栗本先生へ 

2009, 05. 27 (Wed) 16:44

携帯のニュース配信で、栗本薫先生の訃報を知りました。
最初で最後の、栗本先生への手紙を書かせてくださいね。

以前、どこかに書いたのですが、私は先生と呼ばれるのが苦手で、同時に同業者様やイラストレーター様を先生と呼ぶのも苦手です。だからいつも、あとがき等では「様」で呼ばせていただいております。
でも、無意識に呼称を「先生」としてしまう方が、わずかですが、いらっしゃいます。
手塚治虫先生、永井豪先生。そして栗本薫先生です。
一度もお会いすることはなく、勝手に憧れ、一方的に師と仰いでいた時期がありました。

栗本先生の作品との出逢いは、三重県の、四日市駅前の商店街にある本屋さんでした。
初めての作家さん。デビュー作らしい。江戸川乱歩賞? 推理小説? 難しそうだな。でも、表紙の絵が可愛いな。「ぼくらの時代」というタイトルも。
戸惑いと期待に揺れて本を持ちあげた瞬間の、ツルツルとした意外な手触り。どうしてこんなにはっきり覚えているのか、不思議でなりません。
勝手に「私の未来を変えた出逢い」であり、「運命」だったと思いこんでいます。
同性愛という言葉を知らなかった当時の私は、ミステリの作中に登場する三人の男性の仲むつまじさに、訳もわからずドキドキしました。ストーリーの展開の速さに、推理小説って面白い! と唸りました。何度も読んで紙がクタクタになり、文庫化されたときはすぐに買い直し、読みふけりました。
「心中天浦島」も「ぼくらの時代」同様、いまも大切に書棚に収めてあります。

それから何年が過ぎたのか。まったく本を読まない時代が長く続いてしまいました。
それでも大人になって再び、私は引き寄せられました。「終わりのないラブソング」にです。
このとき初めて、Juneの存在を知りました。

小説なんて書いたことすらなかったのに、小説道場に投稿しました。
でも、私がJuneに投稿を始めたころに小説道場が終わってしまい、一度もご教授いただけませんでした。残念でならなかったのですが、雲の上の人だと最初からわかっておりましたので、嘆くことも落ち込むこともなく…でも少し寂しかったのを覚えています。
それでもとにかく、栗本先生の「ぼくらの時代」に出会ったことが、私がこの道に進むスタートでもあったんじゃないかと、いまも思います。

ちょうど小説ピアスが休刊になったころ、汚い、ぐろいと酷評され、「BLを書いているという意識がない」とのメールが届き、思考を文字にするこの仕事が怖くなり、ここは私のような思考の人間が居てはいけない場所なんだと、辞めることばかり考えていた時期がありました。
そんなとき、初めて訪れた栗本先生のHP…日記で、私の名を見つけたのです。
大好きですよ、と書いてくださいましたね。
そして、「表現のシバリは、小説の死に等しい」と、断言されていらっしゃいましたね。
涙が溢れました。小説は自由であるべきだとの言葉に何度も頭を下げ、手を合わせました。
まわりから外れた表現でも、理解してくれる人はきっといる。やっと、それを信じられるようになりしまた。
そしてなにより、私という存在を知ってくださっていたことの嬉しさ。
おそらく「ホタル」の発売時に、一冊だけサインをしたあの本が、栗本先生の手元に届けられていたのだと気づいた感動。
いま、感謝で涙が止まりません。

支えられ、励まされてきました。覚束ない私の足元を照らしてくださいました。
こんなにも、授けていただきました。
ありがとうございました。どうか、安らかにお眠りください。
心からご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト

9月まで待ってね 

2009, 05. 21 (Thu) 12:08

4月末に〆切だった原稿ですが、修正後、昨日めでたくOKいただきました♪ 
雑誌掲載は9月の予定です。
今年前半は新作をお届けできず、なにより私が寂しいのですが、
転居にかかわる雑事が落ちつく秋~来春にかけては、
雑誌に文庫に新書に…と、いろんな媒体でお届けできる予定です。
そうしたら、このお仕事ブログもマメに更新できるんじゃないかと。…いま、ホントに書くことないンデスヨ……ごめんねデスヨ…

ああ……タイ料理が食べたいよぅ……
胃袋から、カーッと燃えたいよぅ

脳内都心 

2009, 05. 12 (Tue) 18:22

いま執筆中のお話のステージは、都心の夜
でも最近の私のライフスタイルは、ほとんど「ご隠居」
なかなか気持ちが、ハードボイルドの域に達してくれない。……別に、ハードボイルドを書いてるわけじゃないんだけども。

でも、いかん。これは困った。
「聖★023」読んでる場合じゃない。
あれ読んでると、よけいまったりに拍車をかけちゃう。
でも可笑しくて、遅ればせながらマイブーム

こうなったら、しばらくは夕飯のメニューを横文字で統一しようかと。
お箸じゃなく、を使うやつメイン…ってことですね。
もやめて、にするか。
効果あるかな。…ないだろうな

ひとまず、ボチボチ進行中



なんだか今日は絵文字が多いぞ

今日から巻き巻き! 

2009, 05. 07 (Thu) 13:09

GW、終わりましたね~。
皆様、休日を満喫されましたか?
私は一日だけウォーキングに挑戦した以外は、家でDVD観たり、泊まりに来た姪っ子の相手をしたり、自宅周辺でゴロゴロうだうだウネウネしてました…。
珍しいことに、今年は温泉に行きたいという欲求が、まったく湧かなかった。とにかくいまは「お金を使う遊びは敵!(笑)」。
財布の紐が堅くなった原因は、やっぱり新居購入か。
でも、別に遠出しなくても気持ちは満ち足りていたから、結果オーライの休日でした♪

さて。
今日から、ノベルズ用原稿に取りかかります。
〆切は七月末だけど、間に転居を挟むので、いまから一気にターボかけなくちゃ
お話の雰囲気は、「一億二千七百万の愛を捧ぐ」に近いかな。オヤジ好き(笑)には、大変喜んでいただけるのではないかな~と、ひとり悦に入っております。
冒頭しょっぱなの第一行目は、M原Tさんからもらったネタです。ありがとね、M原 
こんなことを本のあとがきに書くと「活字になって残っちゃうじゃん!」とブーブー叱られそうなので、こっそりブログで(それってちっともコッソリじゃないじゃん! と、どっちにしてもブーブー言われそうだ…)協力に感謝を
肝心の発売は、秋頃の予定。
順調に進むよう、思いだしたときにでも、薄ぼんやりと祈っていただければ幸いです。
発売が公式公開されましたら、こちらでも情報UPしますね~