空気が薄いぞ…! 

2008, 05. 28 (Wed) 22:21

あと少しで山頂到達っ!
いま文庫フォーマットで190枚。クライマックス執筆中です。
絶対ページが足りない(笑)ので、とりあえず最後まで一気に書いて、あとで修正頑張ります。

うーん、ちょっと泣けてきた。いろいろと。
生々しくて下品で身勝手で哀れで情けなくて卑怯で、人間味の溢れる愛しいコンビ(決してカップルではないの/笑)。
「次は絶対に表側の世界で活躍しているオシャレで美麗で優しくて楽しい人間の話を書くぞ~、うあああああ~、でもヨゴレも好き~」
………複雑な魂の叫び(笑)


そんな中、とっても嬉しいことが、ひとつ。
去年の11月に龍と竜の番外編をGUSHに掲載してもらったときのアンケート(抜粋コピーね)が、手元に届きましたよ。
「楽しかった」とのコメントが、もうね、めちゃめちゃ嬉しい。この一言が、私や編集さんにとって、どんなに大きな励みになるか。

ありがとう。

スポンサーサイト

危険区域 

2008, 05. 27 (Tue) 15:27

いかん。
家の中で遭難しかけた。
頭フラフラ、気持ち悪い……。
そういやお昼御飯、まだ食べてなかった。

冷凍ご飯をレンジでチンして、ひじきのふりかけをバババババッとかけてニギニギして、海苔を巻いてパクパク。
水筒に塩とミネラルウォーターを入れて傍らに装備。
これで安心。



いま170枚。頂上到達まであと少し。
早く解放されたいような、寂しいような、妙な気分。
でも、エピソートをひとつ削らなきゃ、枚数内に納まらないかも……しょぼん。
そんなときは、来月発売のGUSHでお目見え予定の、次郎と颯太のラフを眺めるのだ。
もうね。ラフとは思えぬ丁寧さ&美しさです
成長した颯太と、少しオヤジ度を増した次郎のツーショットは、悶絶間違いナシ。
あと10日、クネクネしながら待っててね
私は早くもクネクネしてます(笑)


……さ。
頑張って変態コンビの続き書こ(笑)

本日発売♪ 

2008, 05. 23 (Fri) 21:48

海王社GUSH文庫・ドラマCD「龍と竜 ~白露~」
……あ、ものすごく丁寧にタイトル書けた(笑)
本日発売です。よろしくね。


ただいま140枚目を通過。
書きたいことが、まとまりません。
えらいこっちゃ…最後の情景が見えてこない


ちょっとフンドシ締め直し。

ドラマCD 龍と竜 ~白露~ 

2008, 05. 23 (Fri) 01:49

龍と竜~白露~龍と竜~白露~
(2008/05/23)
ドラマCD

商品詳細を見る


ガッシュ文庫「龍と竜 ~白露~」を忠実に再現したドラマCD二枚組です。
「白露」本編の他、番外編の「龍の宝玉」「クリスマス会」を同時収録。ブックレットには、竜城と颯太が初めて石神康恒邸を訪れた秋の一日、「龍と竜 ~霜降~」が掲載されています。

やっと聴いたよ 

2008, 05. 20 (Tue) 10:38

週明けの昨日、ようやく白露を試聴しました。
早く聴きたいばかりに、この週末の私は、ずいぶん挙動不審だったように思う(笑)


午前中は仕事して、お昼になったらタラコをほぐしてパスタを茹でて、タラコスパゲティーとサラダのランチ。食後のコーヒーも用意して、わくわくしながらコンポをオン。
BGMが入ると、世界がさらに立体化。ドラマCD大好きって人の気持ちが、だんだんわかってきたよ。
そんな私は毎週日曜5時からのラジオドラマ、アベレ●ジ聴いてますがな(笑) 
土曜5時からの「スターン、いつもの」「かしこまりました」も、十年以上聴いてますがな(笑)
声って、いいねぇ。体温を感じるよ。


