ほんのりハニー 

2015, 04. 03 (Fri) 11:52

KALDIの店頭販売にて購入。
久々のコルク栓(笑)!
カルディのワイン
もう空になっちゃったけど、記録だけでも。


香り・ふんわり、口当たり・柔らかめ。
ちょっとハニーな味わい(はちみつは入っていません/笑)
これを飲んだあと、シャトレーゼの樽出し赤ワインを口にしたのですが、
さらにこっちの甘さが際だちました。
甘い甘いと連呼すると、
なんだかホットワインをイメージしてしまいそうですが、
まったくそんな感じではなく、ほんりと優しい味でした。
いつも渋いのばかり飲んでいるから、
たまにはこんな優しいのも、いいかも。
もう一本買ってこよっと。

さっきから風が強くて家がギシギシ音を立ててます。
ワンコが怯えて、もう大変。
でも、いまから仕事だ。行かないと。
いくら悪天候でも、ワンコが怖がっていても。
この強風に立ち向かうよ、母は。
生きていくために。

スポンサーサイト

BOTALCURA 

2015, 01. 12 (Mon) 19:40

BOTALCURA。お初。
コストコで買いました。
読み方わかんない。
ワイン
まぁまぁのお味♪


不良息子は友達んちへ麻雀しに行ってて留守なので、
母は赤ワインとブルーチーズをお供に、ひとりでNHKを観る。
コミケ特集とな。
ビッグサイトが懐かしすぎて、妙に新鮮だった。
コミケに出なくなってから、全然行ってない。
みんな楽しそうで、微笑ましかった〜!
ゲーム作ってる女の子、いいな。とってもステキ。
お坊さんも、ユニークで笑ってしまった。
とくにコスプレのおじさんたちの言葉が、
堂々としていて胸を打たれてしまいました。
あそこまで堂々とできたら、ものすごく気持ちいいだろうな。


最近よく考える。
一生に一度の人生だよな…って。
でも、迷っているうちに、どんどん年齢を重ねていく。
わかっているけど、一歩を踏み出す勇気がなかったり。
勇気と後悔が、いつも引っ張り合って少しも前に進めない感じ。
どうしたいんだろう、自分。
……と。
いろいろグルグル考えてしまいました。



初めてコミケに参加したときのことを思い出しましたよ。
開場と同時に、走って買いに来てくださった読者様がいらして、
両手で握手のご挨拶して、
笑顔でサヨウナラしたその十数分後に、
今度は缶コーヒーを2本抱えて走って来てくださった。
「寒いから、飲んでください!」って。
あれはもう、忘れられない。
びっくりして、感動して、泣いてしまいそうでした。
いまはお孫さんもいらっしゃる、素敵な方。
懐かしいなぁぁぁ・・・・・思い出すだけで泣いちゃいそうだ。
イベントって、とてつもなくエネルギーを分けてもらえる。
コミケからの帰り道、いつも心がスカーッと晴れ渡っていましたもん。


もうあの時間には戻れないけれど、
思い出すだけで楽しくて、顔の筋肉がゆるみます。
書く作業はひとりだけど、
あそこではひとりじゃなかった。
待っていてくれる人が現実にいるのだと実感できるし、
直接会ってお礼を伝えられる、この感動。
なにもかもみな懐かしい。by艦長。

ワイン、飲みすぎた。
ちょっと頭痛い。
でも、NHK楽しかった。
ひとときの夢。



さ、現実に戻って夕飯作ろっと。


キャンティ 

2014, 11. 10 (Mon) 10:41

イタリア料理を食べるときは、
大抵キャンティをフルボトルで頼みます。
ひとりで呑むんじゃないですよ。友達とですよ。
わらのパンツ穿いたヤツね(笑)。
右の真っ赤なラベルは、キャンティだそうな。
このボトルは初めてなので、どんな味やら。

羊みたいな子は、キンタ・ラス・カブラス
500円……引く、2円。
セブンイレブンで、よく見かけます。
フツーに飲んで、3分の1は牛肉のシチューに投入♪
キャンティ


週末、仕事場に30分ほど早く到着したので、
すぐ近くのスタバに飛び込みました。
スノー・メイプル・トフィー・ラテ
スタバ

バリスタさんが書いてくれた "Thank you"
この可愛い「にっこり」のおかげで、
ほんの少しの時間でも、ゆっくり&ほっこりできました

明日は人間ドックに行かなくては。
ということで、今日も修正、気合いを入れてがんばりましょう。
昨日はあちこち誤字脱字を直していていて、
10枚しか進まなかったから……。

