冊もの長さに負けず、
ずーっとおつきあいくださった読者様。
ありがとうございました。

明日には出版社様から現物(笑)が届く予定です。
分厚い子たちが(笑)。
心を込めてサインを書かせていただきますね。

発売日は約10日後。
まるまる一年を費やして修正した子たちが、集大成を迎えます。
どうか、どうか、愛でてやってください

視線は来年 

2015, 07. 14 (Tue) 11:37

うおおおおおお暑い。

息子が全然起きてこないので(先週からプレ夏休み。どんな高校やねん)
これはさすがに熱中症になるんじゃないかと心配になり、
延長コードと扇風機を用意し、そーっと部屋のドアを開けたら……


ガンッガンに冷房効いてやがりました

親とワンコが扇風機で我慢しているというのに

そんなヤツは昼ご飯に熱々の煮込みうどんを食わせてやる

私はざるそばにしよーっと♪


さて、では冷房を我慢しているワタクシはどうしてるかと言いますと、
あっつい部屋で来年のお仕事を進めております。亀の歩みで。
年内の本は今月末発売のガッシュ文庫「いつも隣に俺がいた」で終わる予定ですので、
また私の分身たちを書店様にこっそり並べていただけるのは、
来年以降になるもよう

相変わらず息子には内緒の隠密作業のため、
彼の夏休み中は、八割方「おかん」に戻ります。
一日外出してくれてるならいいんですけど、
変な時間にご飯を要求されたり、
突然誰かを連れて来たりすると、
そのときにいくらノリノリで書いていても、
やっぱり「オカン」に戻らねば、と。
そんなこんなで、集中力の維持が大変難しゅうございます………。

でも来年には(うまくいけば)大学生として羽ばたいてくれると思います。
高校では絶対禁止のアルバイトも、ガンガンやってくれると信じています。
そうしたら私も安心して、綺月としての時間をたっぷりとれるかな。
それはきっと、時間がありすぎて淋しいと感じるくらいに。
たまには家で一緒にご飯食べようよ…と、私がベソをかいてしまうくらいに。
………いやいや、その前に。
仕事の発注をいただけるよう、私自身が頑張らないと。


来年は新刊をお届けできるよう、
いまから毎日、少しずつ文章を書き進めながら、
心を鍛え直したいと思っています。

早くも来年の話で、ごめんなさい
「いつも」の5巻が手元に届いたら、またご報告させていただきますね



ケーキから麺へ 

2015, 07. 12 (Sun) 16:15

この三週間、ずーっとケーキにうつつを抜かしておりました。
頭の中はケーキ・ケーキ・ケーキ。
チョコケーキのことばかり。
でも私の思い描く「まれのケーキ」には、一度として巡り会えず。

先週金曜の仕事帰りに、たまたまこの界隈で評判の
パティスリーの前を通りかかりました。
「ここなら絶対美味しいはず!」と、迷わず入店
ありましたよ、私の好きそうなチョコケーキが
それも、高級コニャックの名前がついてました
ひとつではなんなので、定番のミルフィーユとモンブランも購入。


……………結果、撃沈
コニャックのほうはアルコールが強すぎてチョコが負けてたし、
ミルフィーユは、なぜかすべてのパイにホワイトチョコがコーティングされてて、
重い重い、胃に重い・・・。みっちみちの重量がハンパない。
こんなガッチガチでドッスンなケーキ、ミルフィーユじゃないやい
でもグルメサイトでは人気のお店なので、
好みの問題なのでしょうね

あまりにも私の嗜好から掛け離れてしまったので、
モンブランは一口も味わうことなく息子にプレゼント。


ガッカリ感が激しすぎたせいか、
たんに甘い物を食べ過ぎたせいか。
憑き物が落ちたように「ケーキ愛」が消滅しました。
いつまで続くかわかりませんが………

昨日の仕事帰りには駅の立ち食いそばに舌鼓を打ち、
今日の昼にはそうめんのシンプルさに打ち震え、
明日も絶対そうめんにしよう……と、いまこの時間から決めている次第。