途中、タラコスパを食べる手を止めて聴き入ってしまったのは、坂下さんの登場シーン。
坂下さん……原作を読んでくださった人は、覚えてくれてるかな。幼いころの龍一郎を、助けてくれたヤクザさんです。
坂下役の声優さんについては、アフレコ時から「包容力に溢れた声だなぁ」と思っていたのですが、いざCDで聴いてみると、龍一郎に対する視線とか、心遣いまで、染みこむように伝わってきて、包容力どこじゃないです。
暖かくて、坂下という人物の歩んできた人生の厚みまで感じられて、ジーン…としてしまいました。あぁ、この人だからこそ、龍に気づくことができたんだなぁ…みたいな。
黒崎については、どうしても背徳のマリアと重ねてしまう。「和巳ったら、こんな裏街道で逞しく生きてたのね」と、ほとんど母親か親族の気分(笑)。
順子チーフの熱演も、嬉しくてニマニマしてしまった。若いチーフならではの一生懸命さとか、女性ならではの微妙な感情の動きとか、聴いてて「わかるわかる」って感じで(笑)。
龍の実母の、ド迫力の大熱演も。龍への忠誠心に溢れた、味わい深い繁の声も。龍とのやりとりが楽しくて、とっても勢いのあるサスケも。
メインキャストさんたちは、ブックレットにコメントを寄せてくださっておりますので、「そういう思いで演じてくださったのね」とわかるのですが、要所要所をサイドからガッチリ支えてくださった声優さんたちの思いも、ぜひ嗅ぎ取って(笑)くださいね。本編から(笑)。

CD聴けたし、個人的には充電完了。
あとは御購入を予定してくださっている方々に聴いていただくばかりとなりました。

今月も、残すところ10日かな。
Aの執筆も、本日ようやく100枚目に到達しました。
ようやく折り返し地点です。
ここからさらに気合いを入れて、頑張ります。

到着! 

2008, 05. 16 (Fri) 15:23

ただいまドラマCD「龍と竜 ~白露~」のサンプルが、私の手元に届きました。
ほ、ホントに二枚組だ…! なんか重いぞ。綺麗だぞ。かっこいいぞ…!

でも今回は私も結構頑張ったのよ(笑) ブックレット用に、番外小説(と言っても、内容は完全に本編)「龍と竜 ~霜降~」を書かせていただきました。
ついに龍一郎のお父ちゃん、組長が登場します。もちろん竜城と颯太も、次郎もね。

あ、フィフスアベニュー様のHPに、声優の皆様の収録風景や感想がUPされておりました。
ぜひ、そちらへもバビュンと飛んで、多方面からワクワクドキドキしてくださいね。
ドラマCDファンの方々、声優さんラブの方々、原作を追いかけてくださっている方々。その皆様に、楽しんで頂ける作品になったのでは…と思います。
発売は来週、23日です。
よろしかったら、聴いてみてください。


原作に忠実に仕上げていただいたことが、本当に嬉しい。
このような場で恐縮ですが、制作に関わってくださった皆様に、心からの感謝を。
ありがとうございました。

寒いぞ!!! 

2008, 05. 13 (Tue) 11:07

朝からヒーターつけちゃったよ。東京、寒いよ。

さて、昨日の新聞に恐ろしい記事が載っていた。
パソコンのキーボードには、菌がウヨウヨ……という話。
普段、気づいたときにブラシでパパッとホコリを払っている程度だったので
これはもう大慌てで、即掃除。
ブラシの掃除機でゴミを吸い取って、キィをひとつひとつティッシュで拭き、角の黒ずみは綿棒でゴシゴシ。これで綺麗になったかな。どうかな?
綺麗になった(はずの)パソコンで、さっそくお仕事。
勢いで書きたかったので、プロットたてずに書き進めていたんだけど、60枚書いたところで、こりゃいかんと思い直し、いまさらプロット書きました。昨日はプロット書くだけで、一日終わっちゃった……。
で、なぜ急にプロットを立てることにしたかと言うと。



エロシーンだけで、折り返し地点を通過してしまいそうだったから……。

エロバランスを模索しながら、頑張ります


蛇足。
今日、エロ大魔神・M原と電話している最中に、なぜか本棚が2回倒れた。
本棚と言うより、文庫BOXと言い換えた方が正しいような、段ボール素材組み立て式の本箱なんだが。
ぐら~と傾いて、一番上の引き出しだけが、床に落下すること2回。


その引き出しは、M原の作品専用。



正直、なんかのたたりかと思った。



今日かな? 

2008, 05. 09 (Fri) 11:02

小説リンクスさんで、コラム(でも、たぶんエッセイ)のお仕事をさせていただきました。
本日発売かな? 6月号です。
イメージカットは、石据カチル様が担当してくださっております。
よろしかったら、そちらだけでもチラッとな

ずるいらしい(笑) 

2008, 05. 08 (Thu) 12:43

裏はポツポツ更新してるんですが、表がなかなか……書くことない(笑)。
ひとまず執筆は順調です。GUSHさんの前後編の著者校正も、このGW中に終了。

あ、フィフスアベニュー様のHP内ブログで、「龍と竜~白露」のCDダビング作業が終わりましたとの報告がUPされてました。
その中で、「颯太はずるい」発言が(笑)!!
うーん、確かにずるいと私も思う(笑)

気が付けば、CD発売まであと2週間。
早く颯太に会いたいなぁ(龍と竜城と次郎の立場は……笑)