カバーとかラフとか♪ 

2015, 05. 29 (Fri) 10:56

ガッシュ文庫「いつもお前といつまでも」発売中〜

1997年にバニラ新書から出していただいた際、
いつもシリーズは、この巻で完結でした。
(そのあとアクアノベルズから再版していただいた際に、
ラブコールの多かった学生時代を1冊加えて、計4冊となりました)

だから内容的にも感情凝縮の一冊で、
レアチーズケーキよりも、ニューヨークチーズケーキみたいな感じです。
お茶漬けよりも、卵かけご飯で、
豚の生姜焼きより、デミグラスソースハンバーグです。
バドワイザーよりギネスです。
……伝わったかしら
お手にとっていただければ幸いです


その3巻が発売されたばかりですが、
昨日、担当様から次巻「いつもそこには愛がある」のイラストが届きました〜
ふっふっふっふっふ………4巻はコスプレですよ(笑)
カバーイラストも色つきでいただきましたが、
夕日に向かってダッシュしたくなる一枚です
衝動的に上履きを買ってしまいそうな一枚です
どうか皆様、学生気分でお待ちください
学食行きたい……


そのあとの5巻「いつも隣に俺がいた」は、
前にもアナウンスさせていただきましたが、
コミコミスタジオ様にかぎり【小冊子の特典付き】です。
くわしくは「こちら」へどうぞ♪

初版のバニラ新書でも、
再版のアクアノベルズでも出ていない、この5巻。
個人的に大好きなモスラもエディも山田部長も真崎パパも出てきます。
こちらは7月末発売。どうかお楽しみに


はっ!!
ガッシュ文庫10周年記念の小冊子の申し込み期限が、
6月中旬だったかと!
詳細はGUSHさんのHP、専用バナーをクリック
豪華小冊子全員サービス
10周年記念小冊子には、私も「いつもシリーズ」のSSで参加しています。
ご応募お待ちしておりまーす



スポンサーサイト

いつもシリーズ3巻発売! 

2015, 05. 27 (Wed) 23:11

5月28日発売・ガッシュ文庫「いつもお前といつまでも」
早くもお買い求めくださった方がいらっしゃいますので、
一時間ほどフライングですが、「発売しました!」のご報告です
3巻目、山場です。
読んでやってください。

買ってくださった方のツイートを見かけると、
嬉しくて、つい声をかけてしまう・・・
ちょっと自粛しよう

タイトルクリックでAmazonにダイブできます
いつもお前といつまでも
itsumo3.jpg

周防様描く真崎と倫をご堪能くださいませ

お前といつまでも(ガッシュ文庫) 

2015, 05. 25 (Mon) 12:05

「いつもお前といつまでも」

2015年5月28日発売
シリーズ3巻目☆
真崎恋しさに、思いきってパリへ飛んだ倫章。
それなのに、あぁそれなのに。
なんと真崎に浮気疑惑!?
一棒一穴以外は無理な純真オトメは、
この巻はご遠慮ください。


商品詳細は、こちら→

お弁当@5月第4週 

2015, 05. 24 (Sun) 10:40

暑くなってきたし、早弁&遅弁しやすいものがいいと文句を言うし。

そんなわけで月曜日は、やきそばーん
やきそば月曜
2玉でも隙間があるので……ソーセージ焼いて、目玉焼きも焼いて
それでもまだ隙間が埋まらずごめん。
この弁当箱、深すぎる。


2日飛ばして木曜日。今日も早弁&遅弁の日。
高三は昼休みに校庭を借り切って、全クラスで遊ぶのが、
毎年の慣習になっているんだそうな。
切羽詰まった感がまったくない学校だ……
息抜きも全力でさせてくれる(笑)方針に感謝
あすぱら巻き木曜
ぱっと口に入れられるよう、アスパラ&人参の豚肉巻き。
パセリの卵焼き&五目春巻き。
ご飯は傷まないよう、間にも梅干しをペーストにしてサンドイッチ。
しっかり早弁&遅弁して、
太陽の下で、めいっぱい走り回って笑い転げてくだされ。