このぶんでは、私の中でしばらく麺ブームが吹き荒れそうです


ラーメンにさえときめかなければ、
この夏は痩せられそうな気がするの………そんな気がするの………。
私の中のケーキブームが復活しないことを祈る



チョコのケーキ 

2015, 07. 08 (Wed) 00:29

いつも朝7:30からBSで「まれ」を観ています。
物語が恋愛に傾くと、朝から胸焼けしてしまうので、
なんとかケーキのお話の比重を高めてほしいと祈るこのごろ。
でも、火曜の雰囲気からすると、
またしても朝から観るには胃が重い展開になりそうで…。
うーん……これからは夜枠で観ようかな。
ケーキが美味しそうなので、なんとか最後まで応援したいところ。

で、そのケーキ。
どうしてあんなに美味しそうなんでしょう
チョコレートのツヤツヤ感が、たまりません。
おかげで先週は、近所の美味しいケーキ屋さんをハシゴして、
チョコケーキばかり食べてしまいました。

でもやっばり、まれに出てくる三角のチョコのケーキと、
キャトル・サン・クーが食べたい。
ぱりっとしたチョコではなくて、
むにゅ…とフォークが入るタイプの。

こうなったら本家のモンサンクレールまで行くしかないと思いつつも、
距離を思うと、しんどいし。

ああ……。
こんな時間にお腹が空いてしまい、
ついケーキを語りたくなってしまいました。
起きてないで、寝ます。


「いつも」5巻の特典について 

2015, 07. 02 (Thu) 12:12

ちょっと前のブログ記事でもご案内しましたが、
5巻「いつも隣に俺がいた」をコミコミスタジオ様でご予約の場合、
小冊子の特典がつくようです。

コミコミスタジオ様の該当ページ、特典詳細にも記載されておりますが、
バニラさんで出してもらった最初のノベルズをアクアさんで再版していただく際に、
省いちゃった短編があるんです。
それを修正したものを、特典としてつけていただけるようです。

再版時に省いた理由は、ページの都合…だけではなかったような。
確かバニラさんの初版で、その短編をイラストレーターさんがマンガにしてくださって、
でも文章も同時収録してもらったので、
「この話は、もう充分なんじゃない?」みたいな話になって、
載せなくてもいいんじゃ的な結論に至った記憶がうっすら……。

って。
この説明で、伝わるかしら。
なんかもう、物書きのはしくれとは思えない、へたくそな説明ですみません。
私、昔っから読書感想文とか、超ド級にドへたくそだったんです。
説明しましょう、という任務を背負って書くことが、ほんと苦手で……
伝わらなかったらごめんなさい。
よくわからない、という方は、コミコミスタジオさんのページに飛んでください。
私のような説明ベタは、ノンフィクションとか絶対書けないよ…T-T



その小冊子。通常の文庫サイズで換算すると50ページ分のボリュームです。
結構読み応えのある枚数ではないかと
4巻の高校生時代がお好きな方には、
楽しんでいただける内容かと思います
あ、長瀬も出てきます(笑)。

他にもe-hon様を始めとした、サイン本取扱店様もございますので、
皆様のライフタイルに合った書店様で、
お求め&身請けいただければ幸いです


早速「サイン本と小冊子の両方予約しました」と、
鍵コメントをくださった方、ありがとうございました
鍵だと私しか楽しめなくて勿体ないので(笑)、
ぜひぜひオープンでのコメントもお待ちしております

アンケートも書いてくださったとのこと。
なんとも新鮮な響き……(笑)。
超嬉しいサポートです ありがとうございます。

他の作家さんや漫画家さんも、そうおっしゃる方は多いと思いますが、
読者の皆様のご希望をオープンにしていただくことこそが、
「楽しいBL生活」の確保であり、近道だと思われます。
作家が作ったものを、実際に商品として皆様の元へ届けてくださるのは、
なんといっても編集部の皆様ですので、
アンケートやお手紙で「こんなの読みたい〜」とか、
「このカップルが好き〜」とか、ナマの情報を編集部に届けていただければ幸いです。
皆様の思いが現実になる確率が、グンと上がると思われます。

アンケートを出してくださるお気持ちが、とてつもなく嬉しいです。
超強力なサポートです。
本当にありがとうございます