よしっ



指先、割れてきた… 

2014, 10. 30 (Thu) 20:13

季節も季節だし。
外へお仕事に行くとき以外、ずーーーーっとPC叩いてるし。
今朝、とうとう割れました。右手の中指の先が。
いたぁぃ
キーボード叩くとめっちゃいたぁい

でも泣かない。
unknown芋焼いたから。
おや。PCのバカ。…逆か? おりこうさんなのね。

こいつこいつ。
安納いもです。

電子レンジの焼き芋ボタンで35分…
いも

割ったら、こんな子が!!!
あんのう
イーエロー!!
違う、ブーラボー!!

そしてワインもね。
二日で一本のペースですが、
私の友人に「ワインの年間消費量、何本?」と訊いたところ、
「365本」と返ってきました。
だから、まだ平気(笑)。

こちら信州コンコードワイン。
酸化防止剤無添加ワインは、いまいち美味しいのに出会ったことがなく、
ずーっと避けておりました。がっ。
「ブドウジュースっぽい」と前に書いた信州産のワインと似た酸味。
赤ワインらしくない口当たりの爽やかさ。
まだお料理との合わせ方がわからないけど、
これはこれで、アリかな
信州コンコード


こちらはコノスルの、カベルネじゃない子。
まだ呑んでません。
明日のお楽しみ♪
コノスル


……ということで、後日記録を追加。
うーん。
タンニンがっつりが好きな私では、良さが理解できず無念
綺麗でさらりとした舌触りなので、
軽く呑みたい方にはGoodかも。
重いのが好きな私には、カベルネのほうが相性いいみたいです


あぁ、指先痛い………ホントに痛い
絆創膏は粘着部分がキィに残ってしまうので、
やっぱ指サック(って、いまでも売ってるのかな?)しかないかしらね。
おしゃれな指サック、探してみよう。
フツーのしか売ってなかったら、
可愛い顔でも描けばテンション上がるかな

カエル描こ

命の水♪ 

2014, 10. 27 (Mon) 18:25

草抜きした翌日から両足首がパンパンに腫れ上がってしまい、
昨日は歩くと痛いほどだったので、
我慢できずに午前の早い時間に病院へGO。
……20人切り、違う、20人待ち
湊かなえさんの文庫を読んで待つこと2時間。
「虫刺されですね。今日あたりから痛みも痒みも退きますよ」

なんじゃらほい

「でも、こんなに腫れてて、歩くだけで痛いんですけど…」
「そういう虫もいますから」

どういう虫やねん。

貴重な午前中2時間。返品ききませんかね……。
でも久々に本読めたから、ヨシ。

切ないときは、ブドウ色した命の水の写真をUP

コノスル、久々に見かけたのでお持ち帰り♪
とても普通に「赤ワインだね」って感じの味でした。
コノスル
右のワインは料理用。ちょっと呑んでみたけど……やっぱ料理用。
シチューにしたら最高にうまうまでした

そう、過去形。買ったのも呑んだのも先週。

おうちに帰って、即5巻に取りかかりました。
でもコーヒーのカプセルが、あとひとつしかない!
カフェインが足りない!!

ドキドキドキドキしながら書いてたら、
黒猫さんが運んできてくれましたよ
コーヒー

うわぁい!
さんきゅー黒猫

ブドウのお水と、豆のお水。
どっちも私の命の水


5巻、やっと172枚目。
折り返し地点、無事通過。



残念な瞬間 

2014, 09. 25 (Thu) 10:55

2日に一本、ワインを消費しております。

先日、信州地ワインと一緒に買ったイタリアワイン。
昨日仕事から戻ったあと、
ローストビーフを用意してウキウキワクワク栓を抜きました。

抜いた瞬間、0.1秒で残念な気配が。
なんの香りもしない。
鼻を近づけて嗅いだ匂いは、芳醇さとは掛け離れている。
コプコプコプ…とグラスに注いで、色の悪さに呆然。
これはもう、呑むまでもない。
2杯ほど呑みましたけど(笑)。
うーん、今回は久々に外した。まったく進みませんでした。
保存が良くなかったのか。もともとこういう味なのか。
ともかく残念。