5巻に小冊子のオマケ 

2015, 05. 22 (Fri) 23:48

ガッシュ文庫「いつも」シリーズの5巻、
「いつも隣に俺がいた」につきましてご連絡です。
コミコミスタジオ様にかぎり、小冊子の特典がつくことになりました。
予約のみor購入者全員かは、私ではわかりかねますので、
その他詳細につきましては、今後のコミコミスタジオ様の情報更新をお待ちください。

なお、コミコミスタジオ様の「7月刊予約」は、
6月8日(月)17時スタートとのことです。
まだ二週間以上先ですので、
ゆっくり腕立て伏せしながらお待ちください。

取り急ぎ、早くアナウンスしないと! と焦りつつ、
文面伝わりにくかったら、ごめんなさい。
とにかく、小冊子がついたら嬉しいなぁという場合は、
コミコミ様でのご予約をお勧め致します。
この場合の小冊子は、ガッシュ文庫10thとはまったく別ものです。
いつもシリーズ単独の小冊子です。
ちなみに内容は……4巻がお好きな方には、かなり楽しめる内容です。
としか、まだ言えなくてごめんなさい……


以上、5巻「いつも隣に俺がいた」情報でした!!


見本誌が届きました♪ 

2015, 05. 21 (Thu) 12:15

来週発売のガッシュ文庫「いつもお前といつまでも」の、
見本誌が届きました
帯の一文に感涙……
「お前がいないと、生きていけない」
この巻にピッタリ。
見本誌
サイン本用も、何十冊か届いてます。
一冊一冊、心を込めて書かせていただきますね

4巻のカバーイラスト・ラフも、
先日メールで届けていただいたのですが、
もうね……「コスプレ〜!」って笑っちゃいましたよ(笑)。
皆さんにも、ニヤニヤニヨニヨしていただけるのではないかと
来月中旬にはカバーが公開されると思いますので、
詳細は、それまでお待ちください
そのほうが絶対楽しいと思うので(笑)。
周防さま、ナイス

そして、7月発売の5巻のタイトルも、
いろんなところで出ていたようです。
「いつも隣に俺がいた」です。
いたんです。俺が。隣に。
なぜ過去形?
………ええ、いろいろとね。
最後まで、しっかりがっつりどっしりたっぷり、
「いつも」のふたりをお見守りいただければ幸いです。
この5巻のみ800円台の大台に乗っちゃってますが、
その理由は現物をお手にとっていただければ、「おぅ」とご納得いただけるかと。
修正しているうちに手が止まらなくなってしまって、
どんどん膨れあがってしまったという…。
文庫2冊分はあろうかという分厚さで、書店様に並ぶ予定です。

……五冊全部並んでるとこ、見てみたいなぁ。
でも書店さんのBLコーナーに行く勇気がない
全然減ってなかったら寂しいなとか、
それよりも、置いてもらえてなかったら…とか。
あぁ小心者。
私の代わりに、誰か見てきてくださいましまし。

まずはいつもシリーズ3巻、「いつもお前といつまでも」。
にじむ涙を何度も拭きながら修正した、
ふたりにとっての戦いの巻です。
そして個人的にも大大大好きな「大学テニスサークル編」も、
同時収録されております♪

来週28日発売。
よろしくお願い致します






お弁当@5月ど真ん中 

2015, 05. 14 (Thu) 10:24

5月ど真ん中、台風接近週のお弁当。

大事な校内試験を週末に控えて、
かなりお疲れ気味の17歳。
どんよりした思い空気を払拭すべく、
週はじめの月曜日は、焼き肉弁当。
月曜日
新タマネギ、パプリカ、人参と一緒に。
ほうれん草の卵焼き。
ご飯は梅干しを潰して、間に敷いておきました


火曜。
この日は昼休みに休憩がとれないため、
学食ではなく、早弁遅弁バージョンでヨロシクとのこと。
急に言うなと、何度言ったら学習するんだお前は
火曜日
冷蔵庫の中身を掻き集めて、
鰹フレーク&卵とソーセージの、大失敗バージョンおにぎらず。
レンコンソテーに、巨大焼売を五個。
彩り最悪────!!

