さよなら2011♪ 

2011, 12. 31 (Sat) 17:03

2011年が終わりますね。

今年を1文字で表現するなら、
個人的には「転じる・転換・一転」の転。
いろんなことが転じた一年でした。

書き出すとキリがないほど、
変化した年でした。


来年は、どんな一年になるんだろう。
「こうしたい」「ああしたい」と考えるのも楽しいけど、
なんとなく、流れに任せるのもいいかな、なんて思っています。


無理しても、たかがしれている。
自分に出来ることは、かぎられている。
もっと出来ないか、もっとやれないか…と焦るより、
目の前のことをひとつずつ、きちんと掬い上げていこう……
そんなことを、数多く実感した一年だったからかもしれません。

無理して頑張って、
却って自分を追いつめて自爆して泣くのは、
若いときだけで充分かな、と(笑)。
いまは、自分に出来ることと出来ないことを素直に認めて、
「これなら出来る」と思えたことに対しては、
精一杯思いを込めて、誠意も込めて、
向き合える人間になりたいなと思っています。

今年の年末年始は、生まれて初めてひとりきりです。
術後の体調をやたら心配している田舎の親たちから、
「帰ってきちゃダメ」(笑)と言われちゃったんです。
みんなが案じてくれています。ありがたいことです。

家族が帰省中&ワンコは動物病院でお泊まり中のいま、
ひとりでお雑煮食べて、みかん食べて、
もち吉(うめざらめ買ったよ~♪)食べて、
コーヒー飲んで、しょうが湯飲んで、
洗濯だけは5回(笑)もして……毛布とかシーツとかの大物ね。
あとは、いつもはワンコに陣取られているソファを独り占めして、
ゴローンと寝っ転がってお笑い見てます。
……おお、ここにも「転」の文字が(笑)。

今夜は、大好きなおそばに牛肉載っけて年越ししよう。
明日は、お取り寄せのおせちと日本酒&赤ワインで、
ソファでゴロゴロ寝正月♪
おー、なんて贅沢なんでしょう


今年もたくさんの応援メッセージ&コメントやメールをいただきました。
ありがとうございました。
今月はなかなかお返事できませんでしたが、
元気をいっぱい分けていただきました。
ありがとうございました

皆様にとって、心温まる大晦日&新年でありますように
心よりお祈り申しあげます
スポンサーサイト

退院しました☆ 

2011, 12. 26 (Mon) 13:12

クリスマスの午前に、無事退院致しました
予定より一日早く帰ってこられたおかげで、
夜は鶏肉やらオードブルやらケーキやら…家族に買ってきてもらったのですが、
ささやかなクリスマスディナーをいただくこともできました
ただ、お世話になった病院が言葉に尽くせないほど素晴らしく、
退院の際にはちょっと泣いてしまったほどで。。。それだけが寂しかったな。

クリスマスイヴの夜は、
院内通路の電気を消してのキャンドルサービス、
毎週木曜は、シスターたちの賛美歌。
院長先生がひとりひとりに配布してくださったのは、手作りクリスマスカードとビーズリース。
看護師さんたちも、どうしてこんなに優しいの…と思うほど、
みなさん慈愛の精神に満ちて、いつも笑顔で接してくださいました。
居心地が良すぎて、「一日早く退院」と聞いたときは、
すぐには「わーい」と喜べなかったほど(笑)。
一緒に入院していた人たちも、
「ここの病院って、居心地よすぎて出たくない」(笑)と話していらっしゃいました。

回復が順調なのは、病院のおかげですね
なんのストレスもなく、穏やかでいられましたから。


入院前や入院中に、メールをくださっていた読者様。
お返事のタイミングが完全にずれてしまいました…ごめんなさい。
保湿パックのシートを持参するといいですよーとアドバイスくださった方も、
ご自身の入院体験を教えてくださった方も、
みんなみんな、ありがとうございました
皆様におっしゃっていただいたとおり、
年末年始はゆっくり体を休めて、
じょじょに慣らしていく時間にしようと思っています。
ありがとうございました。


そんなこんなで慌ただしい感じではありますが、
どうか皆様、よいお年を。
そして、来年はそこここで笑顔が増えるような、
ささやかでもいいから、温もりを感じられる一年になりますように。




以下は筋腫の話ですので、
興味のある方だけお読みくださいね☆



続きを読む »

もうすぐ行ってきます☆ 

2011, 12. 12 (Mon) 18:55

明日、明後日はバタバタなので、いまのうちに。

今日、髪をバッサリ肩の辺りまで切ってきました。
今週木曜に入院です。手術は金曜で時間は未定。
結局、原稿は最後まで進めることが出来ませんでした。
ちゃんと体を整えて、気持ちも整理整頓して、
退院したら、今度こそしっかりと責任を持って、
仕事と向き合いたいと思います。
年内に仕上げられなくてごめんなさい。
まだ少し時間がかかりそうですが、
どうか待っていてください。


病院食だけではお腹が空きそうだから、
「もち吉」のあられをスーツケースに忍ばせました。
あとメープルクルミと、スティックのミルクティー&カフェオレも♪
……看護師さんに叱られるかな(泣)。
でも、五日くらい過ぎたら、ちょこっとくらい大丈夫だよね。
胃を切るわけじゃないんだし。
あ・・・。
クリスマスケーキって、院内で食べてもいいのかなぁ
クリスマスの日が晴天だったら、
家族に頼んで持って来てもらって、病院のお庭で一緒に食べよう


重松清さんの「ビタミンF」も持った。
切ったところが痛くてシクシク泣いてしまいそうなときに読もうっと。
最近、お気に入りなんですよ、重松さん。
計算しまくってるのが丸わかりの文章や構成が、妙に安心する(笑)。
ご自身の母校の人やものを、こそっと登場させる性格も、わかりやすくて好き(笑)。
なので一冊、元気になれるのを入院のお供に。
同じ重松さんでも「疾走」では痛みが倍増しそうだからNG。
横山秀夫さんと桐野夏生さんも一冊ずつ持ちたかったけど、
今回の入院は肉体的に痛そうだから・・・退院してから、お正月にね。

いま勉強中のスピードラーニングもiPodに入れました♪
坂の上の雲とMANZAIは見逃せないから、TVガイドも買っちゃった
滑り止めつきのプラスティック・マグカップは、真っ白でつまらないので、
マニキュアで、柊とクリスマスツリーを落書きしました(笑)

背徳のマリアで、彰が自分で開腹手術をしてましたが、
私にはあんな度胸も根性もないので、
やっぱりお腹を切るのは怖いです。
だから少しでも楽しく入院できるように頑張って(笑)ます。


笑い話になりますように。
思ってるほど痛くありませんように。

皆様、よいクリスマスをお過ごしください