そんなわけで、今夜の我が家の夕食は、
赤ワインたっぷりのハヤシライスになる予定。
なぜビーフシチューじゃないのかと言うと、
冷蔵庫に豚と鳥しかいないから
でも……シャビシャビなワインだったので、
ハヤシのアクセントになるかどうかは疑問。
ものは試しに、やってみます


で、昨日買ってきたのは、こちら。
信州ワイン3本目です
2本目の後半でちょっと飽きも感じたのですが、
とにかく他にない味なので、ついつい。
先日、お値段を間違えて書いてしまいました。
800円台です。
それでも安い

もう一本は超格安! 破格プライス300円台!
お料理ワインにするつもりで買って、
香りが良かったので呑んでみたら、値段関係なく普通に美味しかった。
よつて、二度目の購入
アロンドラ


さ。
飲み食いの話ばっかりしてないで、
そろそろ現実に戻ります。
しゅたっ!



ぶどう味♪ 

2014, 09. 08 (Mon) 16:33

久々に日本産ワインを買いました。
ええ、いつものヤ○コーで(笑)。
近所の○オコーさん、いつ行っても賑わっているので楽しくて。
気持ちが疲れた夕方などに体を引きずるようにして行っても、
帰る頃には元気になって、お店のテーマソングを口ずさんでます。
なによりオードブルとワインと、青々とした野菜コーナーと、
生き生きピチピチの鮮魚コーナーが素敵
魚の目が透き通って、「さっきまで生きてたんですよ」と語りかけてきますもん。
レタスたちもしゃきっとしてて、水滴弾いてますからね。
「さっきまで畑にいたんですもん」って語りかけて………。
ネタが完全におばちゃんですね。ごめんなさいね。

で、本題のワイン。
いつも迷うとフロンテラのカベルネ・ソーヴィニョンで済ませてしまうので、
たまには違うのを買ってみよう…と手にしたのが、
私には珍しく、国産ワイン。
国産ワインは、昔何度か口にしたものの、
数回買ったのは、北海道の某銘柄だけだったかな。
それもいつからか甘さに負けるようになってしまって、国産から遠ざかってしまった。

今回は、長野県産100%のワイン。700円くらいだったかな?
で、スクリューキャップをキュイッと開けた途端。
「……おっ」
いつもと感じが全然違う。
いきなり鼻に、ぶどうの香りが飛び込んできました。
山梨でブドウジュースを作った遠い昔を思い出すほど、ぶどうの香りが強い。
「まさか、ジュースっぽい感じ?」と、期待と不安が半々。

でね、呑んでみましたよ。

一口目は正直、うーん……と思った。
ジュースじゃん、これ。と。
でもね。

二口、三口。
グラスが空になったので、もう一杯。
三口、四口。
ぶどうの香り、味ともに、不思議なくらいあとを引きます。
もしかして、これ………ブドウのまんま?
ここまでストレートにぶどうを味わえるワインって、
私がいままで呑んできたワインにはなかったかも。
もうひとつすごいのが、
グラスに入れてすぐ呑んだときと、
5分後、10分後に呑んだときとで、
口の中に触れる印象が変わるのです。
あ、口当たりだ。
いかん、日本語まで変になってきた。
その口当たりが、一口目はさっぱり&すっきりしているのに、
次第に柔らかく、まろやかに変化していくのです。
深いというところまでは行かないんだけれども、
いい具合のところで留まってくれると言うか、なんかそんな感じでした。
すごぉい。生きてる!
保存がいいのかな。たぶん、そだね。
ラヴ・ヤオ○ー(笑)!

それにしても、久々に印象的な出会いでした。
いや、嬉しい。
嬉しすぎて、ボトル半分呑んでしまった。
信州ワイン
間違いなく今夜で空になりますよ。
チーズもあるし。てへ。


電車でお出かけした今日、
この信州ワインをもう一本調達しておこうと思い立ち、
駅隣接のスーパーに立ち寄ったのですが、
うーん……信州ラベルのワインが見当たりません。
残念。すごく欲しかったのに。