そうそう、初めて作った「おにぎらず」。
作ってる最中に、まず海苔の折り目が破れてしまった。
おまけに、最初に敷いておいたラップに海苔がくっついて剥がれないし、
チョー切りにくいし、弁当箱に詰める前から崩れるし。
これさぁ、結局ぎゅっぎゅって押さえるとかしないと、
どうしたって崩れるよね……?
握るのと変わらないんじゃないんだろうか。
じょうずに活用してる人って、なにかコツがあるのかな。
私は100%、おにぎり握るほうが楽だ……
てか、敷いて・載せて・畳むだけという作業に手間取ってる、
不器用すぎた自分に直面して、呆然自失

昨日は午前授業。今日は試験。
休み時間に腹が減るというので、
おにぎりを2個持たせました。
握ったほうが、やっぱり安心




お弁当@5月7日 

2015, 05. 07 (Thu) 09:00

ピンポイントでお弁当UP。
今週はGWだったので、今日しかお弁当ないんだもの。
本日は事情により「2限と3限の間に早弁、5限と6限の間に遅弁」だそうで、
スピード勝負のお弁当。
おいなりさん5月7日木曜日

面倒くさいので、おいなりさん&唐揚げを2セット。
とりあえず詰めとけ。胃の中に。

今月末は、ガッシュ文庫「いつもお前といつまでも」発売予定です♪
いつもシリーズ第三弾・真崎と倫の正念場。
一緒に戦ってやってください。


爺さんバンザイ! 

2015, 05. 06 (Wed) 13:10

5月5日、こどもの日。
スクリーンをジジイが走り回っている異色映画を観てまいりました

もーね。
痛快! この一言に尽きます。
映画館なのだから、声を出して笑うつもりはなかったのに、
最後列の家族が最初からゲラゲラ笑いっばなしだから、
つられて回りも笑い出して、途中からはもう、
皆さん自分ちのリビングですかって感じになっちゃってました。
……今度はDVD借りて、ひとりで観よう。


さて、藤竜也さんですよ。
もう、大大大好き!!!!!
年齢を重ねられて、なお余りある男の色気がむんむんです。
萬田久子さんの熟女の色気にひけを取らない熟男ぶり、さすがです。
高校生の頃、この方の雑誌の切り抜きを下敷きに挟んで持ち歩いていたのですが、
当時は回りにJニーズファンしか生息しておらず、
私と一緒に藤竜也ラヴを叫んでくれる友人は、ひとりもいませんでした。
かくいう私も友人たちのJニーズ趣味をまったく理解できなかったので、
お互い様なんでしょうけど

でもね、確信しました。
やっぱり藤竜也さん、好き!
顔も大好き。佇まいも大好き。
監督の采配に自然に乗っかっていく幅広い演技も、果てしなくて、とても好き。
大好きだ〜!
藤竜也さん&草刈正雄さんの探偵モノ、TVで再放送してくれないかな〜
藤竜也さんがトイレの便座に座ったまま、
ハイテンションで草刈さんにキスするシーン。
あれ、乙女心(笑)に衝撃的で、いまだに忘れられません。
男臭いのに、色っぽい。
独特の色気と侠気を、意図して作らず、
もともとその身に自然に備えていらっしゃる方だと、勝手に絶賛しております。

藤さんだけじゃなくて、
回りの役者さんも、ぴったりの配役でした。
脚本も、わたしにとってはツボでした。
まだ上映期間中なので詳細は語りませんが、
ジジイたちが乗り込んでいった先でのバトルがもう、
あそこは北野武ではなくビートたけし節全開で、
今度TVで中尾彬さんを拝見したら、
いろいろ噴き出してしまいそうだ。

コメディあり、義理人情あり、社会風刺あり、
アットホームで微笑ましいシーンもあり。
こどもの日に、いいジジイを拝ませていただきました。

ただ、エンドロールのBGMが重かった。
まるで墓場へと向かう足取りを表現しているようで、
この曲で映画を畳む&客を送り出す意図は? と首を傾げてしまった。
でもこれが、アップテンポの賑やかなBGMで大円団的に終わっていたら、
それはそれで、ジャンルを「コメディ」と記憶してしまいそうだし。
これはこれで、いいのか。
面白かったから、いいや

さ。
また明日から頑張ろう。