あらあらあら 

2008, 09. 30 (Tue) 14:50

放置、面目ない。
めちゃめちゃ忙しかったの……いまも多忙警報発令中。
…とかなんとか言ってる間に、新刊発売日を過ぎてしまいました。
ガッシュ文庫「倒錯者Aの功罪」、三日前に発売となりました。
美しいカバー絵です。ぜひお手にとってみてください。
切ない苦しい嵐の思いを、どうぞ共有してやってください。

さて。
10中旬の連休が終わるまで、私用でのたうち回って来ます

スポンサーサイト

倒錯者Aの功罪 

2008, 09. 27 (Sat) 09:42

倒錯者Aの功罪 (ガッシュ文庫)倒錯者Aの功罪 (ガッシュ文庫)
(2008/09/27)
綺月 陣

商品詳細を見る


「俺は、お前に飼われるのか…?」
渋谷署刑事部捜査一課で最も優秀な人材である東間永司は、勤務中に取調室で美貌の青年・雨宮嵐と肉体関係を持ってしまう。
その日をきっかけに、東間と嵐の淫らな同棲生活が始まった────。
内容は、2007年発売「倒錯者Aの告白」と一部前後しております。
合わせてお楽しみください。

せっせと… 

2008, 09. 21 (Sun) 15:27

本日、雨。ずーっと雨。
ただいまエアコンをドライにして、文庫にセッセとサインしてます。
本が湿っちゃいけないので、明日にしようかと思ったんだけど、少しでも早いほうがいいかな…と思い直して。
BGMは、ゴスペル。
うーん、ゴスペルって、やっぱりいいなぁ。肉声の固まりがブワーッと天から降り注いでくるこのスケールのデカさが、たまらない。
私は性格的に、ひとつのことに熱中しすぎると他の大事なことが疎かになるので、
仕事やら家庭やらの諸々が落ちつくまで歌は封印しようと決めたんだけど
久々に聴くと、やっぱり唐突に歌いたくなる。
音楽って、いいなぁ。平日の昼間にやってるスクール、探そうかな…。
友達が誘ってくれているスクールがあるけど、ちょっと遠いんだよ…うぅ~ん…。

そして思うわけさ。
音楽ものだけは書いちゃダメ、と。
脱稿するまで、延々と歌い続けちゃうから(笑)
「赤い靴」ならぬ「赤い喉」ね。

届いた♪ 

2008, 09. 20 (Sat) 13:49

ガッシュ文庫「倒錯者Aの功罪」の見本分が届きました♪
早ーい(笑)
サイン本もどこかの書店さんに置いていただけるようなので、見かけましたら可愛がってくださいな

いつも新刊が出るとBBSで語呂合わせナンバーズ@サイン本プレゼントを開催しておりましたが、今回はお休みしてしまいました。
携帯からBBSへ入れないというのが、お休みの理由のひとつです。
ブログ中心のサイトにしてしまったのは私なのに、「イベントはBBSで開催中★」としてしまうのは、なんだかズルイような気がして…。
またなにか別の方法がないか、ちょっと考えてみますね。

ひとまず、近日発売です♪

もう戻ったのさ 

2008, 09. 15 (Mon) 10:32

一泊二日の帰省でした。
早すぎて、疲れた……。でも到着した夜に母の味御飯を食べられたからヨシとしよう。
ちょうどリンクスのコラムにも書いたばかりでしたが、やっぱりウマイわ。
なにが違うんだろう。釜で焚いてるから? 使っている醤油が違う?
味にうるさいMy家族も、「これはウマイ」と唸っていらっしゃる。へっへっへ♪
……私がいばるようなことではないのだが。

法事のお供えは、和菓子・和菓子のオンパレード。
月見団子を作りたかったけど、テーブルの上が和菓子だらけなので断念。
あんこを食しつつ、ボチボチ原稿書き進めます。
いま3ページ目(笑)

コラムにまで… 

2008, 09. 12 (Fri) 11:02

リンクスさんでの三号連載コラム、無事終了致しました。
初体験をテーマに、バイト、エステ、グルメと、カタカナ3文字で統一させていただきましたが、現在は、その三話目「グルメ」掲載号発売中です。よろしかったら、お手にとってみてくださいね。
読者アンケートハガキにコラムの感想を書いてくださった方、どうもありがとうございます。まさかコラムで感想をいただけるなんて思っていなかったので、「おお…」と打ち震えてしまいました。
応援をいただけること、本当に嬉しいです。気持ちに張りが出てきます。お肌の張りは、年々退化していきますけれども……。

さて。この週末から書くぞーと予告していた原稿ですが、来週へ持ち越しになってしまいました。言ったそばから、コレだから……
じつは明日、実家へ帰るんでした。なにをしに…って、父の三回忌に。
亡くなって二年なのに、なぜ三回忌? 日本の事情はムツカシイネー。

ひよこ買って、行ってきます。
でも日曜には戻りますのじゃ。
秋は、大忙しですのじゃ……

たくさん 

2008, 09. 10 (Wed) 13:51

ガッシュ編集部から封書が届きました。
開けてビックリ。読者アンケートのコピーです。
「龍と竜~銀の鱗・前編」へのご意見ご感想を、たくさんたくさん頂戴しました。
正直、こんなにたくさんの感想やご支持をいただいたのは、某リーマンシリーズ以来です。

皆様のアンケート、何度も何度も読み返しました。
ものすっっっっごくたくさんの元気を、多くの方々の肉筆から頂戴しました。
マンガ雑誌に小説を載せてもらうことで、なによりもまず「読んでもらえるのかな」という不安がありましたが、これを見て、そんな不安は宇宙の彼方へ。
もしもまた今回のようなチャンスをいただけたら、「マンガ雑誌に小説ですか? 地味じゃないですか? 私ひとりだけ浮いてませんか?」とうろたえず、「書くーっ!」と勢いよく挙手しますね。
それにはまず、今週末から執筆に入る予定の「龍と竜 ~寒露~」を完成させねば、です。
こちらは「銀の鱗」と一緒に、文庫に編んでいただく予定です。
「次に書くのは、銀の鱗の続きだよん」と、以前ブログで予告してしまいましたが、いろいろ思うところがありまして、颯太の時計の針を、いったん10歳まで戻すことにしました。
文庫発売日は未定ですが、集中して執筆できるのが10月末まで…という私の個人的事情により、早めに書いて早めに提出!と、かなり単独で生き急いでおります。

急いでも焦っても大丈夫。
もしプチッといきそうになっても、アンケートの束をそっと開けば、心穏やかにパソに向かえるんじゃないかと。
皆様、本当にありがとう。

よーし、気合い入ってきたぞ~!
ズゴゴゴゴゴ…