ということで、
今回もそれを出会いと捉え、新人さんたちに手を出して(笑)みました。
信州ワインのように、いい出会いになればいいな。

デイリープライスがありがたいフランス産とチリ産。
チリとフランス

私の基準は「安い」「うまい」。この二点のみ(笑)。
アタリかな。
アタリだといいなっ♪



いま修正している原稿全五巻が終わったら、
山梨へ 長野ちゃうんかい ワイン飲みに行きたいな。。。。と、
ちょっとクスンクスンしちゃった夕暮れ時なのでした。




ルイス フェリペ ♪ 

2014, 06. 08 (Sun) 22:38

雨で、お出かけもままならず。
ワインが切れたので焼酎で我慢していたのですが、
やっばりどうしても赤が飲みたい……ということで、
近所のヤオコー(笑)へGo
ローストビーフやサーモンマリネなどのおつまみ類のケースの上に、
お勧めワインがズラリと並んでいるので、
最近はもっぱら、ヤ●コー贔屓(いまさら伏せても…)
そのコーナーのみ照明が少し落としてあって、購買意欲も高まります
あのコーナー考えた人、すごいなぁ…酒飲みの気持ちわかってるなぁ…と、
毎回行くたび感心しきり。

以前、酒屋の通販で買ったモンテスが非常に酸っぱかったので、
もう酒屋さんは信じません。ええ、信じませんとも。


で、今日買ったのは
ルイス・フェリペ エドワーズ
初めて飲むので、これは一本だけ。
あと他にも赤一本と、白一本買ってきました。そちらのお味は、また週末にでも。

その「ルイス・フェリペ エドワーズ」のカベルネ・ソーヴィニョン。
6〜700円台くらいだったかな? 飲み助さんにはお手頃価格です。
安上がりの舌で、本当によかった!!
味も私好みのタンニンしっかり&渋め&ふんわり柔らかな口当たりで、
とってもとっても気に入りました
手羽元の塩麹漬けオーブン焼きに、よく合いました


満足のいく夕飯タイムは、明日への糧です。
これで明日も頑張れそうだ
明日は二巻目、仕上がるといいな。

六本目 

2014, 05. 23 (Fri) 23:02

最後の一本…は、またもやモンテス。
私の注文ミスでハーフサイズが届いちゃったけど、
これは、よいお酒タイムでした
ふんわりと柔らかくて、丸い感じの口当たり
ふくよかと表現するのでしょうか。
呑んでたらチーズ食べたくなっちゃって、
夕飯のあとも、ひとりで晩酌してました。
次回はフルボトルで買ってみよう
…と言っても、一本目のモンテスがフルボトルで酸っぱかったので、
ブーブー文句言ってたのでしたね、私。
うん、管理が良さそうなお店で直接買おう。そうしよう。

モンテス
グラスのせいで、ワインの色がよくわかんない……(笑)
いま一番気に入っているグラスなので、ヨシとしましょう。


今週は水曜から日曜まで全力投球中。
明日も朝から頑張らないと!
来週になれば月&火の2日間続けてフリーなので、
原稿の修正を進めたいな


気候もいいし。
よし、ガンバロウ!


スクリュー… 

2014, 05. 13 (Tue) 23:21

先日のワインの続きを
お話してもいいでしょうか…

あの酸っぱい赤ワインは、結局全部ひとりで飲み干しました。
我が家には、呑む人は私しかいないのです。

次こそは!と、先週末に別の赤を開けました。
こちらは普通の味でしたが、やっぱりちょっとだけピリ…とくる
なんでやねん。
「これ!」という味の決め手もなく、再び残念。

スーパーで買えるような安いデイリーワインが好みなので、
味にうるさいわけでもなんでもないのですが、
酸っぱいのは、やっぱり厳しい

よって、そちらを全部飲み干す前に、
昨日、お魚に合わせて白を開けました。
私が白を買うのは珍しいのですが、
ネットで評判がよかったので。
今度こそ劣化してないといいなぁ…と思って、
オーブナーを上にブッ差し、クルクルッと押し込みましたら。
スーッと下まで入ってしまう
「これ、コルクが腐ってる!」と、またまた劣化を疑ったら。

スクリューキャップ………


脳天に穴が開いてしまった白ワイン。
昨日と今日で、もう呑んじゃった。
うーん……これもピリッとくるんだが。
私の舌が過剰反応してるのか? と不安になるほど、
どのワインも全部酸っぱい

明日は四本目にトライ。
これで酸っぱかったら、二度と通販でワインは買うまい。
近所のヤオコー(笑)へ走ろっと