背徳のマリア〈上巻〉 

2011, 05. 28 (Sat) 08:19

背徳のマリア 上 (ガッシュ文庫)背徳のマリア 上 (ガッシュ文庫)
(2011/05/28)
綺月 陣

商品詳細を見る


復刊です。
関係者各位に厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト

本日発売! 

2011, 05. 28 (Sat) 08:00

ガッシュ文庫「背徳のマリア」上巻、
本日発売です。
BL本ですが、カバー絵は男性ふたりの「読者目線ショット」ではありません。
ただ静かに、そこに佇む美しい月が目印です。

余談ですが、
私が自分のPNを「綺月陣」と名付けたのは、
当時尊敬していた作家さんのお名前に「月」の文字があったこと、
そして、自分が昼間の喧噪より夜の静けさが好きであったこと。
綺麗な満月の下で陣を張る、出陣の前の武将のような高揚感と緊張感、静粛さを、
つねに心に持っていたいと願っていたこと。
そんな思いで付けたPNでした。
この「背徳のマリア」復刊は、私にとって否応なく初心を思い出させてくれます。
懐かしいという一言では括れない、意味深い復刊です。

今回は何年かぶりに、自分の本が書店に並んでいるところを見たいな…と思いました。
今日は久々に、文庫のコーナーへ立ち寄ってみようと思います
皆様も、よろしかったら書店さんで、直接身請けしてやってください
台風の影響で、ちょっと雨が心配ですけど。

あ。
ガッシュ文庫にしては珍しい「黒帯」です

見本誌♪ 

2011, 05. 22 (Sun) 00:00

本日、ガッシュ文庫「背徳のマリア〈上〉」の見本誌が届きました

この作品を無我夢中で書いていた自分を、感覚的には覚えている…ような気がします。
ちょっとだけ「あのころ」の自分に戻れたような気がして、意味もなく泣きそうです。
遠いような、懐かしいような、寂しいような、微笑ましいような。

いま思えば、当時の私は執筆中、「自分の肉体」を手荒に扱っていました。
書き終えたとき、毎回喉がヒリヒリ痛むんです。
なぜなら、水を飲むために席を立つ時間が勿体なくて、トイレに立つ時間も取られたくなくて、
それゆえ飲まず食わずで朝から夕方までぶっとおしで書き続け…という、
じつに健康に悪い書き方を続けていたせい。
しょっちゅう風邪引きさんでした。


書きたい書きたい、書きたい……その一心だったのかな。
書かせてください。私に書かせてください。
時間がある限り書かせてください、書く時間さえくれれば、他にはなにもいらない────って。
たぶん、そんなふうだったのではないかと。


いまの自分が当時の自分になにか声をかけるとすれば……この一言です。




「よく頑張ったねぇ」




なんというかもう、相当しんどかったんだろうなと思うので。



当時は、「書くと余計しんどいよ」ということを、全然わかっていなかったんでしょう(笑)。
でも、書いたおかげで整理がついて、救われたのも、また事実。
なぜなら私は、いま平穏。



28日発売です。
よろしければ書店さんで、昔の私と再会してやっていただけませんか?
AZPt様描く荘厳な満月が目印です。

お手にとっていただければ、光栄です。

ゆっくり進行中 

2011, 05. 06 (Fri) 10:12

GWが終わりました~って、まだ途中の人もいらっしゃるのかな?
私は「背徳のマリア・下巻」の著者校正で三連休が終わりました
遠出もせず、外食はお昼の手打ちうどんという地味な三日間でしたが、
それはそれでのんびりできたかな
あ、でもちょびっとだけ嬉しいことも。
とってもコンパクトな、自分専用のナノイー加湿器を買いました
寝ている間も超快適
いまPCを打っている間も、
机の上で静かに潤いを放っています
仕事していると異様に喉が渇くタチなので、これは本当に助かります

家族もそれぞれiPod nanoを購入
昨日はこどもの日だから和菓子屋さんでかしわ餅6つと、
洋菓子屋さんでケーキを5つとプリンも3個ね
外食産業にはまったく貢献できませんでしたが、
家電店とお菓子屋さんには、喜んでいただけたのではないかと

さて、今日は下巻のあとがきを仕上げます。
ここにもいっぱい書きたいことはあるけれど、
それは文庫のあとがきでね