龍と竜 ~虹の鱗~ 

2011, 03. 28 (Mon) 11:03

龍と竜―虹の鱗 (ガッシュ文庫)龍と竜―虹の鱗 (ガッシュ文庫)
(2011/03)
綺月 陣

商品詳細を見る
龍と竜の第四弾、弟たちのお話です。
読んでくださった皆様の心の中に、
それぞれの色や光が残りますように。
スポンサーサイト

カバー絵です 

2011, 03. 24 (Thu) 11:08

3/30発売・ガッシュ文庫
「龍と竜 ~虹の鱗~」のカバー絵です。
眺めて暖まってください。

nijinouroco.jpg

本日見本誌が手元に届きました。
こうして現物を見ると、やはりホッとします。
ちゃんと皆様の元へ届きますように。

お知らせ 

2011, 03. 16 (Wed) 16:47

28日発売予定だった「龍と竜~虹の鱗~」ですが、
このたびの震災の影響で、2日遅れの30日発売になったそうです。

もっと遅れるだろうと思っていたのですが、
すでに紙が確保されていたことや、
諸々の原稿が揃っていたため、出版していただけることになりました。

ただ、燃料不足が続いておりますので、
おそらく今後しばらくは、本の印刷・製本もスムーズには進まないだろうとのことです。
そんな状況でありながらも、今回の文庫は確実に出版していただけるそうです。
なんと言えばいいのか……嬉しいのですが、こんなときに申し訳ないような気もしました。

被災された方の中にも、
もしかしたら、龍と竜の続きを待っていてくださる読者様がいらっしゃるかもしれません。

ちゃんと出していただけますから。
いまは手元に届かなくても、求めていただけるのであれば、必ず読んでいただける日が来ますから。
本になれば、日本のどこにいようとも必ず届くと信じています。
だから、楽しみに待っていてください。


デビュー当時から今日まで、読者様からいただいたお手紙を引っ張り出して、皆様の宛名を確認しました。
宮城県の方が、何人もいらっしゃいました。
青森の方も岩手の方も、福島の方もいらっしゃいました。
なんとしてもご無事でいてほしい。
無事でいてください。
私はいままで、読者であるあなたたちに支えられて書いてきました。
支えていただかなくては一行も書けないような、軟弱作家です。
だから今度は、私からお願いします。
なんとしても無事でいて、いつでもいいですから、また私にお便りをください。

新潟の震災のとき、
被災後に、手紙をくださった読者様がいらっしゃいました。
「自分のような読者がいたことを、伝えたかった」と。
ご自身が大変なときに、私なんかのことを思ってくださって、涙が止まりませんでした。

私の書いた本が、ほんのわずかでも誰かの喜びに繋がりますように。
それだけで、十五年前にこの職業に飛び込んだ意味があるように感じます。

いまは書店さんも大変だと思います。
それでもありがたいことに、今回は販売していただけます。
本になりさえすれば、被災地の読者様にも必ず届く日が来ると信じます。
いや、来ます。

もう少しだけ待っていてください。

上を向こう 

2011, 03. 15 (Tue) 20:41

友達から教えてもらったサイト。
http://prayforjapan.jp/tweet.html

TVを見ては泣いてばかりいた私を、しゃんとさせてくれました。

日本人は、繋いだ手と手の温もりを知っている民族なんですね。

私が温かい部屋の中で、
こうしてブログを書いているときも、
被災地の人たちは寒い中を励まし合って助け合って、過ごしていらっしゃる。


輪番停電が始まった。
でも、昨日も今日も中止になった。

いいのよ、そんなこと。

そのくらい、協力させてください。
二転三転して当然だもの。
こんなこと、誰も体験していなかったんだから。
いつ停電になってもいいように、きちんと備えます。
だから、病院とか信号とか、
私たちではよくわからない電気系統をしっかりチェックして、
そのときが来たら、出来る場所から実施してくださいね。
それまでは、いままで無駄に差し込んであったコンセントを抜いて、
家族もひとつの部屋に集まって、
いらない照明は消して、洗濯も1日おきにして、
思いつく限りの節約をして待ってますから。

額に汗して、必死に懸命に知恵を絞って、
なんとかしたいと頑張ってくださっている人たちに、
文句を言ったり声を荒げたりする大人げない人は、少数派のはず。
多くの人は、苦しいときこそ助け合う強さと思いやる心を身の内に備えている。

駅員さんに「電車を走らせてくれてありがとう」とお礼を言った幼い子。
幼い子供が、とてつもなく大きな心を持っていることに、私も勇気をいただいた。
そうだね、みんなが、それぞれが、いま自分に出来ることを必死で頑張っているんだものね。
ありがたいね。みんな、素晴らしいね。


被災地の方々に、私たちの声が届きますように。
私たちのエネルギーという体温が、被災地の方々の体と心を暖めることが出来ますように。
どうか、ひとりでも多くの人が、どうか、どうか救出されますように。
1日も早く、笑顔が戻りますように。

皆様がご無事でありますように 

2011, 03. 14 (Mon) 06:09

被災に遭われた方々。
ご家族や家を失ってしまった方々。
避難所生活をされている皆様。
日本、そして海外からの救援隊の皆様。
ご家族やご親族と連絡がとれない皆様。
余震に脅かされている私たち。


みんなみんな、思いやる心を忘れないで、
いまなにが出来るか、なにが必要か、
ひとつひとつ考えながら行動していきましょうね。

皆様が、どうかご無事でありますように。
どうか、どうか、どうか、ご無事でありますように。

ありがたい… 

2011, 03. 10 (Thu) 20:59

編集部から、龍と竜~虹の鱗~のイラストラフが届きました。

なんと言っていいのか、素晴らしすぎて言葉が見当たりません。
次郎と颯太って、じつはめっちゃお似合いのカップルじゃんと血迷ってしまうほど、
ふたりのバランスが美しいです。
次郎、渋いっ

本になる日が、待ち遠しくてなりません
どうか皆様も、わくわくしながら待っていてください。

イラストで支えてくださる亜樹良様に、心から感謝